店長の横顔  2007年
タイヤ屋 店長のつぶやき
・・・・・・・・
新しい発見にであい、何かがのこり、何かが育つかも・・・・・MASATO



What's New?----
2007年
・2007/12/31・・・・
2007年はゆく、来年もよろしく
・2007/12/22・・・・
スタッドレスが山積み状態
・2007/12/14・・・・
”偽”・・・ここにも似たことが
・2007/12/12・・・・
スタッドレスの履き替え多忙!
・2007/12/1・・・・
レクサスの巨大なハブナットに
・2007/11/25・・・・
みなさん、一緒に夢をみよう
・2007/11/17・・・・
ゴム価格の値上げに驚き
・2007/11/15・・・・
欧州車用アルミセット、お買い得
・2007/11/8・・・・
アローバは時代遅れか?
・2007/11/4・・・・
ちょっと見て下さいスリップサイン
・2007/10/6・・・・
スタッドレスタイヤの早期予約
・2007/9/5・・・・
ラティチュードツアーhpの
・2007/8/27・・・・
恐ろしい話/ジェイソン
・2007/8/23・・・・
猫じゃらし
・2007/8/20・・・・
健太君、日本一周から
・2007/8/17・・・・
残暑・セミ・打ち水
・2007/7/11・・・・
後部座席のシートベルト
・2007/7/9・・・・
ランサーにミニチュア
・2007/7/5・・・・
新製品GR9000
・2007/6/16・・・・
BSのエコ絵画゙コンクール
・2007/6/8・・・・
満足な出来映え/写真
・2007/6/1・・・・
FSWで走りにはまる
・2007/5/11・・・・
「検索」カンバン作り
・2007/5/8・・・・
GWはどうでしたか
・2007/4/23・・・・
春キャンペーンは終わり
・2007/4/20・・・・
美声は絶好調
・2007/4/4・・・・
雪が降らなくて
・2007/2/24・・・・
安上がりのホイールリペア
・2007/2/22・・・・
ビバンダム再生計画
・2007/2/15・・・・
懐かしいスバルとの出会い
・2007/2/7・・・・
ポロGTIが大変身
・2007/1/17・・・・
今週末、雨か雪か
・2007/1/7・・・・
エコ絵画展開催中
・2007/1/5・・・・
今年の仕事始め
<2007年>

2007年12月31日<2007年はゆく!2008年もまたよろしくお願いします>
.

早くも、2007年.12月最後の日となりました。

今年も、例年通りスタッドレスタイヤの交換作業に追われる年末となりましたが
これもまた、親切で楽しいお客様。

いろいろな珍問、難問をお持ちのお客様に
出会えたからこそと感謝いたします。

この一年間、有り難うございました。

今年を、振り返ってみると、いろいろなことがあったのだな~と思います。

アローバスタッフだった、ケンタ君が日本一周の旅を無事に終わらせ、退社し
新しいスタッフ、ヒロシ君がアローバに加わりました。

私の子供が、一人増え子供3人の父親になることが出来ました。

さて、2008年はいったいどんな年になるかいやいや、どんな年にするか、
このお正月にでもゆっくり考えてみたいと思います。

また、来年も笑顔でお待ちしていますのでよろしくお願い致します。

アローバ  MASATO















2007年12月22日<店の前に山積み状態のタイヤ、スタッドレスタイヤ履き替えがピークに>

雪情報が出るとこんな程度ではないのですが・・・・

それでも、結構大変な状態になっています。
履き替えのためにご来店される方がピークになりました。

・・そうそう、だからといって遠慮は無用です。
アローバのスタッフ、年末まで頑張りますから!



この時期、スタッドレスタイヤがほとんどですが、夏タイヤも少なくありません。

そこが「非降雪地域」の難しいところです。
よくは知りませんが、東北地方・北陸の豪雪地帯では夏タイヤの注文なんてないのでしょうね?



タイヤの預かり制度が発足して5年、すっかり定着し、皆さまのご好評を得ています。
お預かりしたタイヤには細心の注意を払っています。
その一つがこの光景、スタッフのHIROSHI君が汗をかきながら洗っています。



タイヤの山に囲まれての一日です。

でも、そろそろ落ち着く頃のようです。

忙しすぎるのも大変ですが、コレなしには正月の休みが楽しくないのですよね・・・

店長  MASATO












2007年12月14日<2007年のことばが”偽”だという。確かに・・身近なところに”偽”があった!>

京都・清水寺で発表された今年の一文字は”偽”でした。

こんな文字が2007年を象徴する言葉となったこと自体が悲しいこと。

それも応募の中のダントツの一位だったということらしい。

そこで・・・・

話は12月14日の昼間、アローバで経験したこと。

マークⅡに乗った馴染みのお客さんTさんがご来店。


Tさん「ちょっと、タイヤを見てくれ!」


アローバ「どうしたんですか?(タイヤを見ながら)まだ、交換するには早いようですが・・」

Tさん「だろう!でもさっきのガソリンスタンドでこれは交換しなきゃ危ないですよっ、ヒビが入っていますよっ!って言われたんだが」

アローバ「ヒビですか・・?(さらに入念にチェックしながら)タイヤ側面も、角にもそれらしいヒビはないようですよ・・・」

Tさん「だろう!俺も自分で見たんだがそんなものないんだよねっ、でもスタンドの店員が手鏡みたいなもので、「リアタイヤの、ホラ、ここの溝の中にあるんですよ」って言うんだよ」

アローバ「エッ!リアタイヤの溝の中?溝の中なんてリアの場合、車をジャッキアップしなきゃ見えないんですが・・エッ?鏡を使って溝の中を見たんですか?」

Tさん「俺に確認させようとするんだが、年寄りにはそんなものは見えるわけがないんだよね。だから、知り合いのタイヤ屋に見てもらうからいいよっ、ってアローバに来たんだよ」

アローバ「(更に入念に確認しつつ)そりゃ年数が経てば少しはヒビが出てくるんですが・・・少しはそれらしいきざしはあるようですが、こんなこので”危ない!”なってことはないですよ」

Tさん「俺も見たんだが、こんな昼間の明るいところで見てもそんな目立つヒビはないよねっ!」

アローバ「ヒビが入っている、といってもじっくり見てそれらしい(まだまだ、らしい、という程度のもの)ものがあったとしても”タイヤ交換しなきゃ危ないですよ”って言われたら、世の中のタイヤ、みな交換しなきゃいけない、ということになりますよ!これは未だ大丈夫、安心して走っていていいですよ」

Tさん「よかったよっ!ありがとう」


実は、この日立て続けにこんなことがあったのです。
もう一件は電話でした。
やはり同じように「ガソリンスタンドで、お客さんこのタイヤ交換しなきゃあぶないですよ、って
言われたのだがどうみてもそんなに減っているよな感じがしないんだよね」との相談。

こんな事、初めて経験したことではないのだが立て続けて、とうこともあり、その内容が
あまりに”凝った”やり方だったのでひとこと言わなきゃ、って思った次第です。

フロントタイヤはハンドルを切れば鏡を使うまでもなく見ることができる。

「手鏡風のもの」でタイヤの溝の中ヒビをチェックする!?
もっともらしい方法だが、現実はそう簡単ではない。

じゃ、リアタイヤの場合は?

狭いタイヤハウスの中、その隙間から鏡を入れて判断する??
まともに見えるわけがない。ライトで照らして・・・
そんな事をするまでもないことだ。

フロントタイヤを見ればおおよその判断ができる。
それに、溝の中を、重箱の隅をつつくようなことをしなくても側面をみればおおよその判断ができる。

それに、「チョット気になるなぁ」って思えばジャッキアップすれば済むこと・・・

それを・・・

そして、まだまだ溝があるのに、
ローテーション(前後の位置交換)すればすむのに、
ヒビらしいヒビでもないのに、



わかったような言葉で、巧みに交換を勧める(強制する!)ガソリンスタンド、
無知につけ込む、そのやり方はユーザーの安全のためでもないことは明白。

もちろん、ガソリンスタンドがすべてそうだとは言わない。

が、あまりに目に余りやり方はますます信用を失うことになるのだが・・・

「どうせ、バイトのあんちゃんがいうことだ!」って

こんなところにも”偽”がある、
タイヤのプロ風な”偽”がまかり通るとしたら・・・

人のふり見てわがふり直せ、だったかな?

わがタイヤ屋も心していかねば!
そんな決意を新たにした一日でした。


店長  MASATO

















2007年12月12日<スタッドレスの履き替え多忙!ニッサン・デュアリスの動画で息抜き>


いやいや~、この12月、スタッドレスタイヤの履き替えがピークに達しているようです。

毎日、毎日忙しい日々を過ごしています。

なんだか慌ただしい毎日、そのちょっとした息抜きの時、こんな動画を見つけました。

http://www2.nissan.co.jp/DUALIS/J10/0705/index.html

「ニッサン・デュアリス」、この車の善し悪しは別にしてもCMはスバラシ!

その中の「スペシャル・ムービー」と「パワード・スーツ体験」はなかなかカッコイイ動画だと思うのですが。

一度体験してしてみて!

近い将来パワード・スーツが増殖する世の中が来るのかなぁ???

店長  MASATO










.


2007年12月1日<レクサスLS600hlのハブナットに驚いた、そこでちょっと考えた・・・>

12月、いよいよ師走、

誰もが忙しく走り回る、

タイヤ屋はスタッドレスタイヤ交換で一日中、こまねずみのように動き回っています。

そんな時、スタッドレスタイヤの交換に「レクサスLS600hl」がきた。
作業開始、まず、ハブナットを外す。

そして、エッ!と驚いたのが下の写真です。
ん?
これだけでは意味が分からない?

比較したのは従来のトヨタ車のストレートタイプのハブナット、
それが下の写真です。



大きさが一回り大きい!
そしてワッシャー取り付け部の「肩」の暑さと形状!
なんだ、これは!



角度を変えると・・・・
ハブボルトが12mmから14mmに太くなったのがわかります。



ハブボルトの直径が国産車の普通であった12mmから14mmに!
この変更は、輸入車や国産車のNEWモデルの流れのようだ。

車の重量が重くなったのが一つ、
LS600hlなどは車両重量が2,6t!

パワーも大きくなってきたのもひとつ、
LS600では394PS!もあるのだ。

こういう車を支えるには従来の12mmでは”不安”があるということだろう。

ハブナットが巨大化し、重くなった。
省燃費が叫ばれているこの時代に逆行するような感じがしないわけではない。

”安全にため”・・・これは分かるが・・・

まさか、最高級グレード車の風格のため?

車の軽量化、省燃費、そして小型化、それが当たり前と考える
他方でこんな”動き”があるのも今の時代か。

この”差”の現実に、
タイヤ交換作業の手が、一瞬止まった・・・


店長  MASATO









2007年11月25日<26日から発売開始、「ジャンンボ宝くじ」買わなきゃ・・でも、買っても・・・どうする?>

今年も、

「今年こそ!」って思い込めて、

夢をみる。

そういや、去年もそんなことあったなぁ~

イヤ、一昨年も・・・あぁ

明日、11月26日から「年末ジャンボ宝くじ」発売です。



一年の締めにはなくてはならない大チャンス、
そんな甘い言葉に誘われて・・・

今年は一等が2億円、74本!

二等でも1億円、22本だって!


よし!買おうっ!

買わなきゃ当たらない。でも、・・・・買っても当たらない宝くじ。

絶対当たると信じて買う宝くじなのに、
ハズれた瞬間に、
やはり、ハズれたたかぁ~
と、なぜか納得してしまう。
・・・と思うのは私だけ?

みなさん、どうします?
私?まただまされてみます、ハイ・・・

店長  MASATO









2007年11月17日<ガソリン値上げだけでなくタイヤ原料の「合成ゴム」市況の価格上昇も深刻に?>

日経新聞11/16付け新聞に載った資料です。

タイヤの主な原材料となるゴム、その国際市況でこんな事態が起こっていたのですね。
驚きです!

2004年からわずか3年で天然ゴムが2倍に、合成ゴムが1.5倍になっているんです。

タイヤメーカーの度重なる値上げに、困ったものだ、と納得してきたが改めて”納得”です。
それよりも、このグラフを見ているともう一度タイヤ値上げがありそうな、そんな不安も感じないわけにはいきません。



読みづらいので、要約すると・・・・・・・

・乗用車タイヤの材料となる合成ゴムがの引き合いが増加、売り手市場となっている。
売り手市場・・・つまり、
売り手である合成ゴムメーカーが値上げしても
買い手のタイヤメーカー
がそれを認めざるを得ない、ということ。

・合成ゴムの原料は「ナフサ」、つまり原油だ、その値上げがその背景。

乗用車タイヤに使うゴムのうち、6~7割が合成ゴム、タイヤメーカーも独自に増産を進めているがなかなか進まないという。

・天然ゴムが高騰のため、合成ゴムの割合を増やしたいがこれまた値上げがすすみ、どうしようもない事態のようだ。


・結論から・・・・・
「合成ゴム各社の強気の値上げは新たな何台を生み出しつつある」・・ひょっとするとタイヤの値上げも近い?

店長  MASATO







.


2007年11月15日<欧州車用スタッドレスタイヤとアルミセットのコーナーができました>

ようやく、

ようやくですが、

欧州車用スタッドレスタイヤとアルミホイールのセット品」のお買い得品コーナーができました。

チョット余談ですが、この「タイヤ&アルミセット」ですが作成するのにけっこう手間がかかるのです。
そして今、11月も後半に入ろうとするとき、できたのですからね。
やはり、チョット遅すぎ、「ようやく」の意味はこんなところなんです。

欧州車をお持ちの方、コチラ→をごらんください。

アルファロメオから始まる一覧ですが、なにせ種類が多すぎる。

ヨーロッパは広い!
ヨーロッパはクルマの発祥の地!
クルマ好きが多い土地柄!



そんな背景から比較的最近のクルマに限ってみました。

暖冬が言われ、スタッドレスタイヤの需要が減ってきていますが必要な場面があります。
こんな機会に一度ごらんください。

店長  MASATO









-


2007年11月8日<時代遅れのアローバ?時代はココまで来た!>-

こんなことがありました。

今日の偶然の出来事ですが、なにか時代の変化を感じさせる出来事でした。

アローバは、もしかして時代に乗れている?


午後の早い時間、アローバには、数少ない女性のお客様がご来店。

セディアワゴンから降りてこられたお客さん、

右前のタイヤ1本と、この中古持ち込みタイヤを組み替えてください

見るとフロント右のタイヤ、側面にキズがありました。
持ってこられた中古タイヤとの交換、15分くらいで終了。

ここまではなんら不思議な光景ではない。
普段の仕事の一場面、でした。

作業終了し、ちょっと一休み、と思ったら、またお客様の来店。
今度はハイラックスの男性です。

そして、

右前のタイヤ1本と、この中古持ち込みタイヤを組み替えてください
右前がパンクしてダメになったのです

エッ、また?
また、フロントの右?
今回も中古のタイヤ持ち込み?
それも1本だけの交換!

持ち込まれた中古タイヤ、まだ運送会社のタグ(送り状)がついたまま。
いかにも”ヤフーオークションで手に入れました”という感じでした。

お客様に聞きました。
この1本、ヤフオクで買われたのですか?

的中!でした。

タイヤを手に入れるのに、自分でオークションなどで購入、はめかえ・付け替えはタイヤ屋へ!

偶然ですが、一日に立て続けてそんな光景に出会ったのです。
ま、フロント右、というのはこれこそ”偶然”でしょうが・・・・

時代はここまできたのですね。
タイヤを購入するのはタイヤ屋さんで、というのは過去のこと?
そうかもしれません。

ネット社会はタイヤ屋さんに”変化”を要求しているようです。

この時代、始まったばかりのようですが、

タイヤ屋さんの役割、ちょとばかり考えさせられた出来事でした。

店長  MASATO








-


2007年11月4日<ちょっと見て下さいこのスリップサインとヒビ割れ>

先日、タイヤ交換をした時のこと、
改めて驚き、改めて訴えたいこと、がありました。

お客様はそれほど危機意識はなかったようですが・・・・



交換したのはレグノGR5000からGR9000です。
知らずしらずのうちに、あなたの車のタイヤはこうなっていたのです!

タイヤの摩耗も進んでいました。
タイヤの側面には縁石でこすり続けてこんな状態!

タイヤが可哀想、というよりこんな危険な状態で走っていたあなたが心配です。

そこで、スリップサインのついて改めて簡単に説明します。

「スリップサイン」=国交省の定めた「法令」(道路運送車両の保安基準)で
残り溝が1.6mmになったら走行禁止!です。


トーヨータイヤのHPからお借りしてきました以下の図をご覧あれ。






で、この「スリップサイン」が出てくると、どうなる?
それは雨の日の制動距離が極端に長くなる、
つまり、車が滑り、止まらず、危険!ということです。



新品タイヤと残溝が1.6mmになった時の制動距離
その差は16m!という。

さらに、高速道路では「ハイドロプレーニング現象」、つまりは
水が溜まったところを走り、タイヤが浮きが上がり、ハンドルがきかず、ブレーキが効かなくなることです。
この危険性は経験した者でなければわからないことですが、とにかくコワイ!ことです。

改めて、一言!

長距離を走るとき、

高速道路を走るとき、

しばらくタイヤなど見たことがないとき、


アローバに立ち寄ってみてください。
ちょっとした時間で”安全と安心”が得られます!


店長  MASATO









-
2007年10月6日<冬タイヤ、スタッドレスタイヤの「早期予約」が始まりました>

ようやく暑い夏が終わりました。
秋はまだか、と思っているうちに、10月にはいるとあっと言う間に”秋模様”。
アローバ店頭のイチョウ並木も日毎に黄色に、黄金色に変わりつつあります。

そうこうしているうちに、スタッドレスタイヤの話題が出て来ました。
今年は「ラニーニャ現象」が長引き、冬が寒くなる、という気象庁の予報が出ました。
「ラニーニャ」で寒い冬が来る???
ちょっと疑問ですが、どうも”科学的”にはそうらしい・・

ということで、アローバは今年もスタッドレスタイヤの「
特典付き早期予約」を開始しました。


2007~8年の特徴は、
ミシュランタイヤ「X-ICE」が安くなっている!ということ

ブリヂストンの「REVO2」、4本予約された方への特典、
今年は、ブリヂストンと「SALOMON」のコラボフリース、前あき
フリースです。

ここでの説明はこれくらいで・・・詳しくは
スタッドレスタイヤコーナーにお回り下さい。

店長  MASATO








-
2007年9月5日<ラテチュードツアーHP、問い合わせが増えているんだが、、、という話>

ここ数日、どういうわけか「ミシュランのラテチュードツアーHPの、サイズ○○○/○○-○○の在庫はありますか?
4本交換するといくらになりますか?バランスや取り付けも入れてです!
交換作業はどれくらい時間がかかりますか」
・・・・・の問いあわせが増えているんです。

迷惑? いやいやとんでもない、その反対で嬉しい限りです。
驚いている、というのが正直なところなんです。

”新しいタイプのタイヤ”
”4×4車用でもなく、乗用車用でもない、SUV専用のタイヤ”
”静かで雨にも強く・・・”
こんなメッセージが人の関心を呼んでいるのだろうか?

アローバとしてはその性能がミシュランのうたい文句のとおり、見事な性能を持っているのかどうか、
たくさんの人の実際の経験をもとにした評価をもっているわけではないのですが、気になる存在です。

ですが、ここでちょっと用心!
新しいというためか、注文が殺到している?ためか、定かではないが、
一部のサイズに「品薄」や「欠品」が出ているようです
例えば、「245/65-17」ですが、これは「品薄」です!
また、18インチにもそんなものが出ていると聞きます。

欲しい方、早めの注文が得策、かもしれません。
秋の長雨、そんな季節には更にご用心を!

店長  MASATO






-


2007年8月27日<恐ろしい話・・・アメ車にはジェイソンが住んでいる??>

先日、四輪ホイールアライメント調整で預かったアメ車に・・・

凄くぴっかぴかのエンジン!

どぉ~だ~~と言わんばかりのヒカリ方。

綺麗だな~と思って見ていたら次の写真には、不気味な奴が覗いていた!




分かりますか!  中央右側に

あの~~ あの~~ 「ジェイソン」らしき存在が・・・????

きゃ~~~^-¥@-。、・;m、*/?

何てねっ!

店長   MASATO










-


2007年8月23日<猫じゃらし、時には絵になる光景>

暑い日が続きますね~~~
     いい加減にしてくれ~って叫んでも誰も反対はしないだろうね。

そんな暑い日、家の前の草むしりをしたんです。

そこで見つけた「猫じゃらし」、子供と一緒に飾ってみました。

カラカラに乾いた青い空と入道雲をバックに、
どうです?
この”生け花”、けっこういい作品とは思いませんか?

ペットボトルにいれたこの「猫じゃらし」、正式にはイネ科の狗尾草「エノコログサ」というようです。














しばしながめていて思うこと、ひとつ、
      雑草も見ようではけっこういい味がするものですね。

なにかいいものを見つけた気分の草むしり、真夏の一日でした。

店長  MASATO









-


2007年8月20日<健太君、日本一周の旅から帰る>

8月20日、スーパーカブ90ccで日本一周の旅に出ていた”健太君”が約4ヶ月ぶりに帰ってきた!

2007年3月末までアローバで働いていた”健太君”、
一念発起、何を決意してか、日本一周の旅に出たのは4月10日。

左の地図にもれなく描いたコースはその軌跡。
見事に隅々まで90ccのミニバイクで走破、見事!

出発当初から変わらない、満面の笑みで帰ってきた。
バイクから降りてまず、「イヤ~着いた。」と両手を挙げながら伸びをした彼は日に焼け、少し痩せていた。

お疲れ様!
苦労を共にしたバイクは、薄汚れ、荷台にある荷物入れには日本格地のスッテカーが張られ、ホントに日本一周をやり遂げたのだな~と、若い彼の勇気とたくましさと実行力に凄さを感じた。


懐かし~と言いながら、旅での感動・出会い・苦労話に、お客さんも一緒になって日本一周旅行話を楽しんだ!
金には変えられない経験をした、と言った彼はこの数ヶ月で、一段とたくましく強い心を掴んできた様だ。

話を聞いている私たちまで不思議に嬉しくなってくる。
話は尽きない、写真も山となるくらい撮ってきたようだ。

いろんな経験をたくさんした健太、
おめでとう!
日本一周、よく頑張った。

店長   MASATO








-
2007年7月17日<2007年夏・残暑・セミ・打ち水>

2007年、今年の夏は記録的な猛暑が続いています。
誰もが、すべての物が少々、お疲れ気味。

そんな時、店の前でこんな物を見つけました。
これも暑さでダウン!?

 










そうです、セミです。
「アブラゼミ」ですね。手前に一匹、向こうに二匹、そして・・・

夏の終わりの証みたいなものでしょうか。

残暑、暑さしのぎになればと打ち水をやってみました。
気分だけかな?

 みなさんも、とにかく気分だけでも涼しくなる”演出”をやってみませんか?

2007年の異常な夏、これからも続きそうですが、みなさまくれぐれもお体に気を付けて!


店長  MASATO













-


2007年7月11日<とても大事な・・とっても重要な話・・後部座席のシートベルト>

先日、とある広告記事の中、こんなものに目がとまりました。

「後部座席ベルトの重要性」と題して・・・・
過去3年間(平成12年から14年)に高速道路での交通事故の死者は905人だったそうですが、その内訳は・・・

「運転席での死者のうち、車外放出による死者は17.2%」
「助手席では、26.7%」、
「後部席では、41.3%」


と、
運転席に比べて2倍以上も高い確率で車外に放出され死亡している・・・・との記事。

・・・・・・そこで改めてシートベルト着用について考えてみました。

まず、シートベルトをしないとどうなるのでしょうか?・・・・(財)交通事故総合分析センター」からの資料を基に・・・
わかりやすいのは以下のイラストです。

時速50kmで静止している壁に衝突した場合車内の乗員は、高さ10mからコンクリートの地面に叩き
付けられたのと同じ程度の衝撃を受けるのです。

えっ?!という事実ですよね。




後部座席の人は衝突時どうなる?
何度か同じような絵はみましたが。もう一度・・・・



このテスト条件では、後席ダミーは体重の30倍以上の力で前に飛び出す。

後席ダミーは体重48kgなので、
約1.5tの力で背もたれに体当たりしたことになる。








後部座席でシートベルトの「非着用」と「着用」を比較すると・・・こんな実験結果です!


 
こんな実験結果に説明もクソもない、ということでしょう。
でも、一言・・・右の写真ですが、ダミーはどこに行った?
後席シートベルト非着用の3列目:衝突の瞬間のダミーは、
撮影用にくりぬいたルーフから体が飛び出した。
これは実際の車であれば、車の天井に体を叩きつけられることになる・・・との評でした。
スゴイ!ですよね~~

そして、座る位置でのシートベルト着用・非着用での死亡時事故の分析結果です。



以上、ちょっと目にとまった記事から感じた話でした。
自分のみならず、わが子・家族のこと、そして二次災害を考えると、後部座席でのシートベルト装着はゼッタイ!必要な課題だな、って思いした。

店長  MASATO










2007年7月9日<ランサーのミニチュア-子供達がいっぱいでした>

窒素ガスの充填に来店されたお客さん、その車のランサーにこんな可愛い子供達がズラッと並んでいました。
誰が見ても、つい”可愛い~っ!”て口にしそうです。


ブラックで、磨き上げた車、その顔を見てもなんだかいかめしい車ですよね。


見えますか?
サイドのウィンドウに、ホラ、小さな車が・・・

ちょっと拡大してみましょう






ガラス越しに見ました。
見えました、イチ、ニイ、サン・・・6台も並んでいます。



 

ちょっと角度を変えて・・・・・






車の中に入ってみると・・・・
綺麗に整列していました。

コレ、俺が乗っていた奴と同じだ!って思う人もいるでしょうね。




拡大してみると、どうです?いっぱしのスポーツ車の勢揃いでしょう。

「ラン・エボ」一筋の人にはたまらない光景でしょう。










再び、本物?オヤジの顔はやはりいかめつい、スパルタンな雰囲気の「ラン・エボ」でした。
正式には「ランサー エボリューション ワゴンMR」でした。


と、こんななんとなく微笑ましいというか、羨ましい親子連れでした。

時々、こういう光景に出会うと嬉しくなりますね。

店長  MASATO






-


2007年7月5日<ブリヂストンの新製品レグノGR9000の勉強会>

先日、
NEWタイヤ 「GR9000タイヤ勉強会」をしました。


ブリヂストンタイヤの自信作、

レグノが約5年ぶりにフルモデルチェンジとなれば、

早く、タイヤを触ってみたい・進化したタイヤ技術を知りたい・履いてみたいと言うのが

私達タイヤ屋さんとしては、心くすぐられるところ!


店が閉店してからですが、先ずは腹ごしらえ・・・

近所のピザ屋さんから「宅配ピザ」をとる。

たまに食べるとその”進化”、美味さの”変化”に驚きますね。

・・・とピザの解説は省略して・・・


ブリヂストンタイヤ販社のO支店長と担当アローバ担当営業マンのNさんからじっくり説明を聞きました。

プロジェクターを見ながらの解説ですから、けっこう真剣になりました。

この新製品「レグノGR9000」に期待する皆の思いが表れているようですね。

例えば、こんな技術には改めて(ミニバン用のGRVにも使われていますが)、頭が下がります。

「サイドブランチ型消音器」、つまり「側管」-閉塞端をつくることで、特定の周波数帯が分散され、減音効果ができる、という技術!















こんな細かい部分に技術の粋が表現されている!!よくみれば驚きですよね。

 
新たに考え出されたタイヤ内の構造や形状、

タイヤノイズをいかに少なくしつつ心地よい音質として出される音

高級車には欠かせない走行安定性の向上などなど・・・
 
一見、丸くて黒いタイヤ、とはかけ離れている複雑なタイヤ技術・形状には驚かされました。
 
今回、短時間の勉強会ですが、私達皆たくさんの知識を勉強しました。

この「レグノGR9000」、店内に所狭し展示してあります。
アローバ、今旬のタイヤ、です。
是非ご来店の際、手で触れて見て下さい。
いつでも説明に応じますよ!


店長  MASATO






-


2007年6月16日<ブリヂストン「こども・エコ絵画コンクール」に応募しました。娘の絵がTシャツにプリントされて・・・>


(株)ブリヂストンが、2007年1月にECO・プロジェクトの一つに「第4回 こども・エコ絵画コンクール」を開催しました。
今回のテーマは『みらいに のこしたい しぜん』でした。

そのコンクールへ7歳になる私の娘も応募しました。
残念ながらと言いますか、「受賞作品」には選ばれなかったのですが先日、ブリヂストンからこんな嬉しい物が届きました!



娘が描いた作品がTシャツにプリントされて戻ってきたのです!











「大きな虹と、いっぱいの花の中を本人と弟二人でドライブ!」(本当は、家族全員の似顔絵を描くつもりだったとか・・・)
本人も喜び、大はしゃぎしていますが、親はもっと大喜び!
子供の成長を素直に喜んだ一時でした。

なお、このブリヂストンの「エコ プロジェクト」は多岐にわたった取り組みをしていますが、「こども・エコ絵画コンクール」はそのひとつ、です。
全国からたくさんの応募があったようですが、県別にみると神奈川県が一番多かったのです。
ちょっと驚きですね。
以下のURLに詳しく紹介されています。


http://www.bs-ecokaiga.jp/index.html

店長 MASATO











-
2007年6月8日<ちょっと満足できる写真が撮れました>

今日の、アローバは晴天でした!










いや~ いい天気ですね~!
晴天、雲一つ無い天気とはこういう青空です、
そんな見本のような写真が撮れました。
 

よ~く見てください!
初夏の空です。

何だか、ジリジリ、ジリジリ、
焼け付きような暑さを感じませんか。
 












 











 ふと、思いついて店の前を通る車を撮ってみました。


←「保冷車あり、

   観光バスあり→、 
   「ミキサー車」あり、
ダンプあり→   
   「ミニバン」あり、
 ちょっとぼんやりだがここ「大型トラック」です→  
 
店長  MASATO

 






-


2007年6月1日<走りにハマっちゃいました。でも、FSWでの走りは楽しいですよ・・・という話>

最近、サーキット走行にハマってしまったお客様から伺った
FISCOサーキット走行」をするには!こんな感じ!
をご紹介します。
※馴染みの深い「FISCO」、富士スピードウェイですが、
2000年にトヨタが買収し、改造が行われました。
2006年4月から営業再開し、その名も「FSW」、つまり、
Fuji Speed Way、となりました。

FISCO(富士スピードウェイ) http://www.fsw.tv/ のライセンスを2006年に取得したお客様。


FISCOライセンス取得には、1日受講すればもらえるそうです。
まずは、午前中の学科講習を受け、サーキット走行に必要なノウハウを身につけます。
午後からは、下見・テスト走行(もちろん、ドライバーは本人)が走りライセンスの取得。

(結構、簡単にライセンスは取れるもんですね!)

このライセンス取得に掛かる費用は 41,500円
ちなみに、年一回のライセンス更新費が28,900円

ライセンスを取得したならば、後日「FSW」のコースへ!
コースを走るには、ナンバー付車=NS-4の予定を確認して行くべし。

ド派手なこのクルマ(マークⅡツアラーV JZX-100)も、法的に何ら問題のないナンバー付「車検対応」!



その車検対応のツアラーVですが、よくよく、見ると・・・
足回りには車高調整キット(TOM
’S製)
マフラーは(HKS製)・・・やはり、そうですよね。




下をのぞいてみると、ナルホド、ここまではまっちゃったのですね~

ボディー強化には、真っ赤なパーツのサスペンション・メンバーブレースを前後に(TOM’S製)が装着され、
コンピューターチューン、イリジウムプラグ、カーボン製ブレーキパットなどなど・・ひょっとするとまだあるかも?




この1年ほどで、愛車がレーシングマシーンへと変ぼうして行ったようです!
そして、車内にはこんなモノが・・・




そうです、レーシングスーツを常備するほど サーキットにハマっています。

ちょっと気になる「費用」は??

一回のFISCO走行に掛かる費用を考えて見ました。
富士スピードウェイ「FSW」までの交通費(横浜青葉IC~御殿場まで往復4,200円)

コース料 30分6,300円 ガソリン代(ちなみに、町乗りでリッターあたり6km/Lぐらいが
サーキット走行では、何と、リッター2~3km/L!)

この燃費の違いは、サーキット走行だと常に7~8,000回転で走るためだとか・・・
これだけ見ても、一日走りを楽しむためには15,000円~20,000円は必要!




コレ、新品のサーキット専用タイヤです。
そうです、費用には忘れてはならない消耗品にはタイヤがあります。

新品タイヤが走るとこんなになってしまう!
もちろん、一回の走行でここまでなる訳じゃないが・・・


ちなみに、この減ってしまったタイヤは、30分コースを12回、計6時間走行でご覧の摩耗だそうです。




それにブレーキパットが必要!
エンジンオイルやブレーキフルードも必要!
たまにはミッションオイルやデフオイル交換となりますか・・・

とにかく、お金が必要なことはよく分かりましたが、ハマってしまった彼にはこのサーキット走行は
お金には換えられない快感がそこには存在するのだろうと話を伺って良く伝わりました。

そんなサーキット走行、あなたもいかが?

店長  MASATO






-
2007年5月11日<「検索」作りはGWの合間に・・・>

先ず、数枚の写真をごらんください


・・・なんか窮屈そうでしょう
黒いボードになにやら書いていますよ??


上から見ても、・・・ワカリマセン??


遠くから見ても、やはり・・・


・・・と、突然こんなところに!!


そうです、いま流行りの「検索」ボードです。

TVCMの最後に、「詳しくはこれで見て下さい」と出て来ます。
こんなCM、考えたらおかしなCMですよね。
見たければ、知りたければ自分で調べろ、というわけでですからね。

でも、これって案外効率のいい宣伝かもしれません。
興味のある人でなければ「検索」しないわけですから、逆に考えると「検索」してくる人は自社の商品に関心が深い人、ということですから、期待がもてるということです。
そう言う人を対象に丁寧に説明できれば、効率がいい、ということです。

この「検索」ボード、実は前から作ってみたかったのです。
GWは比較的ヒマなこともあり、ようやくできたというわけです。

コレを見たみなさん、一度「アローバ」と「検索」してみてください。


店長  MASATO






-

2007年5月8日<2007年の”GW”はいかがでしたか?>

2007年のGW! 大型連休はいかがでしたか!?

相変わらずの渋滞&人混み&出費と 大忙しの日が続いた事と思います。
当然、私も家族そろって遊びました!
車で横須賀の「久里浜港」から、フェリーに乗り千葉の「金谷港」まで行き
マザー牧場に行ってきました。朝早く出発したこともあり渋滞は、避けられたようでスムーズな到着!
マザー牧場でも、程よい混雑ぐあいで 十分楽しめました。

今時、マザー牧場の牛乳やソフトクリームを現地以外(近場のショッピンゲセンター)でも食べることが出来ますが、広い芝生の青空の元で食べる 味は格段に違います!!!



我が子供たちも良い思い出になった事と思います。

今度は、何処に遊びに行こうかな・・・



店長  MASATO






-

2007年4月23日<”春キャンペーン”は終わりました。”地鶏の炭火焼き”キャンペーンはつづきます>


4月22日で、”2007年スプリングキャンペーン”が終了となりました
 
たくさんの方に、タイヤをお買い上げ頂きましてアローバ社員一同感謝いたします。
ありがとうございました。
 
 
ブリヂストンミシュラングッズは最後には品薄となりました。
がっかりされた方もいらしたのではないかと心配しました。
 
でも、今回のキャンペーンでグッズと一緒にプレゼントしていた
宮崎県名産「地鶏の炭火焼き」は、しばらくの間続けることにしました。
  
今回初めてアローバオリジナルプレゼントとしてみなさんにお配りしていますが、
「地鶏の炭火焼」は、私たちが想像した以上の反響で好評でした。

追加・追加の注文を入れるほど喜んでいただき、中には、10個まとめて
キャンペーンとは別に購入される方が一人二人といらっしゃるほどでした。

これからも、アローバタイヤ&宮崎県産地鶏の炭火焼
をよろしくお願いいたします。
 
店長  MASATO








-

2007年4月20日<わたしの美声はますます絶好調>

 
ここのところ、電話やメールでの お問い合わせを多数頂いています。

それも、アローバ・ホームページを御覧になった方が非常に多く
大変嬉しく思います。  

有り難う御座います。
 
たとえば、こんな具合です。

メールでの問い合わせは・・・・・・・・

□ ニッサン・グロリア 「足回りのお問い合わせ」
□ スバル・R2
「BスタイルEXを装着したタイヤ・インプレッションが届いたり」

□ ベンツ用ホイール修理の問い合わせ

□ スマート用タイヤの問い合わせ

□ ホワイトリボンタイヤの問い合わせ

 
電話での問い合わせは・・・・・・・

◇ フォード・エコノラインのタイヤと四輪アライメント調整の問い合わせ
◇ ニッサン・レパード 「ホイール交換」
◇ ブリヂストンタイヤやミシュランタイヤ・ヨコハマタイヤやピレリーのタイヤ

などなど・・・・・・です
 
国産車・欧州車・アメ車などなど いろんな車種のお問い合わせを頂いています。

そこで、是非 みなさんにお願いがあります。
 
アローバ・ホームページを御覧になっての、お問い合わせの時は
 
「アローバのホームページを見ましたよ!」 と一言お伝え頂ければ
またまた、嬉しくなり・・・・・そして私の美声はますます絶好調に!

そして、サービスも絶好調になるかも!?
 
これからも、いろいろなお客様に感謝して がんばります。

店長 MASATO










2007年4月4日<雪が降らなくて・・・・と謝るのも変な話ですが・・・>

2007年も4月に入り、春の暖かさが戻ってきましたが今年の冬は、暖冬の影響か全国的に雪が少なく東京・横浜はまったく雪が降りませんでした。
・・・・・・・残念でなりません。

雪が降らずに・・・
  
  ・・・・すいません
       ・・・・申し訳ありません
          
・・・・ごめんなさい

スタッドレスタイヤを購入していただいたお客様、
夏タイヤから冬タイヤに入れ替えで足を運んでいただいたみなさん、

                  
・・雪が降らなくてごめんなさい


今年のように全く雪が降らなかった3月、4月のこの時期はご来店いただくみなさんに、
「今年は、雪降らなかったね~」との言葉に申し訳なく思い、何だか心が痛みます・・・
来シーズンこそは、雪が降ることを願いつつがんばります???

さて、話題が変わりますが、
3月31日付けで、アローバ若手ナンバーワンだったKENTA君が退社しました。
その理由は?
日本一周冒険の旅に出るためです!



そのKENTA君の代わりに新人スタッフが仲間に加わりました。

←その期待の新人はHIROSHI君です。
山口県下関出身です。
よろしく~~!
店で会いましたら一言、「新人君、ガンバレよ!」て声を掛けていただければ有り難いです。


店長  MASATO








-

2007年2月24日<安上がりのホイールリペア、お悩みの方、一度やってみませんか>

今回のアルミホイール修理依頼は、ジャガーSタイプでした。
ホイールは社外のホイールで「ATS」のスポークタイプです。

左側のフロントとリア2本がけっこう深く、ガリキズになっていました。
長さはそれぞれ15cmくらい。

それはこんなこんな具合でした。


幸運だったのは、2本ともタイヤが無傷だったことです。


「修理にどれくらいの費用がかかりますかね?」
と聞かれ、普通なら・・・・
「この2本のホイールをホイール修理専門業者へ送り、一週間から2週間後にできあがり。


ホイールが送り返された後タイヤを組み上げ、完成となります。
費用は、だいたい 1本で 2万円前後でしょう」
・・・とこたえたのです。

が、予算があまりない、できるだけ費用が少なくする方法はありませんかね?

と相談されたのです。
そこで、今回は安上がりアルミホイール修理方法をご提案させていただきました。
「安上がり簡易修理」
それは専門業者に送り、チョット見た目にはわからない程の丁寧な修理方法ではなく、
キズの部分とその周りのみを磨きあげ、簡易に、一日で仕上げる方法なんです。

上の写真のような”恥ずかしいガリキズ”ではなく、少々のゆがみが残ってもかまわない、
それなりの見栄えになればよい、ということでやってみました。
時間は1日車を(問題のホイールを)預かり、費用は5,250円/本、というお手軽な手段なのです。


先ず、ホイールのばらし、です。




裸のホイールになりました。

次に、グラインダーを使って荒削りをします。
ガリキズをおおざっぱにならしていくのです。

少しずつ、少しずつ 時には大胆に!
ウィーーーン ガガーーー ギギーーー 
慎重にやっていくと、左のようになっていきます。

ガリキズが一番深い部分はどうしようもありませんが、最初のヒドイ状態とはずいぶん変わりました。





次に、根気のいる手作業に移ります。
布ヤスリの荒い番手から始め、次第に細かな番手に変えて磨いていきます。

水ペーパーを使ってスリスリ、していきます。
塗装屋さんが車の塗装をやっていくあおの手法です。

ガリキズの痕跡はなくなりましたが、その後らしきゆがみは残ってしまいます。

でも、けっこうイイ具合になってきました。






どうです?いいあんばいでしょう?
ここまで来れば完成です。   

今回は仕上げのクリアー塗装を省いていますから、その分色むらが残ってしまいます。

それには今回は目をつぶることにして・・・・

この後バランスを取り直して、終了です。




安上がりの簡易修理、いかがでしたか?
予算に限りのある方、2万円も払うのならちょっとした修理で済ませたい方、一度ご相談下さい。

そうそう、今回はリム部に塗装をする必要がなかったのでよかったのですが、リムの塗装までしなければならないときは、時間と費用が上乗せになりますので予め考えてください。

      店長  MASATO








-

2007年2月22<綺麗にするぞ、ミシュランマン/ビバンダム再生計画ついに完成・終了>

【1】アローバにある、ミシュラン人形

一年365日、雨の日も風の日も、暑い夏も寒い冬も、アローバのマスコットとして店の前に立ってきました。

長い間、店前でがんばってくれている
「ビバンダム」くん、強風で倒れたり、子供が登って倒したりでMICHELINの文字が掛けたり腕のところが割れて中身まで見えている状態のかわいそうな「ビブ」
【2】胸の「ミシュランのロゴ」もごらんの通り









【3】腕の惨状は悲しいばかりでした
【4】ずっと気になって仕方なかったのです。



が、なにせ忙しく・・・ようやく、2006年10月、手をつけることを決断、”綺麗すするぞ計画”に着手したのです。

【5】まずはペーパーヤスリを買ってきて・・・

「MICHELIN」のロゴもこんなになりました。




暇を見つけては「スリスリ・ゴシゴシ」

パテ埋めしては、「スリスリ・ゴシゴシ」



これは頭のテッペンではありません。

ヒビの入った腕にパテ埋めをし、ゴシゴシ磨いてこんなになったのです・・・

【6】顔、目の回りも丁寧に・・・

見てください! なんだか、うれしそうな顔をしていると思いませんか!
この愛くるしい顔を見ると がんばらなくては・・・っと思ってしまいます。
【7】サア、下塗りに入ります。



ペーパー掛けもだいたいできればOK!

塗りの開始、これはけっこう楽しいものです。




ハケで塗っていくのでどうしてもハケ斑が出ますが、細かいことは気にせず・・・・




せっせとぬりぬり・・・

もうすぐ完成!
いあy、下塗りが終了です。
【8】下塗り、終了!




どこか誇らしげ、どこか満足げに感じるのは制作者だけ?
【9】いよいよ本塗りです



まずは、胸にある「MICHELIN」の文字をマスキングテープで覆ってしまい、白色で全体に何度も何度も根気よく重ね塗りします。
【10】寒い日には温めつつ・・・です



塗っては、かし 塗っては、乾かし 徐々に綺麗になっていく「ビブ」を見ていると嬉しくなります。



いつもの寒い冬なら、作業しているときには欠かせないセラミックストーブですが、今年は、このミシュラン人形の為に倉庫から引っ張り出してきました。
【11】次は新聞で覆って、「MICHELIN」ロゴにかかります


青色で塗装します。

けっこう神経をつかうのがこのマスキング作業です。


新聞紙で覆われたビバンダム君、どっかの”有名芸術品”が梱包されている雰囲気ですね。

マスキングテープを使いがらの作業!
ホコリ・ゴミ・手の油など3色塗装をするっと言うことは、意外にも手間でした。

慣れない仕事で疲れました。

【12】黄色の塗りにはいりました 


これができれば、完成!となるはずですが・・・・


【13】完成です!結局、三ヶ月間かかりました


見違えるような顔、姿に満足です!





アローバの大事な一員です。

よみがえったビバンダムに万歳!

胸を張ったその姿が頼もしいですね。



店長  MASATO









-


2007年2月15日<SUBARU360、あまりにも懐かしい車の来店に・・・>

約40年前、「スバル」の名前を世に登場させました。
「名車」のひとつと言えるでしょう。























この車今でも現役です。
今回、古くなりひび割れた
タイヤの交換をしました。
それはコレです。




店長  MASATO











-

2007年2月7日 <VW/ポロ・GTIが大変身、嬉しいお客さんからの便りでした>

             私、VWのルポGTIに乗っているHと申します。

アライメント調整を出来るショップを検索していたところ、御社のホームページに辿りつきました。
実は1ヶ月ほど前に某量販店にて、アルミとタイヤをセットで購入、取り付けをしたのですが、偏磨耗が凄く、1ヶ月で左フロントタイヤのショルダー側が坊主寸前になってしましました。

また、乗り味も轍に取られるというか、ハンドルが無意識にせわしなく動くという感じで、不安定な感じです。純正タイヤ+ホイールに戻しても、同様の症状が消えないため、これはアライメントが狂っているのでは?


こんな、お悩みをお持ちのお客様からお問い合わせがありました。



せっかく交換したタイヤが、一ヶ月でなくなってしまうとは・・・
そのショックの大きさは・・・・
あぁ~~~
ご同情の限りです。

一刻も早く絶好調の状態にしなければならないと思いましたが、さらに追い打ち掛ける出来事が・・・


ご覧のホイール、「レイズ CE28N」に新品タイヤの「ヨコハマ アドバン・ネオバ」を組んでいる最中発見したのですが,1本だけ、ホイール内側に歪みがあることが分かり 急きょホイール修理をすることになりました。


またまた、絶不調のルポと帰宅することに・・・



数日後、再度ご来店いただき 四輪アライメント調整をしました。

まずは、いつものごとく試乗チェック!

すると、わずか数十メートル走行しただけで分かるほどのタイヤ引きずりを感じました。

マンホールの上を通過すると「キュキュキュ」とタイヤが鳴き、Uターンする際のハンドルの戻りが悪い。安定性の悪さ。
これでは、タイヤが編摩耗してもおかしくないだろうと すぐに分かるほどでした。



アライメントの調整には、お客様が、普段から山道走行が多いと伺っていましたので,わずか、走り中心の&安定性が出るように味付けを加え終了!


ホイール修理が終わり! 新品タイヤを組み! 四輪アライメント調整を済ませ!
見違えるほどの安定性! もちろん、マンホールの上を通過しても何も言いません。
Uターンしてもハンドルが戻ってくるのが分かります。
あまりにも走りが良くなったので お客様には、くれぐれも安全運転を心がけて
もらえるようお願いしてご帰宅いただきました! 有り難うございます。


その後、こんな嬉しいメールをいただきました。


本日は大変お世話になりました。

帰宅時は、下道で2時間30分かけてじっくりと味わいながら運転してみました。
あまりのスムーズさに、「これは同じ車なのだろうか?」と思ってしまいました。
いくら調整前の状況がひどかったにしろ、乗り味の変化に感動しました。
今まではコーナーや轍が来るたびに身構えていましたが、今は余裕で
通過できるようになりました。ステアリングを切ったら、切った分だけ忠実に車が
曲がっていくので、自分の運転が上手くなったような錯覚さえ覚えました。

帰宅してからも走り足らず、夕食後にふらっと近くの峠と高速に乗ってみました。
峠では安定感の違いに唖然としました。
ちゃんとコーナーの奥でも踏ん張るのでアクセルをバシバシ踏んでいけます。
轍だらけのストレートを全開で走っても矢のように車が突き進んでいき、
笑いが止まりませんでした。

高速でも同様、いままで怖くてなかなかアクセルを踏めなかったコーナーを
全開でいけるようになりました。やはり笑いが止まりません。

踏めるようになったので、車が速くなったようにさえ感じます。
おかげで、純正の足とブレーキに少し不満が・・・
やはり帰宅時にお話したように、前向きに足回りの交換を
検討してみようと思います。
車高が高いのも気になりますからね

(笑)またその時によろしくお願いします。


H様  こんな嬉しいメール有り難うございます。
またのご来店、いや遊びに来てくださいね。

店長  MASATO

また、こんなメールも届きました。
うれしいこと限りありません。
H様、ありがとうございます

アローバ店長 MASATO様

お世話になっております。
アライメントをとっていただいてから、早くも2週間経過しましたが・・・
「絶好調です!!」
最近、楽しくて楽しくて、近所ではありますが、峠通いが復活しつつあります。

今日もS14シルビアを追い回してきました(笑)
ストレートで離されても、コーナーで一気に追い詰めることができるようになり、
ルポの楽しさを再認識することができました。
これも、店長のわずかながらも走り中心の安定性が出る
味付けのおかげだと思っています。

HPの件、私の車が載せていただけるとは光栄です。
是非載せてください。
メールも載せていただいて結構ですよ。

また遊びにいきます。では。(H)

店長  MASATO






 

-


2007年117日<今週末の21日(日)、雨か?雪か?!>

スタッドレスタイヤの必要な方 アローバ/045-942-8999 で早めに在庫確認を!

ちょっと気になる天気予報でした。
今週の日曜日(21日)は関東地方は雨か雪かも知れない、というのです。
今年の神奈川県は雪らしい天気はありませんでしたが、ひょっとすると初雪
になるかも知れないという。

そういえば去年(2006年)の1月21日は雪だったのです!!!
20日と21日は大学入試センター試験日です。
どういうわけか、この日は例年雪の確率が高いようです。


(上の天気図は去年1月21日のものです。こんな形になったご用心を!)

ですが、スタッドレスタイヤは品薄となっています。必要な方、早めの電話(942-8999)
で在庫確認してください。


アローバ  MASATO











 



2007年1月7日<エコ絵画コンクール開催中です>

ただいまブリヂストンタイヤが、小学生以下を対象に「未来へ残したい自然」と題して
絵画コンクールを実施しています!
 
各方面で、限りある地球環境のためにさまざまな動きがなされているようです。
 
自動車のリサイクル料が必要になったり、各自動車メーカーから低燃費カーが続々と発売になったり、
 
電器製品の節水・節電製品はもちろん、家電リサイクル法やPSE(家電用品安全法)が施行されています。
 
ショッピングセンターでのプラスチックや牛乳パックの回収ボックスの接地が目立つようになったり「エコバック」

持ってのお買い物も目立ちます。
 
少しづつ、いや急速にエコロジーが進んでいるようです。

そんな、世界の動きに少し目を向けてみるのはいかがですか!

 
アローバ  MASATO









 

-


2007年1月5日<仕事始めです。今年もよろしくおねがいします>

新年 明けましておめでとうございます。
本年も難問・珍問・笑問(?)とお受けしていきたいと思っています。

旧年中はおかげ様でさまざまなお客様と出会うことができ、沢山の勉強をさせて頂きました。
そして、笑顔で接して頂いたことをとても感謝しています。
ありがとうございました。
 締めの12月もスタッドレスタイヤのタイヤ交換で毎日忙しく、皆様に感謝、これまた嬉しいかぎりです。

年頭にあたり、ちょっとだけ私的な「2007年の目標」を披露します。
 
1.「ブログ作り」に挑戦です。

なぁ~んだっ!って言わないでください。これって実際に始めると案外大変なんです。
仕事中はそんなゆとりはなく、家に戻れば子供たちの相手、疲れてバタンキューですからね。
ま、しばらく様子をみてください。三日坊主にならないようにがんばってみます。

2.映画鑑賞の時間を増やしたい。

近くに「
「ヨコハマららぽーと
という大型ショッピングセンターが出来ます。
その中に今流行の「シネ・コン」が作られるようなので楽しみなんです。
映画を観に行きたい!たったそれだけですが、これまた”目標”にしなければ
行けないものなんです。

3.最後になりましたが「ホームページの更新」をかんばります。
 
こんな目標を立てて今年も楽しく過ごして生きたいと思っています。
 
 
今年の冬はまだ、寒くない年末・年始となっていますが、ノロ・ウイルスが大流行しているようで
十分手洗いにうがいをしてお体に気と付けてください。
それでは、また一年間よろしくお願いいたします。
 
 アローバ  MASATO









 
 
 

   <2003年>-----------------------------------

7月8日<この欄を設けて・・・ちょと緊張気味に>

      ホームページのリニューアルを機会に、こんなコーナー「店長のつぶやき」をもうけました。

        「つぶやき」・・・・これには、その日の、あるいは近頃の生活・仕事の中で気になったこと、
メモしてとっておこうと思ったこと、
止まることのないタイヤや車関係の技術の進歩の中できづかされたこと、
などを書き留めておこうというものです。
             
ま、時にはグチも出るでしょう。
それも愛嬌?

そんなことを書き留めているうちに、何かが残り、新しい発見があったり、
それらが財産になったり、などになればと思うところです。
みなさん、よろしく!



店長  MASATO








 
 BRIDGESTONE
ブリヂストンのタイヤ
なら・・・こちらから
YOKOHAMA
ヨコハマのタイヤ
なら・・・こちらから
 
 
DUNLOP
ダンロップのタイヤ
なら・・・こちらから
 
MICHELIN
ミシュランのタイヤ
なら・・・こちらから
 
 
FIRESTONE
ファイアーストーンのタイヤ
なら・・・こちらから
 
 
GOODYEAR
グッドイヤーのタイヤ
ヴェクターシーズンズ
なら・・・こちらから
 
 
四輪アライメント?
そもそもなんだよ、これっ?
効果あるの?
 
産車
アライメント調整費用は
こちらから
 
輸入車
アライメント調整費用は
こちらから
 
 
・・タイヤ情報館・・
タイヤに関する情報満載ですよ~
 
・・アライメント情報館・・
あなたの車と同じのがあるかもね
 
 
・・足回り情報館・・
サス・ショック・車高調はおまかせ!
 
BILSTEIN
ビルシュタインの
ダンパー&車高調キット
 
TEIN=テイン
車高調、特価で発売中
 
欧州車のブレーキダスト
 大評判!スッキリ、解消!
独ATE社のセラミックパッド
 
 
安くて確か!簡単取り付け
「エアモニ」

タイヤ空気圧センサー発売中!
 
アルミホイール修理
ガリキズ・曲がり治りますよ!
3日間から2週間です
 
タイヤの持ち込み
組み替えOK!
新品でも中古でもOK!
タイヤ直送でもOK!