あれやこれや役立つ情報欄
四輪アライメント編(8)


横浜のタイヤショップアローバからの提案です

 国 産 車
測定・調整料
コチラから
輸 入 車
測定・調整料
コチラから
会社と地図問い合わせ タイヤ新着情報・価格 四輪アライメントのこと 足回り・パーツなど ホイール修理・塗装/預かり


(2012/12/9);頑固な左流れ、ようやくここまできました。納得できた訳じゃないのですが・・・
 
アウディTT 8N 左流れ完結編

左流れのアウディ TT 
こんな格好もしたり、でした。


フロント・サスペンションメンバーやリア・トーションビームのアライメント調整を幾度か行ってきた。
良い方向へ改善するモノの完全に左流れを無くすことは出来ず・・・
今回の症状からして何か、別の原因で左流れを起こしているに違いない・・・と判断・・・?
アライメント調整では、どうしても左流れが完全に解決出来ない・・・


今回の症状・左流れは「アライメント調整では解決しない」



次に・・・

「アウディTT 8N」の前後の足回りは、左右共通部品が使われているので左右入れ替えを試みましたが、
まったく左流れは解決しない・・・今回の症状は「足回りでは解決しない」



次に・・・

ブッシュ交換。
「リア・トーションビームのブッシュ」経年劣化を確認。一か八か交換してみた。これまた解決に至らず・・・

「リア・ブッシュが原因で左流れが起きているのではなかった」
それでも、リアの安定性が格段に向上!・・・それは、今までにない良好な走りが感じられる!


次に・・・

ステアリング機構、「ラック・アンド・ピニオン」に問題があるのではないか?・・・とファンベルトを外して「パワステ」が効かない状態を
強制的に作り、走行してみたがやはりダメ・・・
「ステアリング機構にも、問題は無い」

ベアリングやブレーキ関係も疑ってみたが・・・問題は見当たらない・・・?


今まで、様々な改善策を試みたが完全に左流れを無くすことが出来ない。
それでも、リア・ブッシュ交換後の走りは、左流れはなくならないまでも、その走りの安定性が格段に向上している。
その事を踏まえ今回は、フロント・ロアアームブッシュの交換をした後に、アライメント調整を施せば、
必ず良くなると信じ
今回チャレンジすることにした。




外した左右のアーム、まさに”鶏の足”です。


比較してみると・・・よ〜くわかりますね。

ここでも、

こうやって比べると、やはり、交換したくなりますね。

外したゴム・ブッシュを比較してみたが、それほど劣化(ヘタリ)が進んでいるように思えない・・・?
でも、見た目では分からない経年劣化が必ずあるに違いないと・・・自問自答?
 暗示・・・自分を信じ・・・



初めてのフロント・ロアアームのブッシュ交換作業。
いやいや、それはそれは大変な作業でした。

サスペンションメンバーをはずし、ロアアームのブッシュはアルミ製の筒で覆われ失敗は許されないし、
経験は乏しいし、・・・


それでも、頑張りました!何とか完成です。

余談ではありますが・・・
今回のロアアームブッシュ交換、あまりにも大変な作業だったので、アウディ・ディーラーに聞いてみました。
「ロアアームブッシュ交換ってどうしているのですか?」
答えは・・・
「うちでは、ブッシュのみの交換はおこないません!?  ロアアーム・アッセンブリー(まるごと)での交換しかやりません!」という回答でした。

やはり、そうだよな〜なんて妙に納得してしまいました。


これまた、余談ですが・・・
今回のブッシュのみ交換した場合とロアアーム一式交換の場合ではどの程度の価格差があるのか?
調べて見ました。


まずは

ブッシュ交換のみ ブッシュの部品代 22,890円/4個+作業工賃 42,000円=64,890円+アライメント調整
ロアアーム・アッセンブリー交換の場合、部品代 87,360円/左右+作業工賃26,250円=113,610円+アライメント調整


果たして、その結果は・・・!?
左流れ、完全解決!なりませんでした・・・(>_<)

リア・ブッシュ交換後同様、フロント・ブッシュ交換後の走り!安定性は良くなりました。
でも、やはり左流れをしてしまうのです・・・

今回、様々な手を尽くしました。アローバの考えられるすべての手を尽くしました。

それでも尚、左へ流れる今回の「アウディTT 8Nクーペ」

こんにちは
しばらく振りです。

アウディ有明で他のTTを試乗して来ました。

自分より年式3年も新しいやつでしたが。訳を全部話して試乗させてもらいました。

結論からいうと自分と同じでした。そして調整してもらう前の状態と同じくらいでした。

販売員も初代TTに乗っている方で同じだそうです。

何やら説明されましたがやはり道の傾きを拾っているようです。

確かに真夜中に道を逆走行したときは右に流れますからね…

TTはあれが普通ということになりますね。

僕のTTは調整して頂いてるので今ではかなり乗りやすいです。

感謝してます。



・・・・このメールで今回のアウディTTとの格闘は終わりとなりました。
根本的な原因をさぐり、解決するには至らなかったのですが、ここまでは到達できた、
つまり、他のTTとの比較では最良の結果を得た、ということで
オシマイとなりました。

いい、経験になりました。





















(2012/12/8);ホンダ・エリシオン、事故歴車から快適な車になりました!!!

ホンダエリシオン キャンバーの左右差を解決する 調整用ボールジョイントを活用して
先日、アライメント調整を行ったエリシオン、そのお客様の「S様」から以下のようなお礼のメールをいただきました。

読んでいてその人柄をうかがいしれ、コチラが嬉しくなりました。
年末の忙しい時に、心温まり、気持ち豊かになるメールでした。
ありがとうございます!



アローバ 店長様

こんにちは、左流れのエリシオンでお世話になった「S」です。

1回目の調整ではうまく行かず、こいつは本当にマズイ車を買ってしまったかなと不安が募っていました。

2回目の調整は、スケジュールの関係で車を私の父に預けて、アローバさんにお願いする形になりました。
私は当日仕事関係の飲み会で帰りが遅くなったのですが、普段、マメにメールなどくれることは少ない父から「快適、快適さすがです」との
報せが入りました。


あれから10日間ほど経ち、通勤・仕事・買い物など毎日走っています。
なんと言いますか、やっと、やっと安心して、妻が作ってくれた朝飯のオニギリを片手で食いながら会社に向かうことが出来るようになりました。


事故車と知りながら、「走りには影響ないですよ」なんて言葉にうっかり騙されて…、こいつはマズイ買い物をしてしまったと深く後悔していました。
自分が甘かった、事故車を買った俺が馬鹿だったのか、という残念な気持ちが強く、その分だけ、何とかして改善できないものだろうかという思いを
抱えていました。


治して頂いて、左流れは全くのゼロというわけではないかもしれませんが、最初の納車時点を100としたら、アローバさんにお願いする前の段階で
どうにか30ぐらいまでにはなっていたのですが、現在は2ぐらいまで改善しています。

ほとんど気にならないレベルで、左流れの問題を忘れて走ることが出来ています。納車からのドタバタが少しずつ記憶から薄れていきます。
これならペーパーに毛の生えた程度の妻にも練習させてみようという気になります。出かけた先で自分はビールが飲めるかも!

観光バス運転手の父に育てられ、自分自身も会社の3トン車で過積載ギリギリを積んで走ることもあり、そろっと出てふわっと停まる運転を基本に
心がけている自分です。

今回は予算の中で少し背伸びして、比較的走りを楽しむというタイプの車にしてみたのですが、何にせよマトモにまっすぐ走ってくれないのでは
楽しみもヘッタクレもなくて、疲れるばかりで車が嫌いになりそうでした。

2回もお手数をかけてしましましたが、お陰様で大満足です!
長距離ドライブをして家族で温泉に行くのが楽しみになりました。

店長さん、ありがとう!感謝しています。

お体を大切に、これからも良いお仕事を続けてください。


先日のアライメント調整ありがとうございました。

作業終了後のS様の感想を伺えなかったので「どうだっかのかな〜?」と不安にも感じていましたが・・・
ようやく、安心致しました(^_^;)

一時はどうなることやら・・・? 
と思いましたが何とか満足頂ける走りが回復でき良かったです。
さぞ、お父様も不安に感じたことかと思います。
宜しくお伝え下さい。

それでは、安全運転で奥様の運転技術磨いて下さいね!


この度は、誠にありがとうございました。




















(2012/12/7);スタッドレスタイヤに履き替えているこの時期を利用して、アルミホイールの修理をしませんか!

新車を購入して、一番最初にキズを付けてしまう場所は、
たぶん、アルミホールでしょう、
それも左前。


用心して車の出し入れをし、縁石に近づいても細心の注意をして駐める。
細い道での車の離合などもゆっくり、ゆっくり・・・
でも、
”魔が差す”瞬間があるんですよね。

ガッ、ガッ、グゥ、グゥ〜、鈍い音、
「あっ、あぁ〜っ!  やっちゃった!」
あの瞬間の悲劇、まるで車が全損したような、人生の楽しみを奪われ地獄に突き落とされたような衝撃・・・・


車を降りて見る、何度も確かめるが、くっきりと付いたキズはそれ以上大きくはならないが、決して消えることがない。
後悔しても、今更・・・・でも、悔しさは大きく、アルミホイールのキズは心の傷としても残る。


車を大事にしたい、いつまでも新車の時のような気分で・・・。
アルミホイールの修理、スタッドレスタイヤに履き替えているこの時期がチャンスです。

例えば、
プロドライブのホイール修理 ブラックのつや消しが復活しました
こんな具合にリペアできます。


または、こんな例も、

キズの場所はどこだったの?という具合になります。


無残な状態だったホールも見事にリペア!



こんなにひどいリムの曲がりも治るんです!


費用は、1本、1.5万円前後から3万円くらいです。
ホイールのサイズやデザイン、キズの程度によって変わります。
預かりの期間は、1週間から2,3週間くらいです。

アローバのおこなったアルミホイール修理の実例はコチラをごらんください



キズの修理は、心に突き刺さったトゲを抜き取る作業です。
春になり、夏タイヤに履き替えた時、再び新たな気分で車に触れることができます。

キズ付いたアルミホイールは、冬の間積んでいても春になったからといって綺麗にはなっていませんから!

この時期だからこそ、修理のチャンス、是非、ご検討ください。



















2012/11/28;キャンバーの左右差をどう解決するのか?「調整用ボールジョイント」を活用して

ホンダエリシオン キャンバーの左右差を解決する 調整用ボールジョイントを活用して
事故車、ということで安く手に入れたホンダのミニバン/エリシオン、
見た目は良い車を手に入れることができた、と思っていたが・・・でも、・・・・・

納車後、乗ってみるとすぐ分かるほどの左流れ?
販売店へ戻り症状を説明、その後アライメント調整をしてもらうも解決できず。
が、治らない!

そこを諦め、他の店でも解決できずにいたら、ある店で、
「横浜にあるアローバ、あそこなら何とかしてくれるかもしれないよ」と教えられてご来店となったのです。
嬉しいですね〜その店のスタッフの方、ありがとうございます


そんなことでご来店、となればそりゃ普通以上にガンバラナキャ!

さっそく、試乗し、テスターで測定してみた。
ホンダエリシオン キャンバーの左右差を解決する 調整用ボールジョイントを活用して
左流れ、その原因は明らかです。
フロントのキャンバーがひどすぎる。
左フロントはホイールが「立った状態」基準通りですが、右は←に「倒れた状態」=車を左に押しやる方向になっているのです。


調整を、と思い下に潜って点検してみると・・・・・

青色のチェックした後があるのです。が、それでも???おやっ?という感じです。

サブフレーム取り付け部のズレが見られ、「外した跡?」 「動いてしまった跡?」が見られたのです。
エンジンルームから見てみると、こんな感じです。

エアクリーナーボックスを外し、エンジンマウント上部をみると、明らかにずれた後がありました。
そして、何度も動かしたような跡も見えました。
キャンバーの狂いの方向を一致していました。


このズレを修正することが出来れば、良くなるはず!・・・と
頑張ってみましたが、まったく動きません。びくともしません。
押しても引いても刃が立ちません(>_<)


結局、後日、再挑戦となりました。

ホンダ・エリシオンには、社外パーツから前輪キャンバー角を調整可能にしてくれるパーツが存在しています。
「キャンバー調整ボールジョイント」です。

この部品です。

これを純正と交換するのです。


この部品でキャンバーをプラス側にしたり、マイナス側にしたりでsきるのです。


その結果がコレです。


気になる左流れはほとんど改善しました。

キャスター角、キャンバー角のズレによる多少の違和感は残りますがそれでも、はじめと比べてみるとまったく違います。
気にせず運転が出来るまでに改善しました。

この費用ですが、
この「調整用ボールジョイント」は、26,000円
交換工賃は、15,750円

その後のアライメント調整の費用は、約26,000円でした。

今回はちょっとひどすぎましたが、こういうパーツで車は変わるモノですね〜。



















2012/11/5;プリウスのフロント、タイヤのはみ出しもアライメント調整で解決
 
アライメント調整は、走りを良くする、安定させる、などの目的だけではない。

フロントタイヤのはみ出し、その解決にも有効なのです。
「タイヤのはみ出し」
これはほんのわずかでもディーラーの点検が受けられない、ディーラーに入るtこも許されないのです。

今回もそんなテーマでした。
プリウス タイヤのはみ出しに困ったらアライメント調整で
中古タイヤホイールを購入したは良いのだが・・・  前輪タイヤが少しだけ、はみ出してしまった(T_T)
そのはみ出してしまったタイヤのままでは、トヨタ・ディーラー等で「車検」・「点検」の入庫が出来ないために
キチンとボディー内、フェンダー内に収めて欲しいとの依頼を頂きました。

前輪のはみ出し。
フロントタイヤだけがわずかに出ている
タイヤが、というより・・・・
ホイールのディスク面だけが少し、ほんの少しだけはみ出しています。これが問題なんです。


リアの場合は・・・・

後輪タイヤは、綺麗にリアフェンダー・(リア・クォーターパネル)内に収まっています

今回の作業は、フロントのこのはみ出しを解決すること、です。
が、それだけではなく、リアの入りすぎ!?をカッコ良く、”面(ツラ)イチ”にすることもやりました。


フロントは、キャンバー角(ハの字)を強く傾けてタイヤをフェンダー内に収める。
そして、中に入ったタイヤの出方をスペーサーを使用して「ツラ位置」 「少しはみ出し気味」に合わせる方法
もちろん、スペーサーを取り外してしまえば、車検にパス出来る!と言うモノ。


さて、後輪は、・・・・・
ギリギリまで(ちょっと出し気味?)ぐらいを求めている。
後輪側は、タイヤ取り付けボルトをロングボルト(延長ボルト)に交換して、こちらもスペーサーを使用してギリギリにしたい。
こちらも、スペーサーを外してしまえば車検にパス出来る。

                             

純正の25mm長のボルトの物を、40mm長の延長ボルトへ交換。

13mmのスペーサーを付けてみました。



結果は、フロントがこんな感じ。

前輪側の作業を済ませ。出来上がった今回のタイヤ、・・・

後輪は、・・・・・・・・・

分かってもらえますか・・・?
フロント・リア共に極限の「ツラ位置」  そして、スペーサーを外してしまえば車検合格仕様!
たぶん・・・絶対・・・必ず・・・乗っている本人だけが分かると言った心理的なモノではありませんよ!

そして、今回掛かった金額は、
アライメント料金 25,200円
ハブボルト延長(リアのみ)一式 17,430円
スペーサー一式 3,360円
合計金額 45,990円となりました。


お客様からメールが届きました。


お世話になっております。
先日30プリウスでアライメント調整とタイヤ交換してもらった「N」です。

先日はどうもありがとうございました。
タイヤもフェンダーギリギリまで出してもらい自分の理想の形に仕上げてもらって非常に満足しています。

アローバさんでアライメントを調整してもらってから自分の車が自分の車ではないと感じる位乗り味が変わって驚いています。

特にカーブを曲がる時の感覚はまるで別の車に乗ってる位の違いがあり非常に気持ちよく運転が出来て毎日の通勤が楽しみでしょうがない位です。
(気持ち良すぎて毎日飛ばし過ぎ(-。-;))

今までアライメントは他のお店でもした事はあったんですが、まるで違う。

今までのはなんだったんだ?と思う位です。
車の能力を100%引き出してもらえた感じがして非常に嬉しく思います。

次はキャリパー塗装考えているのでまた宜しくお願いします。

本当にありがとうございました。
アローバさん最高(^O^)
iPhoneから送信


「N」様 ありがとうございます。

タイヤ・ギリギリ。  
ツラ位置がメインの今回の作業でしたが、その作業と共に行った「アライメント調整」の結果に凄く満足された様です!
こう言った結果は、「ひょうたんから駒」とでも言うのでしょうかね?




















 


2012/10/21;タイヤの偏摩耗も激しい、左流れが極端、そんなエクスプレスバンも!

今回は、タイヤを交換するのと合わせて、アライメント調整の依頼で入庫となった
シボレー エクスプレスバン 2001年モデル

シボレーエクプレスバン タイヤの偏摩耗 左流れを解決する
これ、交換前のフロントタイヤ、
右タイヤの内側だけが、極端な内減り状態でした!

右前のキャンバー角がマイナス側に強く(八の字状に)なっていることを表しています

うんうん、左流れの要素がありそうです。
でも・・・・

タイヤの減り方と実際の走行して感じる左流れの強さに差を感じるのです!?
・・・・長年の感、というヤツです。

早速、測定です、その結果・・・・・
シボレーエクプレスバン タイヤの偏摩耗 左流れを解決する アライメントデータ
真ん中の列がキャンバー角の測定値。
左がマイナス0度10分、  右がマイナス0度26分。
右が強く「ハの字」になってるのがわかります。偏摩耗の原因はここにありそうです。


そして、一番上の数値キャスター角(左+2度47分  右+4度04分)
その差1度17分
一応、メーカー基準値内に収まっている(緑の数値)ですが、その左右の差に問題があり強く、左流れの原因はここにもありました。



この「シボレー エクスプレスバン」は一端足回りをばらして加工をしてからでなければ,アライメント調整が出来ません。


アッパーアームの付け根、ここの加工が必要となります。
けっこうな作業、時間もかかります。費用もかかります。

今回のアライメント調整料一通りで36,750円+足回り加工料21,000円=57,750円となってしまします。


そして終了、その結果が・・・・・

なんとなく、良くなっている感じではありませんか?
左右差が少なく、基準値内に収まっています。



このようなアメ車のミニバン、巨大排気量で大きなトルクを生かして走ります。
高速道路もアクセル踏みっぱなしではなく、ゆっくり、のんびり走る。
                       そんなクルマですから、運転に余計な神経を使いたくないのはよく分かります。
ですから、「左流れ」はあっちゃ困る、というわけです。

広い空間で開放感を味わいたい、リラックスできる移動体、そんなクルマの特性が戻って来ました。



















 


2012/9/9;アウディTTの左流れ、その原因を探る、追求する・・・ブッシュ交換

 
4000種類3万点の部品の集合体、それが”クルマ”

数ある自動車部品のひとつ、「Bush=ブッシュ」。
いろんな場所で、いろんな形のブッシュがある。

ちょっと寄り道をしてその簡単な紹介。
可動部の連結箇所に使用される物、バネと同じような緩衝材の役割がある。
円筒形でその中に強化ゴムやポリウレタンが詰め込まれている。
その中には油を注入した物も・・・・

たとえば、こんな形。
audi TT  ブッシュ アウディTTの左流れの解決をはかる


そして足回りのアーム関係だけでこんな場所です。
様々なブッシュ類 アーム関係


さて、アウディTT(8N)の左流れの原因、追及第2段

前回の様子がこちら
http://arroba-tire.com/newpage1-alignment-8.html#2012-7-27-audi%20TT

前回の様子から、
「アライメント、タイヤの傾きには異常がない」
「タイヤの問題でもない」
 「足回り/ダンパー等の問題も無い」

・・・その後は、予算10万円の範囲で、左流れの追求をしてみようと言う事に・・

何から手を付ければ良いのか?

「ハブベアリングの異常?」
「ステアリング機構、ラックアンドピニオンの異常?」
「ブレーキ関係の異常?」
「ブッシュ類の異常?」
 「駆動系の異常?」


どれも、コレと言って問題を抱えている様子が一切無い・・・?(>_<)
そんなこんなで、探していく中、手を付けたいところを発見、
それが、コレ!




ブッシュのつぶれ、油漏れ!でした。

「リア・トーションビーム」の左右にある、大きめのゴム・ブッシュ、
この中にはオイルが含まれそのオイルにじみが確認できます。

年式が経つと、ありとあらゆるモノが経年劣化を起こします。
その中でも”ブッシュ”。
これは強化ゴムやポリウレタンで作られており、車の挙動で”一番可動する”場所にあるからです。

仕方がないことですが、今回はその劣化の著しい「リア・トーションビームのゴムブッシュ」をはじめに交換する事にしました。


アウディの左流れの解決 ブッシュ交換をしてみた
こちらが、新品のブッシュ・・・これで良くなってくれるのか不安・・・
でも、挑戦です。


作業開始。

でも・・・
当店では「ブッシュ交換」は本来行いません!
が今回は、成り行き、です。
お客様の予算の関係、
そして、挑戦心=なんとしてでも左流れを解決したいという思い、が目覚めたからです。


そして外してみました。


距離はそうでもないのですが、年数が経った車ですから、こうなるのですね!
われわれにも、オドロキでした!




専用工具もない・・・  経験も乏しい・・・  それでもやって見せました!ブッシュ交換!
・・・とは言え、それはそれは大変な作業。

一筋縄では語れない、写真など写している場合じゃない。(
苦笑!

夜遅くなっても・・・  アローバ閉店後も・・・  せっせとリアブッシュ交換。
結局、9時間ほどかかったかな〜(
-_-)

そうして、「トレーディングアーム・ブッシュ交換」が終了しました。


結果は?
気になりますよね〜〜

左流れ・・・   改善せず(
>_<)
・・・・・・沈黙・・・・・


でも、当然ですが、リアの脚がしっかりしました、グリップ感が増しました、イイ感じになりました!

でも、左流れの解決は、持ち越しとなりました。

今回はここまで・・・・・・・・


















 


2012/8/5;フーガ(Y51)、20インチホイールとキャッツアイが喧嘩?

 
箱根を走行中。「キャッツアイ=道路鋲というらしい」に、右側前後輪を乗り上げてしまった(T_T)
その時から、ステアリングセンターの狂いが以前に増して左に向き、ハンドルの取られ方も強くなってしまった・・・・


2011年11月に新車購入。
それから8ヶ月で早くも21,000q走行!

「ニッサン フーガ Y51スポーツサスペンション20インチ装着車」

新車購入当初から、・・・・
「何気なく走っていても、ハンドル取られが気になるな〜」
「ステアリングセンターが少しだけ、左に傾いているな〜?」

など、思っていた。

でも、純正タイヤサイズが「245/40R20」と言う大きなタイヤ。

路面でのハンドル取られは、こんなモノ・・・と納得していた?
ただ、ステアリングセンターが左に向いているのはちょっと、気になる・・・!?


そうこうしているうちに、「キャッツアイ」と喧嘩することに!


そこで、手っ取り早くそれならばと、地元のショップでアライメント調整をしてもらう。

その結果、新車購入当初よりも安定性は向上した!ように思う・・・
でも、ステアリングセンターが左に向いているのだけは、改善していない・・・?
それならばと、インターネット検索


そうして、見つけた「アローバ」
そして、作業開始、終了。

その後に、早速メールが届きました!

ありがとうございます。




アローバ 様

フーガで4輪アライメントをお願いした「N」です。
突然のお電話でのお願いに丁寧にご対応いただき、ありがとうございました。


4輪アライメント施工後の第一印象は、「車ってこんなにまっすぐ走るものなんだな」ということです。
極端かもしれませんが、走り始めて10メートルで「違い」が分かりました。


思い返してみれば、新車で納車された時から落ち着きのない車であったように思います。
正直なところ自分の車は245/40R20ということで、ホイールも大きく、タイヤ幅もあるために「仕方がない」と半ば諦めていました。
それがキャッツアイに接触して、以前履いていたタイヤがピンチカットを起こしてから、ハンドルのセンターズレを余計に意識するようになっていました。
他のショップでアライメントを見てもらったのですが、納得いく結果が得られず、アローバさんをネットで発見し、4輪アライメントをお願いさせていただいた次第です。


些細なことではありますが、ハンドルのセンターズレは、気になるものです。
高速を走ることが多い自分としては、気分の良いものではありませんでした。
常にハンドルが少し左に切れている・・・しかも左に切ったときと右に切ったときのハンドルの重さの違いも気になっていました。
そして常に忙しない、落ち着きが無い。車好きの自分としては楽しさも半減してしまいます。


それがです・・・アローバさんで施工していただいた後は見事に症状が直っている!!
しっとりとした落ち着いたハンドリング。しかもハンドルのセンターがしっかり出ている。
結果から言うと、言うこと無し。大満足です。これほどまでに劇的に変わるんですね。


帰路は横浜青葉インターから東名に入りました。
ある程度のスピードで走ってみましたが、ハンドルは落ち着いたもので、以前の忙しなさが全く無く、快適そのものでした。
また、以前はブレーキング時にもハンドルの忙しなさを感じていましたが、それも解消して安心して踏めるようになりました。
まさに車を運転する喜びが戻ってきた感動があります。


最初からアローバさんにお願いしていれば・・・悩むこともなかったのでしょうが、今回は良い勉強になりました。
4輪アライメントは確かな知識と技術、経験を持ったお店にお願いするのが一番です。
自分と同じように悩んでいられる方が多いと思いますが、最初からアローバさんにお願いするのが一番の近道ですね。
腕が違うと思いました。


取りとめのない文章になってしまいましたが、メールにてお礼をさせていただきます。
スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

 

「N様」
この度は、アライメント調整、その後のメールありがとうございます。
十分満足いく「愛車・フーガ」に仕上がったとのことで、大変嬉しく思います。
これからは、「安定した走り!」楽しんで下さいね。


今回の作業を振り返り・・・
「運転すること」 「走ること」 

それは、運転免許を持っている誰しも当たり前のことだと思います。

でも、「クルマの安定した走り」となるとアライメント調整をした後に初めて知った!
と言うことが良くあります。

不思議ですよね!

普通に運転している愛車の走りが本来ではない・・・?

今回の、「ニッサン・フーガ」は、アライメント調整、正味時間は3時間ほど、
このわずかな時間で
「喜び」「感動」「劇的」を感じられるアライメント調整。

どうですか?愛車の本来の走りを感じるためにアライメント調整!
気兼ねなく、ご相談下さい。




















2012/7/30;30プリウスとKYB=カヤバの相性は?

 
実を言うと、KYB=カヤバのショックアブソーバーにはあまり期待していなかった、のです。

KYB、昔はコレしかない、これが一番、この硬さ、ゴツゴツ感などが良かったのです。
若さに応えてくれる走りが嬉しかった、そんな時代には・・・

でも、最近は?
ゴツゴツ感に違和感があり、上品さ?がない、ただ、がむしゃらに硬いだけということで敬遠しがちだった。


今回、それが”偏見”だったことがわかったのです。

30prius 30プリウスにカヤバのサスキットを組む

純正車高のトヨタ プリウス30
今回は、KYBサスペンションキットへの交換。
ハイブリッドカー!
「プリウス30」はその代表格
アローバがある横浜市都筑区は「BMW」や「アウディ」そして、「プリウス30」ホントよく見かけます!


30prius 30プリウスにカヤバのサスキットを組む

今回のプリウス30 「KYBの社員さん」のお車。

KYBに勤めているのでやはり、足回りを組むなら自社製品でしょう!

でも・・・
足回り関係の部署ではありません。












今回装着する
「KYBサスペンションキット」とは
いったいどう言う製品・・・?

製品の詳しい説明は、
http://www.kybclub.com/street/lowfer/index.html

http://www.kybclub.com/street/lowfer/merit.html













「KYBサスペンションキット足回り」交換後の感想は・・・
足回りを交換した際の、嫌なゴツゴツ・ガツガツした乗り味はまったく無くとてもマイルド!
カーブや車線変更をした際の安定性はもちろん、発進時から安定した感じが良く伝わります。

何気なく、走っていてもその安定した感じは、欧州車に近づいたと言うべきでしょうか・・・?

何故この足回り「KYBサスペンションキット」をプリウスに始めから純正採用しないのかな?
逆に不思議に思うほどです。

「純正にはない、しっかり感」&「欧州車ほど硬くない」&「不便を感じるほど車高が下がらない」
「純正では物足りない」 「高速走行が多い」 「安定性を増したい」 「人と違ったプリウス30に仕上げたい」などなど・・・
「KYBサスペンションキット」お薦めです!

価格 定価 78,750円→63,000円 
足回り交換工賃21,000円

アライメント調整25,200円

合計金額109,200円



PS・・・余談ですが・・・・
新車で購入したのだが、いつも気になっていたモノ・・・?


←車内からみた感じですが、わかります?


それは、左側ワイパーが運転席からこんな感じでチラッと見える。
この写真では伝わりにくいが普段運転していて結構気になる、
このチラッと見えるワイパー・・・

足回り交換時に本来有るべき定位置に戻しました。





















 


2012/7/27;アウディTT、左流れが解決できない、四苦八苦、今も試行錯誤中です

 
こんな”頑固な”(笑)AUDI TTに出会ったのは、初めて、という話。

アウディ TT 左流れをなんとかしたい 


2011年12月、アローバで左流れ修正のためアライメント調整をしているアウディTT(8N)

またまた、メールを頂きました・・・
お客様
直進性を良くするために「リジットカラー」を入れてみたいと思うのですが、どうですか?


MASATO
ん〜・・・
前回のアライメント調整の時、キッチリとサスペンションメンバー位置を修正してありますので
リジットカラーを装着してみて、直進性が上がるのか?左流れが再び発生しないか?不安があるのですが・・・


お客様
最近、何となく直進性、左流れが、気になり始め・・・もう少し直進性が良くならないのかな〜なんて思うのですが


MASATO
了解しました。再度確認して見たいとおもいます。
audi TT 直進性を求めて


そんなやり取りがありまして・・・
後日、来店して頂き、試乗チェックしてみたところ・・・
何となく、以前の作業終了後と比べ左流れが起きている。ハッキリしている感じが見られる?
ちょっとした段差を通過したとき・・・ハンドルが左に行きたがる?
真っ直ぐな道路を走行していても・・・ハンドルが左に行きたがる?
どんな路面を走行していても・・・右にハンドル、クルマが行くことがない?
早速、アライメント測定、診断してみたところ・・・
ん〜まったく以前と変わっていない!? とても、良い状態のデータ。数値・・・
でも・・・
左へ流れている。困った(-_-)
この状態・・・
試乗と測定データを見ていく中で、今までの経験から判断するにどうも、直ぐに直せる症状では無いと判断。
後日、1週間ほど車両を預かる事に・・・
お客様にも協力して頂き、インターネットでアウディTT(8N)の左流れや改善策!?
少ない情報でも入手しつつ預かる事となりました。
そして、1週間の預かりがスタート
アライメントの問題は無いハズ・・・タイヤも新品タイヤに交換した・・・

それならばと、
フロント足回りの左右入れ替えをしてみた。
アウディ リアのダンパー入れ替え

続いて、リア ショックアブソーバーも左右入れ替えしてみました・・・改善せず・・・
改善どころか、左流れが強くなる?  結局、元に戻す・・・



これからは・・・連日のように・・・
片輪ずつ5oのスペーサーを入れ走行チェック・確認するも変化無し・・・
リア トーションビームを無理矢理右に行くようにしても悪くなる一方・・・
フロント キャンバー角を強制的に右に行くように傾きを変えても、左へ流れしかも、不安定さが増す・・・
・・・・・・・・・・・・・
もう、どうにもこうにも、左流れが取れない。しかも、以前より強くなる一方・・・?
改善するどころか悪くなっていく。困った・・・
あ〜〜 改善策が見当たらない。
これでは、まずいと恥を忍んで・・・様々なショップへ問い合わせし、助けを求めるも・・・
結論は、ダメ・・・

工具が入り乱れ、悪戦苦闘を語る

最終的に、普段のアウディでは行わないアライメントでの調整。半ば強引とも言える調整・変化を試みたところ
これは、唯一初めての変化が確認できた。左流れが取れないまでも以前とは違う走りをしてくれる。
その作業内容は、ん〜・・・リアトーションビームにフロント 各アーム類にサスペンションメンバー等々をあれやこれや・・・
言葉で、表現するのは難しいモノの、間違いなく変化を付けることが出来た。
今回は、ココまで。
今回の1週間掛けて様々な事を試みた最終判断・結果は・・・とりあえずココまで。次回に持ち越しとなりました。

・・・・続く


費用は・・・
車種別のアライメント調整料はコチラから




















 


 2012/7/21;シボレーアストロ(4WD)のアライメント調整料について

シボレー・アストロのアライメント調整料について

シボレー・アストロ、
そのデザインなのか、実用性なのか、巨大なアメリカン故なのか、人気は衰えない。
シボレーのアライメント測定

でも、まっすぐ走らない、フロントタイヤが偏摩耗する、こんな悩みもつきまとう。

このアストロのアライメント調整料金についてですが、「2WD」と「4WD」では違います、後者は費用がかかりますし、時間も長くなる。

アストロ4駆の具体的な料金は、
アライメント測定料・・・・15,750円
   〃   調整料・・・・21,000円
   足回り加工料・・・・21,000円
合計金額  57,750円

ちょっと高めに思われるかも知れませんが、調整用の加工(ボルト穴の)が必要なためです。



今回はたまたま、以前どこかで加工されていたようで、加工料(21,000円)が不要でしたから36,750円ですみました。


お客様から料金の問い合わせがある時に「だいたい、36,750円から57,750円です」とお答えするのはこんな事情からです。
ご理解下さい。


ただ、アストロのいいところは、加工しさえすれば調整ができ、その結果、走りがスムーズになることです。




今回の結果は以下の通りです。


上記がフロント状態でした。
細かな説明は省きますが、おおよその見当は付くのではないでしょうか?

調整後はこんな感じになりました。

左右のバランスがとてもきれいです。
ココまでできれば走りが変わります!
楽しくなることはまちがいありません。

巨体を自由に、気持ちよく操ることができる、車を手に入れた甲斐がある、というものです。


車種別のアライメント調整料はコチラから




















2012/7/13;三菱・コルト、データ通りの動きと違う??どうする・・・?

 
中古のTEINの車高調キットを自分で取り付けたお客様、アライメントの調整にご来店。

三菱コルトにTEINの車高調キット組んだ

早速試乗・・・・おやっ?

左流れが強く、安定性に欠ける?
コルトの足回りの仕組みから見て、こんな違和感のある走りになるはずがない?
わからない、・・・?判らない・・・?

自分で車高調を組んだコルト

データをみると大きな問題はない。
が、ちょっとだけ、微妙な調整を行い、再び試乗。


うん、なんとか安定したかな??

お客様とのメールの交換。



アローバ様

はじめまして、Sと申します。

当方、三菱コルトに乗っています。
車高調を取り付け後、アライメントをとっていないので、
是非お願いしたのですが、
6/30(土)、7/1(日)の予約は空いていますでしょうか?

また、直進安定性を高めるためにメンバーのボルト穴を加工等して
キャスター値を変えるようなことは可能でしょうか?
費用等わかれば教えていただけると幸いです。

以上、お手数ですが、ご回答の程、よろしくお願いします。



それでは、ご連絡をお待ちして います。
 




MASATO 店長へ


お世話になります、Sです。

先日はアライメント調整ありがとうございました。

試乗をしての症状や方向性の確認、測定値の詳細な説明など、いままでアライメント調整をお願いしていたお店とくらべて、親身な対応でとても感激しました。

左流れの件ですが、フロントタイヤを左右入れ替えたところ、症状が逆になりました。
やはりどちらかのタイヤに問題があるようです。

国産タイヤでそう距離も走っていないのにこんな結果がでるとは思いもよりませんでした。

影響の少なそうなリアに入れ替えて様子を見ようと思います。

今後もなにかあればアライメント調整をお願いしたいと思いますのでよろしくお願いします。


 


S様
30日はアライメント調整ありがとうございまし た。

何となくしっくり来ないまま、作業が終了し心配 していま したがあの症状が「タイヤ!」だった言う事には私も、 驚いてい るところです。
(何せ、新しいダンロップタイヤですからね〜)

少々、半信半疑のままお伝えしましたので・・・

今回の症状がタイヤだったと言うことが、良いの か悪いの か・・・と言うのもありますが良い方向に考えれば、即座にクルマや足回りが異 常ではな かっとことが分かり今回のアライメント調整は凄く良いモノでしたね (*^_^*)

これも、S様がクルマを「いじれる」ことが出 来たと言 う事が異常解決に近道!
お客様の協力は欠かせません。私も助かりました。

今後とも、カッチョイイ走り目指して楽しんで下 さいね。

アローバ  MASATO
 



MASATO店長


お世話になります、Sです。

タイヤが原因ということがわかり、前後ローテーションしたところ、まっすぐ走るようになりました(感動)左右の曲がりの差もほぼなくなり、非常にスムーズに運転できてます。

片方のタイヤがやわくなっているということなんでしょうか?

よくよく振り返れば、強めのブレーキングをしたときもハンドルを左に取られた覚えがあります。
荷重の少ないリアならこのままでもなんとかなるかなと思っていますが、どうでしょうか?

プロのご意見をお伺いしたいです。


 




S様
おはようございます。
タイヤローテーション後の結果、良好で何よりです (^_^)
>片方のタイヤがやわくなっているということなんでしょうか?

ん〜正直、何がどうしてその様な現象が起きているのか まったく分かっていません。
タイヤを製造する上で,内部の「組み方なり」「仕上がり 方なり」に違いがあるのだろうと
思いますが、タイヤ内部が原因で今回のような現象が見ら れると思います。

よくよく振り返れば、強めのブレーキングをしたときもハンドルを左に取られた覚えがあります。
荷重の少ないリアならこのままでもなんとかなるかなと思っていますが、どうでしょうか?
プロのご意見をお伺いしたいです。



確かに、今まで経験した中にブレーキ時にクルマがどちら かに流れる事はありました。
それは、前輪・後輪どの位置にあるかその時その時でまっ たく違った走りをする事は経験しています。
(ホントまれな例なので、ひんぱんに起こることではあり ません)
その現象を確認するために、何度となく入れ替え試乗を試 したことがあります。(T_T)

まっ・・・どの位置にタイヤがあるかではなくキチンと走 るのが大前提なので、あまり深く考えますと・・・
とにかく、キチンとしたアライメントは大前提ですので今回は良し!と言う事で・・・(^_^)





最後に、
「アライメント調整とローテーションの後ですが、非常に走りやすくなりました。
今までは左に曲がっていくので、常に右手で修正をしており、運転する時
疲労していました。が、今は全然違います。
右折も今までよりは曲がるので、ワインディングロードを走るのが楽しみです」


・・・と頂きました。


結論から言えば、主要因はタイヤ!ということでしょうね。
アライメント調整、そしてタイヤのことその相関関係は難しいテーマです。



費用は・・・
車種別のアライメント調整料はコチラから




















2012/7/2;シトロエンC5に「リジカラ」を付けてみた!


最近、よく耳にする”リジッドカラー”

アローバにも「取り付けできますか?」「装着してもらえますか?」など・・・

この「動画」をみると、優れ物!自分もやってみたい、試したい、となるのはよく分かります。
「Spoon Sports」製です。

spoon製 リジッドカラー RIGID COLLAR

アルミ製の部品、とても軽いものです。

箱から出すとこんな感じ

「RIGID COLLAR」=窮屈な、厳格なカラー、つまり”襟”えり、Yシャツのエリみたいな意味でしょう、ね。
動画とその説明をみると納得できます。


今回は、そのリジッドカラーを装着した「シトロエン C5」の話し・・・
シトロエンC5 リジッドカラー装着 アライメント調整


リジッドカラーを装着するきっかけ?
特に走りに不満があったわけじゃない、けど、入れてみたくなった、というお客様の話。
ナルホド、その気持ち分かる!


そこで、あるショップで取り付けをしてもらった。

でも、・・・・なんだか安定しない、しなくなった。
装着する前の方が走りに安定感があった、気がするのだ。
特に、高速走行時にはっきりわかる、今までにはなかったぎこちなさ。

肩もこるし・・・・
そこで店の人の話。
「後輪側の取り付けの時、少しズレが起きた、それに、輸入車のデータがないのでアライメントはできない・・・」

困りはて、ネットで調べる、そういうときに「アローバさんをみつけ、ここなら何とかしてくれるかも」と、
装着後、1週間くらいしてご来店。
・・・と、言う具合でした。


整理すると・・・・
そもそも、シトロエンC5用のリジッドカラーの設定がなかった。
そこで、150種類ほどある様々なサイズものから探し出して装着した。

その時、リアのサブフレームが動いてしまい、ズレが発生した、という。
リジカラはサブフレームを緩め、そこに取り付けるわけで、起こりうること。

前後共入れる作業なの中で、ステアリングセンターのズレも起きてしまった。
これはフロントの調整でなんとかできたようだ。

早速、試乗。

確かにすぐに分かるほどの不安定さ。
右流れも起きていた。
そもそも、複雑な足回りの構造ではないC5、どうして?という疑問がうまれる。
さらに、リジカラの本来の機能からみて、車の落ち着きが出てもいいのに、逆の現象?
どうして??
どうしてだ?と考えを中断し、先ずは仕事!


測定データがこれ。

【後輪の状態】
キャンバーはそう問題はない。
トーだが、左(0°19′)に比べて、右は28′と、極端に内向き、基準値をハズレ、赤色に。
リアのこういう状態は走りに影響するだろう。


【前輪の状態】
キャスターは問題なし。
トーも左右差はあるが、これはそう深刻ではない。
問題は、キャンバー、右は立ち気味なのに、左はマイナス23′とハの字になっている!


内向き過ぎる後輪右のトーの状態から車は右へ、右へと押しやられ、右に倒れすぎている前輪左キャンバーからも右に行こうとする、
車の挙動が不安定になる、それが見て取れた。


作業開始、先ずは後輪から。


けっこう手間取る・・・・

トーションビームの足回り、本来なら調整は不可能。



でも、なんとかしなきゃ・・・腕力も必要としながら・・・


そして前輪。

ここでも時間をかけ、あれやら、これやら、で一仕事、二仕事。


そして試乗、再測定、再調整・・・なんどやったのか、そうこうしてできたのがコレ。


微妙な左右差はありますが、OKでしょう。

ふと気付くと車のナビに走行軌跡がでていました。

短い距離ですが、坂アリ、カーブアリ、不規則な路面あり・・いろいろ走ってみました。

最後に一緒に乗車して確認してもらいましたが、お客様には満足していただけたようです。
費用は、ちょっとかかりましたが、47,250円でした。


後日、お客様からお礼のメールが届きました。



有限会社アローバ
MASATO店長様

先日、シトロエンC5のアライメント調整をお願いしたMです。
長時間かけ丁寧な作業をしていただき、ありがとうございました。


リジカラを入れてから、リジカラの特徴である剛性感は感じてましたが、
高速を走ってみたところ、なんとなく落ち着きがなくなったような感じで、
違和感を感じておりました。


アライメント調整前と調整後では、感じていた違和感も見事に消え、すごく走りやすくなりました。
高速を走っていても、車高を下げたような感覚で、すっかり安定しました。
コーナーでも、安心して旋回できます。
ただ、左旋回よりも、右旋回の方が若干曲がりやすいような感覚があります。


リジカラを入れたら、アライメント調整が必須との情報を見聞きしておりましたし、
自分自身もアライメント調整を、体験したことがなかったので、アライメント調整をお願いしようと考えてました。

しかし、この車は調整箇所が少ないので、一般的な量販店では、解決できない気がしたので、どこかいい所はないかネットで検索してみたところ、アローバさんにたどり着きました。

あまり他店では扱っていないような外車も数多く施工され、なにより他店では投げ出してしまうような事例でも、対処するノウハウをたくさんお持ちのようなので、お願いすることにしたのですが、大掛かりな調整作業のお話を伺い、アローバさんに頼んでよかったと思いました。


やはり、リジカラを入れたら、アライメント調整は必須ですね。

また何かあったら、アローバさんにお願いしようと思います。

M

PS. 微妙な数値差ですが、このまま普通に乗っていれば、ずれる事はないのでしょうか?



【アローバより返信】
先日は、大変ありがとうございました。
メールの感想の方もありがとうございます。

>ただ、左旋回よりも、右旋回の方が若干曲がりやすいような感覚があります。

確かに、その感覚を感じていました。
その部分があの同乗しているときに私がまだ、気になるところが・・・と言っていた部分です。
今回、なんとか改善しないものか頑張ってみましたが、最終的にどうしても改善に至らなかったところです。

フロント側のメンバーをずらしても完治しなかったところだと思いますが、その部分が、単にメンバー部分なのかどうか、ハッキリしていないというのが今、私なりに理解しているところです、スミマセン。


微妙な数値差ですが、このまま普通に乗っていれば、ずれる事はないのでしょうか?

基本的には、ずれることはないです。
経年劣化等で多少のズレは起こるでしょうが、今回アライメント調整した部分は問題ありません。


単純な作りですが、なかなかの優れものだと思います。
今回のようにメンバー部分の調整となりますと最終的に高額となりますが、あのリジカラの動画を見ますと試したくなりますよね(^_^)
今後とも、様々な事(クルマ以外でもOK) お声掛けて頂ければ嬉しく思います。

この度は、大変ありがとうございました。
Masato




【お客様からのメール】

有限会社アローバ
MASATO店長様

こんばんは。

右旋回の件、了解いたしました。

同乗中に「気になるところが…」とおっしゃっていたところは、そこだったんですね。
普通に走る分には全く問題なく、左右コーナーとも安定しています。
ただ、やっぱり右旋回が気持ちイイんですよねぇ。

メールのHP掲載の件ですが、僕のつたない文章でよければ、使ってください。

実はちょっと感動しています。

量販店にもっていってたら、「ここまでしかできません」とか言われて、お金をどぶに捨てるところでした。
アローバさんのおかけでリジカラも活かすことができ、最終的には高額なものになってしまいましたが、納得できる結果を得ることができたと思っております。

それでは、  Mより





費用は・・・車種別のアライメント調整料はコチラから





 

まだまだたくさんの情報があります    続きはコチラからー(7)
2012/1/17〜〜2012/6/21
 

まだまだたくさんの情報があります    続きはコチラからー(6)
2011/7/18〜〜2011/12/3

まだまだたくさんの情報があります    続きはコチラからー(5)
2010/11/18〜〜2011/6/27

まだまだたくさんの情報があります 続きはコチラから−(4)
2010/3/25〜〜2010/10/25

まだまだたくさんの情報があります 続きはコチラから−(3)
2009/7/14〜〜2010/3/19

まだまだたくさんの情報があります 続きはコチラから−(2)
2007/6/12〜2009/6/20

まだまだたくさんの情報があります 続きはコチラから−(1)
〜2007/4/1