アローバタイヤショップはこんなお店
 写真でながめた場合



2015年11月 今年の紅葉は綺麗かもしれない、ということは冬の・・・・?

この季節になると、気になるのは、「今年の山の紅葉はどうなっているかな?」ということと、「今年の冬は、雪が降るのかな?」です。

後者は、仕事柄です。やはり、スタッドレスタイヤが売れるかどうか?
・・・・コレ、どこのタイヤ屋も頭を悩ますテーマです。
運を天に任せる、まさにそのとおり。諦めてただ時が来るのを待てば悩まなくてもいいのですが、”職業病”ですね。


さて、前者の「今年の山の紅葉はいかに?」
コレ、単純に趣味の世界、そこでの関心事です。


先日、九州大分県にある九重連山、その一つ大船山(たいせんざん)の紅葉の写真が送られてきました。
そこでの感想は、とにかく、今年は数年ぶりに見事な紅葉だった、とのこと。

送られてきた写真がこれです。
九重連山 大船山の紅葉
全山、真っ赤!山の中腹が燃えるようです。
黄色の黄葉は少なく、ほとんどが赤色系、茶赤色です。
そのほとんどが「ドウダンツツジ」、時々、「コミネカエデ」が見えます。


大船山頂上付近に”御池”という小さな池があります。
そこではこういう絵が完成していました。
九重連山 大船山の紅葉 御池に映る紅葉
頂上から見下ろすとこうでした。
それにしても、赤系のみの紅葉!こういうのは初めてです。

池まで降りるとさらに圧巻です。
九重連山 大船山の紅葉 御池の紅葉
青空をバックに、・・・まさに絵にかいたような光景です。


こういう見事な紅葉はどこにでもありませんが、近くの里山にはそれらしい秋の景色に出会えます。
秋の里山 踏みだすと落ち葉が音を立てます
秋の自然林、枯れ葉がたくさん積もっている。

秋の里山 踏みだすと落ち葉が音を立てます
秋の強い日差しの下で、枯れ葉が輝いています。

ケヤキのきでしょうか?
もう、数日するとすべて散ってしまいそうです。


ところどころに、紅葉の代表格、モミジの紅葉に出会いえます。
そして、黄色は、たぶん、「シロモジ」でしょう。

他の木々を追い越すように高くそびえています。
「オオモミジ」でしょうかね、周辺の木々に光を奪われるとこういう紅葉にはならないようです。
ですから、突然、細く高いモミジに出会います。


1本の木に、紅葉が始まった枝とそうでなく夏の緑を保ったままの枝が混在中でした。

シロモジの黄葉
「シロモジ」の黄葉は、日の光の下、色づく葉が透き通るような黄色です。

黄色も青空をバックにすると、コントラストが見事に表現されていくようです。

「シロモジ」の葉は、柔らかく薄いのでしょうか、強い風が吹き出すとこんな具合に折れ曲がってしなります。


山肌には木々それぞれ特有の”枯れ”があり、その多様性も面白いものです。

さて、そんな中、こういうものもありました。

名前不明ですが、よく見るコケです。
コケには秋がない?枯れ葉が落ちています。

こういうのも珍しいでしょう。

風に舞って小さな白いものが飛んでいました。
よく見ると、虫でした。
木に止まった虫を撮ってみましたが、あまり良く撮れていません。

他の方の、写真を借りて拡大したのが、下の丸いものです。

この白い虫、「ユキムシ」(雪虫)といいますが、冬の、雪の前触れと言われています。
北海道や東北ではこの時期、そして冬がさらに近づくと邪魔になるくらい飛ぶそうです。

里山で出会ったこのユキムシ、今年の雪を招くようでした。




















2015年10月 多忙のせい?店内は倉庫か、冬準備中か?

 
これが!?
2015年10月1日現在の”店内”の様子。

2015年10月のアローバ店内
初めて見た人は、これ倉庫?   でしょうね・・・。

冬商戦の様子もそれなりに見えます。
スタッドレスタイヤの宣伝幕が垂れ下がり、見本のタイヤもおかれています。

そうです!

でも、こちら側から見ると、なんだか段ボール箱がそこらに置きっぱなしで、まさに”倉庫状態”。

段ボール、そういや、右側にも左側にも・・・

でも、見ようによってはにぎやか、閑散としているよりいいかもね。

右にあるのは「Bilstein」や「TEIN」製のダンパー類

左には、メーカー不明の箱が山積み状態。     まだ、梱包も解かれていない。


やはり倉庫です。


でも、大丈夫、中央には椅子とテーブルがありますから。

そのテーブルの上にこんな”おもちゃ”がありました。
ナニ?

「発泡ゴムの性能を体感しよう!」とあります。


ナンダ、コレ?

小さなオモチャは「テスト車両」というわけです。


この「車」の裏には、「発泡ゴム」と「非発泡ゴム」が張り付けてある。

そこを濡らし、後ろの透明の滑り台ですべらせ、その滑り具合を比較してみよう、というわけだ。

裏のゴムです。

拡大すると、こうなります。

右と左のゴムの表面、確かに差があるようです。

左が「発泡ゴム」、右が「非発泡ゴム」です。

ようするに、スタッドレスタイヤのゴムを、”体感”してもらおうというタイヤメーカーの苦心作、というわけです。

で、どうなるの?

暇な人、店でやってみてください。



・・・最近の店の中はこんな具合です。

倉庫でもあり、遊び場でもあり、・・・です。





















2015年6月 「都筑区」、新しい街だが、ここに数千年、万年から人が住んでいた!!

こんなところがあるなんて!

全く知りませんでした。
ちょっと恥ずかしい、気分になりました。


先日、子供を連れてセンター北駅そばの「
大塚・歳勝田(さいかちど)遺跡公園」という所に行きました。
ここです。

このゴリラ君、都筑区の成立の頃から目立つ存在ですね。昔は区役所近くにありました。その昔は「迷路」のシンボル?
で、今はこの交差点、わかりますよね?


この交差点のそばに、「横浜市歴史博物館」があり、その向かいの高台です。



いい天気、歩いているとこんな花に。

どこでも見かける野草、「ヒメジョオン」です。よく見るとけっこう整った姿をしていますね。

そして、これもごく普通ですが、・・・・・

「ドクダミ」です。名前が良くないのですが、これって”薬草”です。それに、乾燥させた葉っぱはお茶になります。ほのかに甘くイイ味です。

交差点をわたり、階段を上っていくと・・・・

場所は、すぐわかります。

上がると、こんな解説があります。


さらに木立の中を歩いて行きます。

そこで満開の「ヤマボウシ」に出会いました。白い花びら、じゃない、白い部分は「苞(ほう)」と言う部分で葉っぱの変形みたいな物のようです。中央の薄緑色の球形が花という。
そうそう、さきほどの「ドクダミ」も同じですね。


この「大塚遺跡」は2000年ほど前の弥生時代の住居=竪穴式住居の跡が多数ありました。
そうです、ここに、人がいた、弥生人が住んでいた、のですね〜

再現されてそのイメージが分かり易いです。
さらに、高床式のイメージも・・・中に入ることもできますよ、


弥生時代、つまり2000年ほど前、ここに人が住んでいた!
調べてみると、都筑区にはたくさんの遺跡があるようです。

縄文時代(1万6500年〜3000年前くらい)の遺跡、つまり人が住んでいた!そして、弥生時代にも・・・・
こんな資料がありました。

 【旧石器時代】
 1  四枚畑遺跡(加賀原) →石器などがみつかる

【縄文時代】
 2  花見山遺跡(見花山) →草創期の集落跡
 3  茅ケ崎貝塚(茅ケ崎東一丁目)→ 前期の貝塚
 4  大熊仲町遺跡(仲町台三丁目)→ 中期の集落跡
 5  華蔵台遺跡(荏田南五丁目)→ 後期・晩期の集落跡

【弥生時代】
 6  大塚遺跡(大棚西)→ 中期の環濠集落跡
 7  歳勝土遺跡(大棚西)→ 中期の墓地

【古墳時代】
 8  綱崎山遺跡(茅ケ崎東一丁目)→ 後期の集落跡
 9  上台の山遺跡(仲町台三丁目)→ 中期の古墳
 10  綱崎山横穴墓群(茅ケ崎東一丁目)→ 横穴墓15 基

【奈良平安時代】
 11  薮根不動原遺跡(池辺町)→ 奈良・平安時代の集落跡
 12  能見堂遺跡(加賀原二丁目)→ 火葬墓

【中世】
 13  茅ケ崎城址(茅ケ崎東二丁目)→ 城跡
 14  上の山遺跡(仲町台三丁目)→ 墓地


都筑区などの丘陵地帯のすぐそばまで海が入り込んでいた、というのです。
つまり、「
縄文海進」、つまり、縄文時代は今より気温が2℃ほど高く、海面が4mほど高く今の陸地深く海が入り込んでいた。

鶴見川や早渕川などの流域はその名残のようです。

こういう資料があります。


こういう海辺の大地であった都筑区には、当時の人々が住んでいた証である「貝塚」や「遺跡」、「遺物」があるというのです。

不思議な気がします。
1万年前から営々と人々の生活が続いてきた、その基礎の上に新しい街、都筑区があるというのですから。

「大塚・歳勝田遺跡公園」はその”場”だったのです。

都筑区で暮らすようになって20余年、初めて知ったのです!
子ども達に、それを知らせることができてヨカッタです。


都筑区を生活のベースにする限り、こういう”歴史”を学のは面白いですね。

アローバという店も歴史の巨大な流れに身を任せて存在している、なにかちょっと別世界の感覚に入りそうです。



















2015年3月 ある晴れた日、ふと気になって裏の遊歩道を歩く

 
忙しい日々がつづく、

そんな時、なんとなく気になって空を見上げ、店裏の遊歩道を歩きたくなる。

店の忙しさに季節感を味わうゆとりはないが、世の中、特に自然の変化には驚かされるもの。

3月某日、午後・・・・・・・青い空、春にこういう空?珍しい気がする。

カメラ抱えマンションの屋上へ。
北の空は、葉っぱの落ちた背の高い木々はまだ寒々と立つ。
西の空には眩しい太陽、背伸びしたくなる光です。


港北ニュータウンには素晴らしい遊歩道が張り巡らしてある。
これが気に入って、ここに引っ越しをしてきた人が少なくない。

土日には多くの人が歩く遊歩道も平日は、静かでした。


裏の公園は、「川和富士公園」最近まで改造工事が行われていたのですが、すっかり終わりました。
なんだかきれいになった?!

「富士」を見上げると・・・川和富士、これってここから本物の富士山がながめられるから、
それともこの人工の山が富士山らしいから?命名の経過は知りません。
これも今回の工事で手が加えられたようです。

登ってみました。


西から南、北の方面に遠くが見渡せます。
丹沢山系から富士山、そして秩父の山、奥多摩の山並みが見える時もあります。

白梅が咲き、紅梅がありました。


そして、あっちこっちの木々に芽吹きがありました。

名前が分からないのがザンネンですが、知らなくても春の訪れが感じられます。




よく撮れませんでしたが、これは桃の木の芽吹きです。
店の裏に植えてあります。


そうそう、去年たっぷりなっていたドングリがびっしり落ちていました。これが新芽となるのでしょうね。


こうやって足元や芽を凝らして木々に近づくと、春が確かにきているようです。
コートのいらない季節、すぐそこです。


















2015年1月 穏やかな正月、日の出も見た、そして日の入りも
 
2014年の12月31日が終われば、翌日は2015年1月1日。

一日が終われば新しい一日が始まる、そして終わる・・・・・・


2015年、初日の出に今年も出会いました。
結論、やっぱり普段の朝と何か違いがあるように感じます。

日の出の前の暗さと寒さは格別です。
広い海、どこから陽が昇るのやら・・・・と、雲間から赤い初の日が!



日の出の部分を拡大すると、見事な初日の出です。
茜色、空が燃えるようです。とはいっても、実際に人の目で見たものと微妙に色合いが違いますが。



青い空に、真っ赤な太陽、茜色の輝きの広がり・・・何もかもが新鮮です。



雲間から上ってきた朝日、途中、雲の隠れその上から再び陽が昇る。



一日が始まりました。
2015年1月の始まりです。



そして、日が沈む、これも2015年のあたらしい出来事です。

朝日もいいが、夕陽もまたいいものです。



静かな一日、でも、街中は???



適当に雲があるのが絵になります。
色も、表現できる範囲を越えて多彩です。寂しさ、わびしさを感じない訳じゃないが、味のある景色です。


2015年、今年もよろしく。





写真で見るアローバ 2014年版 はコチラから 
写真で見るアローバ 2013年版 はコチラから 
写真で見るアローバ 2012年版 はコチラから
写真で見るアローバ 2011年版 はコチラから
写真で見るアローバ 2010年版 はコチラから
写真で見るアローバ 2009年版 はコチラから