店長の横顔  2012年
タイヤ屋 店長のつぶやき
・・・・・・・・
新しい発見にであい、何かがのこり、何かが育つかも・・・・・MASATO

What's New?

 2012年
・12/30・・・・
去りゆく2012年に未練なし
・12/25・・・・
悩ましいのはお互い様、です・・
・12/15・・・・
役立つ情報とお詫びです・・・
・12/5・・・・
プロクソン製のトルクレンチ
・11/21・・・・
BSフジ、プライムニュースがいい!
・11/16・・・・
中古スタッドレス・アルミセット
・11/2・・・・
BBSのメーカーが倒産する日
・10/17・・・・
クルマの振動、頭が痛い問題
・10/11・・・・
遠くからのご来店、嬉しいです!
・10/5・・・・
黒潮大蛇行、東京に雪が!
 
・9/30・・・・
中国からのアルミ輸入問題
・9/14・・・・
スタッドレス暑い商戦始まる
・9/2・・・・
ビルシュタインのキャンペーン
・8/25・・・・
アライメント調整価格高いですか
・8/18・・・・
夏休み、チョイ田舎暮らし体験
・8/8・・・・
夏休みのお知らせ
・8/6・・・・
ロンドンオリンピックと「左流れ」
・7/19・・・・
世の中、夏バテ中~
・7/7・・・・
新製品「AAA-a」に疑問あり
・6/20・・・・
航空機用タイヤで記念写真
・6/11・・・・
女性ドライバーの悩みに応え
・6/9・・・・
BBQの後始末はきちっとしよう
・5/27・・・・
東京スカイツリーはここで見る
・5/24・・・・
Jimdoって知っていますか?
・5/7・・・・
古いタイヤに「歴史」をみた日
・5/1・・・・
5月と6月はブリヂストン月間
・4/25・・・・
ニュースの解説は面白い?
・4/16・・・・
ミシュラン満足保証キャンペーン
・4/6・・・・
1個80円、美味しいコロッケ
・4/2・・・・
見たことがない冬タイヤ
・3/25・・・・
私は修理したいのだっ!
・3/11・・・・
東日本大震災から1年・・
・3/8・・・・
悩み、なやみの日々です
・3/4・・・・
飛行機用タイヤに出会う
・2/29・・・・
春の珍事?大雪が横浜に
・2/20・・・・
TEINの特価セールが始まった
 
・2/13・・・・
バレンタイン・デーの出来事
・2/10・・・・
今年の雪はこんな状態でした
・1/12・・・・
New エコピアシリーズのサイズ
・1/9・・・・
日産とベンツが手を結ぶ?
・1/6・・・・
営業再開です、今年もよろしく
 

<2012年>



12月30<今日は仕事納め!2012年は去りゆく・・・・で、2013年は?1月5日から>
 
2012年は・・・・・・・、
とても、・・

みなさまに、・・・
お世話になりました。

・・・・ありがとうございました。

仕事納めに、ウーロン茶で乾杯!

左から 店長masato スタッフの末次君、社長、スタッフの小島さん、専務
カンパ~イ!というのに一人先走っている人もいるが、このアンバランスがアローバ的?


例年の事ながらこの12月、スタッドレスタイヤ交換の時期は、
アライメント調整や足回り交換作業等のご依頼をお断りしてきました。

お問い合わせを頂きました皆様、ご期待に添えず申し訳ありませんでした。

横浜の地域密着型タイヤショップアローバ、
なにせ、小さなタイヤショップ、キャパシティが小さいもので、スタッドレスの時期にはアライメント&足回りと同時にできないのです。

それにしても、皆さまに支えられて今年もここまで来ることができました。


さて、2013年もさらなる向上を目指して頑張ります!
スタッフも一人増えて、ちょっと体力を付けることができました。


そこで、皆さまの
「疑問」・「難問」・「珍問」・「怪問」・「奇問」・「笑問」・「楽問」・「快問」に、一緒に考えながら過ごしたいと思います。


去りゆく2012年に未練はありません。
が、だからといって2013年が期待できるのか、といえばそれも不確か・・・なにせお坊ちゃま安倍政権ですからねぇ~

ま、いいでしょう、小さなタイヤショップ、
ただ、頑張るのみ、ですから。



・・・・と、いうわけで来年もよろしくお願いします。
そうそう、来年、2013年は1月5日(土)からオープンします。

店長 MASATO

アローバの
はコチラから










12月25<スタッドレスタイヤ、この冬、頭を悩ますのは買う側も売る側も同じこと・・・なんです>

雪は降るのか?降らないのか?ハッキリせい!

東北や北陸、日本海側の大雪情報、今年は異常なくらいだという。
だが、関東地方、特に、東京や神奈川は雪の雰囲気がない。

こんな天気図ですから・・


では、
スタッドレスタイヤは買うべきか?買わずに済ませるべきか?

買っても結局使わなかった、必要がなかった・・・誰に文句を言うものじゃないが、愚痴が出る・・・

横浜、非降雪地域に住む我々は、毎度、この時期になると悩む、悩んだところでどうしようもないのだが・・・


お客様の行きつ戻りつの悩み、苛立ち、その深さをいつもいつもこの時期感じざるを得ないのです。
でも、聞いて下さい、売っている我々の側も、悩むのです。


天気予報士じゃないし、確固とした確信がないのに、「降るかもしれないし、・・・ですからね~、もし、万が一降った時にはどうします?」
判断をお客様にお返しするしかない。
お買い上げを勧めていいものか、いやいや、ここは無理強いをしてもいけないし、・・・あぁ~~、降るのか降らないのか、どっちかにしてくれ!


そんな時、こんな質問もされたのです。
「夏タイヤが減ってきている、そんな時、スタッドレスタイヤも買わなきゃイカン、それも使うかどうかわからないのに・・・
横浜でしか車を使わない、でも、たまに雪が降るし、そんな状態の時、なんか良いタイヤはなにのかねぇ~?」

ん~一緒に悩みます。

そんな時、

ヒラメキ!

こんな都合の良いタイヤを見つけました!

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ、「VECTOR=ベクター」です。
「M+S」、つまり、マッド=泥道とスノー=雪道の両方で使えます、というもの。

正式名は、
「VECTOR 4SEASONS」、つまり、4シーズン通して使えるタイヤ、ということです。


青空をバックに、タイヤにたっぷりに雪が残っている・・・なかなか良い写真です。



2012年から2013年にかけて、アローバのひとつの「回答」です。
いかがです?
お悩み中のみなさん!
横浜のみなさん!

一度お試しアレ!
 オールシーズンタイヤ ベクター フォーシーズン タ イ ヤ 価 格 表
↑、クリックを!



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









12月15<遠くにお出かけ時には欠かせないユキ情報、コレは役に立ちそうです>
 
最近、こんな情報サイトを見つけました。



今年の冬は、早々と寒ーい冬が訪れました。
横浜でも、例年になく寒さが身にしみる日が続いています。
北海道、東北地方の連日大雪情報は、あっけに取られてしまいます。
早くも、「雪はもう、十分です」と言う声が聞こえてきます(>_<)


暖冬でも時々、所々でドカ雪が降るようです。
気まぐれな自然に、人は今年も振り回されそうです。

そんな時役立つでしょうか、この「ユキ情報センター」



これからのウインターシーズンの情報収集に、結構役に立つ!?
場所によっては、カメラが壊れていたりするところもあるようですが、リアルタイム映像は凄く便利でついつい見てしまいます。


そんな寒ーい冬です。
アローバ店内もスタッドレスタイヤ交換で連日忙しくしています。


そして、例年同様お詫びのご報告です。
この時期は、スタッドレスタイヤ交換を優先しています。
そのため足回り交換作業やアライメント調整作業は来年、2013年でお願いしています。
大変申し訳ございません。

足回り交換やアライメント調整などご希望の方は年明けの作業となりますのでもうしばらくお待ち下さい。

店長 MASATO

アローバの
はコチラから









12月5<ホイール装着時のナット・ボルト締め具合=トルクを均一にするために>

 
12月の声を聞いたとたんに、”暖かい冬予報”から”冷え込みキビシイ冬”に変わったようです。

雪の情報が突然舞い込むようになってきました。
それとともに、スタッドレスタイヤへの履き替えが増えました、忙しいアローバになってきました。


タイヤ交換作業の最後の、最も重要な作業は?
スタッドレスタイヤを組んだホイールを車に取り付け、ナット(欧州車はボルトで締めるタイプが多い)を締め付ける、作業です。
そして、4本なり5本のナットを均一に、そして確実に締めることです。

そのために、一番最後に「トルクレンチ」といわれる専用工具を使います。


こういう工具ですが、締め付けの具合は車によって違います。
普通、110N・m~150N・m(ニュートン・メーター)、昔風に言えば、11kgf・mですが・・・


このトルクレンチ、時々はその精度をチェックします。
アローバで使っているメーカーは「PROXXON」=プロクソンというドイツ製です。
先日もメーカーに送り、チェックしてもらいましたが、丁寧な結果表と共に手紙が添えられていました。


年末の忙しい時、この工具の狂いがあると心配ですからね。



工具の好きな人達はあっちこっちの工具専門店で見ることができるでしょう。


店長 MASATO

アローバの
はコチラから










11月21日<BSフジ 「プライムニュース」の反町さんと八木アナウンサーのサイン入りポスターが届いた!>

月曜から金曜日までPM8:00~9:55の2時間のニュース番組、
BSフジの「プライムニュース」
http://www.bsfuji.tv/primenews/
を知っていますか?


アローバ専務のお気に入り番組!
2時間 生放送で政治や経済等のテーマをじっくり検討する番組です。

当然のことながら、議題に上がるのは来る「12月16日」衆議院総選挙に関係したことが中心ですが、
とにかく、丁寧に話をし、テーマを突き詰めていく、バカ騒ぎの多い番組の中ではちょっと珍しいニュース番組です。

その中心が反町
理(そりまちおさむ)キャスターで、巨体を折り曲げるようにして斜に構えた姿勢から、上目遣いでゲストに質問をする。
ボワァ~ッとした鷹揚な雰囲気ながら、その口から出てくる辛口質問は、ゲストのごまかしを見逃さない。
そのアンバランスに、気が付くと引き込まれていく・・・




”二時間徹底論議!”そして”問題の解決策を見つけ出し、提言する”
さて、どこまでできているかは見る人の判断にお任せするとして、とにかくNHKにもないユニークな生番組です。


そのポスターがアローバの店内に!
入り口の柱の上に、一枚。
        はたまた、トイレの案内板の横に一枚

A2版の大きな物もありました。

数ヶ月前に、ポスターを貼りませんか!という番組の呼びかけに応えて応募し、趣味的に貼っていたのです。


以前から親しくさせて頂いていたお客様の「Sさん」がパンク修理でご来店、それを見つけたのです!
その「Sさん」、なんと、この番組の関係者だったのです!
「わが番組のポスターがこんなところに!?」


そして翌日には、
二人のサイン入りのポスターが届いたのです!

                                       

この人が反町さん、わかります?
”反町です”このサインにも直情型?の人柄が出ているような???


憎めない顔ですが、時々はこんな鋭い眼光を放ちつつ質問をする、
そして、翻って愛くるしい笑顔も出て、ゲストを煙に巻く・・・
問題の中心を掴もうとする時、右手でその仕草も加わり、演出も頂点に!

その演出は見ていて楽しくなるのデス。
こうやって書いても、ま、一度ご覧あれ!



こんなニュースキャスターは少ないのです。

マジメだが、厳しさだけの、独りよがりの追求の人もいれば、和を重んじ、ゲストのご機嫌を損ねないことに終始し、問題を曖昧にしたままの人もいる、・・・
そんな中、反町理氏は異色な存在。




その横にいる八木さん、いつまでもその美しさは際立ちます。
知的な美人、いいですね~~

店の中が賑わいました!

ちょっとした出来事ですが・・・ 凄く嬉しいことです(*^_^*)

店長 MASATO

アローバのはコチラから










11月16日<中古スタッドレスの掘り出し物!
 ボルボXC70所有の方、BMW X3所有の方、必見!>

寒くなってきました。

冬の準備、スタッドレスタヤの動きが少しずつ出てきています。

そこに、ふたつの中古品が出ました。

ひとつは、ボルボXC70用です。

ボルボXC70中古スタッドレスセット 純正ホイール 
中古ホイール・スタッドレスタイヤ4本セット

タイヤはブリヂストンのスタッドレスタイヤ、
サイズは、215/65R16

XC70純正ホイールです。

一台分で36,750円

ただ、スタッドレスタイヤは交換時期が来ています。
もちろん、ちょっとだけ使おうというのはできそうですが・・・


やっぱり、安心のためには、NEWタイヤに交換がお勧めです。

Newタイヤのオススメ?

今、ブリヂストンの新製品で安いタイヤがあります。
アイスパートナー、

一台分で66,400円となります。

もし、新品タイヤとこちらのセットで購入の方は「95,000円」で販売致します!



もぅひとつは、BMW X3用です。

X3用中古スタッドレスタイヤアルミセット
中古ホイール・スタッドレスタイヤ4本セット

BMW・X3 E83専用

スタッドレスタイヤはブリヂストン、

サイズは、235/55R17です。

一台分52,500円

こちらの、中古スタッドレスセット 今シーズンの雪には持ってこい!
残溝は十分です。
新品タイヤに交換するのはちょっと先でもいいでしょう、そんな掘り出し物です。


詳しくは、店長にお問い合わせください。



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









11月2日<あの「BBS」のワシマイヤー社が倒産!パナソニックが2年連続大幅赤字!あぁ~キビシイ~>

11月1日の朝、突然の、こんなニュースに驚いた。

「ワシマイヤー社(BBSホイールのメーカー)が福井銀行から会社更生法の適用を裁判所に申し立てられた」

BBSホイールメーカーが倒産
クルマ好き、ドレスアップに興味のある方はこの「BBS」マーク見たことありますよね。
そうです。
BBSホイールで知られる、自動車用鍛造ホイール製造メーカーであるワシマイヤー社が・・

「ワシマイヤー更生手続き 北陸で今年最大規模 」(北國新聞)

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20121027301.htm


F1用ホイールも多数生産。“BBS”のワシマイヤー社が会社更生手続き

 福井県福井市にある、自動車用鍛造ホイール製造メーカーであるワシマイヤー社が26日、
福井銀行から会社更生法の適用を申し立てられ、保全管理命令を受けたと発表した。(オートスポーツweb)
[記事全文]

・・・・とにかく、驚きでした!
あの「BBS」ですよ、鍛造で、軽くて、上品で、高級感のある造り。
そして世の中がスポーク系デザインに走っている時も、メッシュデザインにこだわり続けた。
そして、F1をはじめ、レース界にもホイールを供給してきた。

いろんなホイールをみてきたがいつかは「BBS」を履いてみたい、「BBS」の似合う車を買いたい、多くの人達の願望だったかもしれない。

それが、・・・・
”高級志向の時代が終わった”
これが一番に頭に浮かびました! 寂しい・・・ですね。


と、11月1日の「日経新聞」の朝刊を広げるとそこにはこんなニュースが目に飛び込んできた。



ここで気になったのでパナソニックの株価を調べてみた。
こんな具合でした。
5年前と比べると・・・・・

この下がり具合、日本経済を象徴しているようです。

そして、この1週間は?

パナソニックの関係者、この11月1日を忘れることができないでしょう!

さらに、11月1日はとうとう、・・・・ストップ安!でした。










いい話はありません、そんな時代です。
が、ひとつ、こんなに頑張っている話しもありました。


”右肩上がり”の成長など、とうの昔の話になりました。
”低迷”と”没落”が新聞紙上を賑わす、哀しい現実が突きつけられています。

そんな2012年11月1日、その朝でした。



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









10月30日<冬支度、ボチボチいかがですか?>

 
どこかしこ、冬支度のニュースが入ってくるようになってきました。

天気予報では3ヶ月の長期予報と共に、”今年一番の寒さ”の話題も。


週末の東京、最低気温が9℃にまで下がる、という。

札幌は3℃だって、暖冬が言われながらも、やはり冬は寒い、冷え込んでいくようです。

雪は好きだけど、寒いのは苦手(>_<) 、
イヤな冬が確実に近づいてきたようです。


冬、イヤなモノ(いや、面倒なモノかな?)のひとつ、年賀状作りと書きです。

みなさんはいかがですか?
面倒じゃないですか?それとも楽しみ?


富士山麓ではスキー場の、冬支度が始まったようです

                    
富士山周辺では人工雪、そしてスキー場オープンの話題もチラ、チラ・・・・・・・・・・・・・

店の前もすっかり冬支度です。



みなさん、冬支度、ボチボチ計画をたて、準備を怠りたりなきように・・・・


店長 MASATO

アローバの
はコチラから








10月17日<不快な振動にいつまでガマンしているのですか?>

最近、続いているこんな症状、
高速走行、100㎞前後にハンドルが振動、ボディー全体が振動する。

もっと具体的に言うと・・・・・・

「タイヤを交換したら振動するようになった」  ・・・とか

「ホイールを交換したらブレるようになった」   ・・・とか

「安い、アジアンタイヤを付けたらブレて仕方ない」   ・・・とか


「インチアップしたらブルブル振動する」   ・・・とか

「専用スペーサーを装着したハズなのに振動してしまう」   ・・・とか


これらの症状、
高級車とか国産車とか輸入車とか関係なく、その問い合わせ・相談が非常に多く寄せられています。

クルマの振動、ブレで困っている

その原因も様々のようです。

「タイヤの取り付け方に問題があったり?」 
「組み方に問題があったり?」 
「ホイールに問題があったり?」

「バランス調整に問題があったり?」
 「専用と聞かされていたのに、その専用品に問題があったり?」


とにかく、
その症状解決には、一台一台、丁寧に細かく診断していくしか方法はありません。
原因と思われる要因を、ひとつ、ひとつつぶしていく、そして主因を探り当てるしかないようです。


結構、難しいテーマです。

そんな中、こんなことも・・・
安いアジアンタイヤに交換したのはいいが、取り付け店からは「アジアンタイヤはブレますよ?」  ・・・とか
かっこいい大口径ホイールを装着したのはいいが、取り付け店からは「こんなブレ・振動は当たり前?」  ・・・とか

プロである店からそう言われれば、納得できないまま、諦めるかガマンするしかない、そんな例が少なくないようです。
店としても何とかしたい、という気持ちはあるのでしょうが、
結局、お客様に”諦めてもうらう”、”無理やり納得?させる”ということが行われているようです。

結局、最後はお客様が泣く泣く涙をのむことになっている。


クルマの振動、
結論から言えば、考えられる最大の知恵を出しても原因不明!ということもあるのですが、
それでもお客様と店が了解し合うものでなければならないだろうと思います。

クルマの振動の話し、
とにかく、お困りの方、一緒に考えてみませんか?


店長 MASATO

アローバの
はコチラから









10月11日<新潟県や岡山県の遠路から相談と予約に驚いています>
 
先日、
新潟県と岡山県からアライメント調整のご相談、ご予約を頂きました。


驚きました!

アローバがあるのは「神奈川県横浜市」です、
新潟県までは約300km、岡山県にいたっては650kmもあるのです。

実際にアライメント調整をするためには、ご来店頂かなければなりません。
となると、その移動時間は?交通費は?

ちょっと考えても!!

いや~、嬉しいですね~本当に!!
ありがとうございます。


今まで、長野県や愛知県からご来店頂いた事がありますが、今回はその上をいきます。
アローバへお越しのお客様は、東京都や千葉県、埼玉県や静岡県からお越しの方は少なくありません。
高速道路がありますので、案外短時間でご来店いただけるようです。

千葉県などはアクアラインを使えば1時間ほどで店まで来ることも可能のようです。


それもこれもインターネットのおかげですか、ね?

そして考えるに、車の走りの、なかなか解決できない問題(例えば、左流れや不安定な挙動など)は、他人には取るに足りないことに見えても、
当人にとっては、”深刻”な、時間と費用がかかっても”解決”したい重要問題、だということです。

新潟や岡山などの”距離”は、問題が解決できるのであれば、大した問題ではない、ということでしょうか。

そして、このアライメント調整をして問題を真に解決する(つまり、単に測定し、数値を合わせればいい、ということではなく)、
この作業がなかなか難しいこと、ということでしょうか。


ん~~~~っ

プレッシャー?
なんの、なんの、力がみなぎってきます!
そして、責任も感じます。

期待されている!
改めて頑張るぞ~!



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









10月5日<東京に雪が降る、その予想ができる!面白いテーマ>
 
10月3日の「日経新聞」にこんな記事がありました。

「黒潮、東海沖で南に蛇行すると・・・登場で雪降りやすく」
「鹿児島大学など解明  低気圧のコース変化」

東京に雪が降る、その予測がやすくなった
鹿児島大学や北海道大学の研究チームが解明したというこの内容、面白そうです。

1969年から2007年までの「気象データ」を分析、
「黒潮の経路」と「南岸低気圧」のコースなどを調べての結果だという。

簡単に要約すると・・・できるかな?
上の図で、点線で示しているのが通常の黒潮のコース。
これだと、冬、「南岸低気圧」が発生しても東京には雪が降らない!という。

だが、黒い線のような黒潮の「大蛇行」が発生した時(年、期間)に、
「南岸低気圧」が発生すると、約1/3の確率で東京に雪が降る、という・・・


なにが発見か?


黒潮の経路で海面温度の分布が変わる、
当然、その海上の気象条件が変化する、ここまでは今までも知られていたこと。
だが、
今回の研究によって、
「上空を通る低気圧に影響が及び、陸地の天候を特徴付けていることを示した」。
これは初めてのこと!


東京の雪情報がさらに高い確率で予想できる、これはスゴイ!



黒潮とは?
黒潮の蛇行とは?
「大蛇行」とは?

どれくらいの頻度で起こるの?

・・・ということで、「黒潮の大蛇行」について調べてみた。
気象庁発表や人工衛星画像などで見ることができます。

面白そう~~~そうでもない?

気象庁のページでは・・・・
こんな説明図があります。
東京に雪が降るか? 雪情報を調べてみる

黒潮とは

黒潮は、東シナ海を北上して九州と奄美大島の間のトカラ海峡から太平洋に入り、日本の南岸に沿って流れ、房総半島沖を東に流れる海流」
その速さ、秒速2m、という。
時速に換算すると、7.2km/h、人間の小走り程度で流れている。という。
その幅100mに及ぶという。水温22度~26度くらいの巨大な水流=潮の流れ、航海する船舶や業業に大きな影響を及ぼすことは想像できる。

黒潮大蛇行とは

四国・本州南方を流れる黒潮には、大きく分けて2種類の安定した流路のパターンがある、という。
ひとつは紀伊半島・遠州灘沖で南へ大きく蛇行して流れる「大蛇行流路」、・・・上の図の(3)
他方は四国・本州南岸にほぼ沿って流れる「非大蛇行流路」・・・上の図の(1)や(2)

そして、
「黒潮大蛇行が発生すると、蛇行した黒潮と本州南岸の間に下層の冷たい水が湧き上がり、冷水塊が発生します」
・・・この冷水塊が、今回の研究にある”上空にある低気圧に影響を与える”ということだろう。

「大蛇行」が起きる時、その頻度は?
「黒潮がいったん大蛇行流路となると、多くの場合1年以上持続します。1967年以降、黒潮大蛇行は5回発生しています。」
・・・と、大雑把に理解できた。
ナルホド・・・です。


さらに、「大蛇行」がいつ起きたのだろうか???
気象庁のデータにこういうグラフがありました。

上のグラフを見ると、
思い出します・・・1976年から5年くらい、この時期に大雪がありました!
その時、大蛇行があったようです。

最近では2004年から2005年にかけて起こったようだが、それ以降は起こっていない。

次に起こるのは???
「黒潮の大蛇行」、初めて知ったニュース、これからはちょっと気にしておこう。



大蛇行について、こういう情報もありました。

宇宙航空研究開発機構の「宇宙観測研究センター」、
そのHPの「地球が見える」というページにありました。

2005年5月、7年前の記事ですが、そこに
「今年も続く黒潮大蛇行」という内容でした。

そこの衛星写真、
東京に雪が降るか? 雪情報を調べてみる
赤黒い潮の流れが「黒潮」、それが2005年5月に、紀伊半島の東、そのずっと南まで南に大きく「蛇行」しているのがわかる。
赤黒い潮の温度は、22℃くらいから25℃くらいのようだが・・・
大蛇行によって、一時的に17、18℃くらいに海水温度が低くなったブロックができている。

上の写真を簡潔に表現したものだと、


大蛇行の様子が、人工衛星に搭載されたAMSR-E」という「マイクロ波センサー」でとらえられている。
ナルホド、という感じです。



ながながお付き合い下さり、ありがとう!
で、どうしてこんな記事に興味があるの?ですよね。

実は・・・・
雪情報=雪が降るのかどうか、ということは、商売柄”雪が降ればタイヤ屋がもうかる”というテーマなのです。
ですから今回の「日経」の記事は、パッと目に入ったのです。



店長 MASATO

アローバの
はコチラから








9月30日<中国から安いアルミホイールが入荷しづらい・・・>
 
スタッドレスタイヤ、冬の準備が始まったタイヤ屋ですが、
こんな話しが舞い込んできました。

「尖閣諸島問題が、今季 タイヤ業界を震撼させるかもしれない!?」

少々大げさではありますが・・・

でも、案外、起こるかもしれない、そんな気がします。

連日、ニュースで報道されています 「尖閣諸島問題」みなさんご存じですよね。
その相手国の「中国」は、今やアルミホイール生産量 世界で50%あると言われています。

日刊産業新聞によると・・・

2011年10月25日(火)


 2011年の世界の自動車用アルミホイール生産量は2億1660万本(前年比8・3%増)に達する見通しだ。
このうち、中国の生産量が占める割合は50%を上回る可能性が高い。
先進国のホイールメーカーによる中国展開加速と中国メーカーの生産拡大が主因。

 このほど中国・重慶市で開催された「2011中国アルミと輸送フォーラム」で講演した中国の大手ホイールメーカー、
重慶戴そう捷力輪轂制造の李孟徳総経理が明らかにした。
非鉄ニュース一覧


1年前のニュースですが、今はさらに中国依存は進んできただろうと思います。

これからのスタッドレスの時期は、低価格アルミホイールが必要となる時期でもあります。
その大半が中国に生産を依頼しているともなれば、低価格商品が中国からの輸入が困難になる
また税関通過もままならない状況にある? ・・・と言う事なのです(>_<)

中国への輸出品の通関手続きに、この時期特別に厳しい審査が行われている、という。
逆に、中国からのアルミホイールでも対日輸出が制限されるかもしれない。

中国の生産業者も困るのだが、そこは”ガマン比べ”?


輸入業者からの話だと、
すでに輸入された物は問題ないが、今後、冬への入荷がピークにさしかかった時果たしてスムーズに入ってくるのか?
こんな不安がまことしやかに流れている、という。


困った物ですね~~

スタッドレス用のアルミホイールを必要とする人、早めの対策が必要のようです。
ご用心を!



店長 MASATO

アローバの
はコチラから










9月14日<スタッドレス販売の暑い?季節になりました>

 
猛暑が終わりそうもないこの時期に、
激しい争いが始まっている。例年のように・・・

2012年スタッドレス商戦が・・・・・
果たして、この冬、売れるのだろうか?暖冬か冷え込むのか?雪が降るのだろうか??
その見通しがつかめないこの頃、メーカーは頭を悩ます。


さて、すでに始まったスタッドレス商戦、そのひとつ、ミシュランが”キャンペーン”を始めています。



キャンペーン期間(2012年9月1日~12月31日)にスタッドレスタイヤ購入された方から、
抽選で総計1,000名に「5,000円分のクオカード」をプレゼントする、というもの。

9月第一次応募期間、
10月第二次応募期間、
11月第三次応募期間、
12月第四次応募期間、
・・・それぞれの期間250名ずつ、という。

と、するると!
9月に買った方が確率が高い、ということになりそう。

やはり、5,000円は魅力的!

ミシュランは今年新製品を発表した。
「X-ICE XI3」=エックスアイス エックスアイスリー、というもの。
アイス性能をアップ、高速走行での性能アップ、・・・

ミシュランがさらに高見にすすんだ、という感じです。



詳しくは、コチらから→
http://arroba-tire.com/newpage2-sintyakujyoho-2012.html#2012-8-27-xi3-news


この新製品でこの冬に挑戦、ということでしょう。
タイヤメーカーの中で、こんなキャンペーンは初めて!


もう一方の雄、ブリヂストンは”新製品”を投入!

エッ?
と思われる方もおられるでしょう・・
そう、ブリヂストンのHPには載っていないのです。

投入した新製品は、アジアンタイヤなどの安いスタッドレスタイヤに対抗した”新製品”なんです。
良いことか悪いことか、とにかく安けりゃいい、という風潮は哀しいことだが、それに無策でいるわけにはいかない、ということだろう。

ブリヂストン系タイヤショップのみの販売となります。

ブリヂストンの新製品 アイスパートナー
アイスパートナー

”発泡ゴム”を使ったアイスパートナー、最大の特徴は、
安いこと!
それも、
国産タイヤの中ではもっとも安い価格!


で提供できる商品だということ。



ブリヂストンが安いスタッドレスタイヤを、本格的に出してきた、という印象です。

スタッドレスタイヤだからその性能は気になるところ、
性能の詳しい資料はないのですが、分かっている限り、なかなか良いかもしれない、という印象です。

ブリヂストンの最高級品「REVO GZ」や「REVO 2」にはアイス性能や氷上性能では落ちるようだが、
「乗り心地」や「静粛性」は変わらない。


だが、
「転がり抵抗」と「摩耗ライフ」では優れている!という。

ひょっとすると横浜のような”非降雪地域”向きなのかもしれない。


とにかく安い!
というのは魅力。

アジアンタイヤなどのスタッドレスには不安を感じる方には、ブリヂストン製、ということで安心できるかもしれない。
タイヤサイズと価格表は後日紹介します。


・・・ミシュランはクオカードキャンペーン!
ブリヂストンは安い、魅力的な新製品投入、
冬を前に、メーカーの暑い、暑い冬商戦が始まった、という印象です。


詳しくはお問い合わせください。


店長 MASATO

アローバの
はコチラから









9月2日<秋のビルシュタイン・キャンペーン、始まりました>
期間:2012年9月1日~10月31日

 
純正の車高、「タイヤハウスの隙間」が空きすぎてるのが納得できない、とか・・・

家族のためにミニバンを購入したのはいいが、フラフラして車酔いしてしまう、とか・・・

普段は買い物車。でも、たまには一人で「走り」に目覚めてしまう、とか・・・

・・・・・足回りの交換、ショックやサス交換、車高調キットを入れる、には理由はいろいろ。

だが、
理想の、希望の思いを実現するには??

スプリングやショックアブソーバーを出しているメーカーがたくさんある!
その中から自分の希望をかなえてくれるものはどこの製品?
これを見つけ出すのは、至難の業。


ネットでいろんな人の経験を知るのも一つ、
でも、「良い意見と悪い意見」が入り乱れ、迷うばかり、

こんな経験をされた方、少なくないでしょう。


そこで、今回”アローバお薦め”の足回りとして、「Bilstein=ビルシュタイン」を提案しました。



期間は9月1日~10月末までの2ヶ月間、”特価セール”です。
詳しくはコチラから→


なぜ「ビルシュタイン足回り」かと言いますと・・・

「安定性」
 「乗り味」
 「接地感」
 「クイック感」
 「絶妙な下がり具合」
・・・・とにかく、多くの方に納得していただけると思います。


「欧州車は、ワンランク上の走り」
 「ハイブリッドカーは、高級な足回りへ」
 「ミニバンは、どっしりとした安定性」

・・・・・ちょっと嬉しい気分になれます。


Bilstein=ビルシュタインはドイツ生まれ、欧州では有名なメーカーです。
ですから、欧州車がメイン。
でも、国産車にも多くの製品を出しています。
その評判は、やはり、ヨーロピアンテイストで高い物があります。


例えば、
トヨタの「プリウス」
それに、「BSS-kit」(車高調キット)を装着した開発者の「動画」は参考になります。
「動画」はコチラから→



例えば、
ニッサンの「ジューク」
この場合も「BSS-kit」(車高調キット)を装着した場合。
「動画」はコチラから→


こんな機会です、大いにご利用下さい。


店長 MASATO

アローバの
はコチラから









8月25日<アライメント調整の”料金”を考える>

 
お客様から、「アライメント調整」のお電話を頂いたとき・・・

お客様 「アライメント調整料金はいくらですか?」

アローバ 「お車は何でしょう?」
「アライメント調整をするに当たって何か理由は有りますか?」


お客様 「クルマは****    症状は****」

アローバ 「だいたいですが、25,000円ぐらい。 
                 とか 35,000円ぐらい。」



この様な、感じのやり取りが毎回行われます。


そんな中、「ふと・・・」感じたことがあります。

今の時代、インターネットで様々な情報が入手出来ます。
だからこそ、当店へ遠方からご来店頂けたり、相談を受けたり、困惑するほどの症状、クルマが入庫したりとありがたいことです。
インターネットのすばらしさに感謝しているところです。



その反面・・・

値段・料金が優先してしまいがちな場面を多々感じるのも、インターネット社会の現実だと思います。

インターネット上で「アライメント料金が10,000円ポッキリ・・・  20,000円で・・・」と言う価格が存在し、
この様な作業内容と当店のアライメント作業内容が同じ・・・
と思われるのもパソコン画面でしか判断できないもどかしい・・・難しいところがあります。


もちろん、安いに越したことはなく、安く満足した走りが得られれば、それはそれで問題は有りません。

でも、・・・デモ、納得できましたか?

走りの不満が解決できましたか?


アライメント調整を依頼するのは、そのデータが欲しいのではなく、問題の解決が欲しいのです。

そして、費用が発生します。


”安物買いの銭失い”はイヤでしょう?

インターネットで、パソコン画面で”真実”を発見するのは難しい、・・・ものですよね。



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









8月18日<本物の田舎暮らし、束の間の時間でしたが・・・イイ経験でした>

 
嫁の~・・・お袋さんの・・・関係で
今年の夏休みは、家族揃って秋田県仙北市に行ってきました!

まずは、武家屋敷で有名な「角館」に。

いくつかの武家屋敷が歴史的遺産として残してあります。
樹齢100年、200年を越えるような松の木、黒塀でで囲まれた屋敷が続きます。普段は静かな街並みですが、夏は蝉の大合唱!

その一軒、「青柳家」です。


天井の低い屋敷の中、薄暗い中で突然この鎧、驚かされます。

400年前の武家屋敷がそのまま残され今もその子孫が屋敷を住居として使用している!という。
不思議な世界、サムライの亡霊が徘徊するような街並みは、絶対に見る価値あり!



がらりと雰囲気が変わり、日本一深い湖として知られる「田沢湖」。
「辰子像・たつこ像」の前



そして、田舎の夜は、「真っ暗」 
星「☆」観察にはもってこい!


朝は早くから「どじょう」に「おたまじゃくし」取りに夢中(^_^)


こんな真剣な顔、久しぶり?


そして成果はコレ

10cm満たない小さなどじょう、久しぶりにみました。


スーパーではなく畑からもいできた「トウモロコシ」の皮むき。
お手伝いも・・・楽しい!


まだ、ちょっとこわごわですが、横浜のわが家ではけっして見たことのない光景

いつもは、怖がる虫たちも、田舎に来れば大丈夫(^o^)

「田舎暮らし」 「お手伝い」 「虫」 「不便」 「ご近所さん」  「笑い声」・・・・・
たくさん、たくさん感じた夏休みでした。


店長 MASATO

アローバの
はコチラから






>


8月8日<アローバの夏休みのお知らせ>

連日の猛暑、たまらんです!

みなさん、熱中症対策はいかがですか?

さて
、アローバの夏休みは以下の通りです。

8月13日(月)~8月16日(木)



8月17日(金)は通常営業です。

ご不便をおかけしますが、しばらくご理解下さい。



店長 MASATO

アローバの
はコチラから









8月6日<ロンドンオリンピック、真っ盛り!仕事で頭も悩ませつつ・・・猛暑を耐えています>

 
この8月、夏の暑さに加えて、ロンドンオリンピック観戦
疲れも溜まりますよね・・・(>_<) 


その中でも、日本の選手や世界各国の選手の活躍を見て

「凄い」「どうしてあんな事が」「速い」「ガンバレ」「さすが!」感じますよね~

どうして?
同じ人間なのにこんなにも凄いことが出来るのだ?と笑っちゃうぐらいに超人の集まり!


それも、地道な努力が有っての結晶なんでしょうかね(^_^;) 
 不思議な世界でもあります。


そして、日本選手の団体戦、活躍の裏にはやはり、あの震災も力になっていたりするのかな、
何て思ったりします?


8月6日現在 日本 金2個  銀12個  銅13個



さて、話は変わりますが・・・・・

最近、アライメント調整をしていてつくづく感じることがあります。

車の「左流れ」の症状です。
アローバにアライメント調整を依頼されるお客様のクルマや症状は様々。
その中でも、「左流れ」で悩まれている、気になっている方は以前からとても多くいます。


そんな中でどうしても、改善しない?左流れが治らない?事があります。
その原因が何なのか?

「アライメント調整不良」 
「タイヤの不良」
 「足回り・ブッシュの不良」
 「駆動系・ステアリング機構の不良」

「クルマの構造的な不良」


相当んま数で経験をつんできましたが、左流れが何故起きてしまうのか?
ハッキリしないことが山ほどあります?



何度も、基本に立ち返って検討し治すことが多々あります。

何年経っても勉強のつづきです。

面白い、といえばたしかだが、他方で、疲れることも時々・・・・あります。

さあ、夏バテしないでがんばろう!



店長 MASATO

アローバの
はコチラから










7月19日<夏バテですが、それでも夏は楽しい!!>

 
7月18日 関東地方 梅雨明けとなりました。

いよいよ、暑~い「夏」


待ち遠しい「夏」

遊びの「夏」

「夏」はこんなイメージです。

が、猛暑もハンパじゃなく、「夏バテ」も気になっています。
昔は縁のない「夏バテ」でしたが、最近、そんな言葉に親近感を感じるようになってきました。


・・・と、

アローバ店内のポスター達は早くも? 夏バテのご様子・・・



夏バテがうつったのかな?

シャキッとせんかい!
これはちょっとだけ動けば直ります。




が、これらの夏バテは、どうすりゃいい?


”冷やっこい地面がキモチイ~ィ~”




店長 MASATO

アローバのはコチラから









7月7日<低燃費タイヤ、ラベリング制度の最高級タイヤ「AAA-a」のタイヤにどんな意味がある?>

 
転がり抵抗が「AAA」、
ウエット性能が「a」、



つまり、ラベリング制度の最高レベルが相次いで発表された。

6月14日 ブリヂストンは「Ecopia EP001S」を8月1日から発売する、と発表。
すると、
その直後の6月27日、トーヨータイヤが「NANO ENERGY 0」を7月2日から発売する、と続いた。

ともに、「業界初の発表」と宣伝する。
発表はブリヂストンが早かった
、だが、発売日はトーヨーが早くなる
確かにそうだが、この2社の争い、なんだか陳腐!

”1位でなければいけないのですか?”
どこかで聞いたような質問を出したくなる、そんなレベルか?


こんな2社の先陣争い、そしてその製品、
素晴らしいことだ!と手放しで評価していいのだろうか?
ふと考えること、アリ。

ひとつは、タイヤの価格が高いこと、それも相当に、だ。

とにかく、ブリヂストンにしてもトーヨータイヤにしてもセダン用タイヤの中では最高価格のタイヤとなる。

この時期、消費者が求めている一番の希望と、微妙にずれている気がする。
今、市場で求められているタイヤは?
消費者の求めるものは、”
安全性は必要だが、とにかく安いタイヤが欲しい!”ということだ。

そもそも今回発表された「195/65R15」だが、このサイズを履いている車のグレード、価格帯は共通して価格を低く抑えて作られた車ばかり。
車メーカーがいろんな箇所を工夫して、安く、作り上げた車、そんな車に履かせるタイヤとして見合っているのか?

モチロン、雨にも強い方がよい、転がり抵抗が小さい方がよい、だが、高すぎたら手が届かない、というのも現実なのだ。
自分の車に見合ったタイヤを選び、乗り方・使い方にあったタイヤを選ぶ、シビアな選択をする目を持っている。
今回発表された2社のタイヤはその点からして疑問が残る製品のように思うのだが・・・・・。


二つ目には、本当に売ろうという気があるのか、ということ。

今回発表されたのは
2社とも!サイズはひとつだけ、
195/65R15のみ!

安全な低燃費タイヤが時代の求めるタイヤのあり方だ、ということは確か。
「AAA-a」という最高級レベルは嬉しいこと。
CO2排出を減らす、そのためにも意味がある。

だが、この一サイズしか出さない、というのはどうして?
とりあえず、このサイズから、というのであればいい。だが、サイズを拡大していく予定は両社とも発表していない。
その気がない、といってもよいくらいだ。

このタイヤが消費者に受け入れられる、という自信はないということだろう。
というか、最初からこれを低燃費タイヤのフラッグシップ、として展開していこう、というのではなく、ただ、タイヤメーカーの”技術の宣伝”のためにのみ作られたタイヤ、
そんな気がしてならない。


多くの消費者が購入してこそ、こういうタイヤの意味がある、と思うのだが・・・・
眺めているだけ、イヤ、見向きもされないタイヤとしたら・・・お笑いだね。


三つ目、「AAA-a」最高級レベルだが、それはタイヤに求められる性能の一部でしかない、ということ。

ブリヂストンの「Ecopia EP001S」にしても、
トーヨーの「NANO ENERGY 0」にしても、
素晴らしいのは転がり抵抗が小さいこと、とウエット性能が「a」ということでしかない、ということ。

例えば、ブリヂストンを例に取り上げると・・・
(トーヨーはまだ未発表だが、基本的には同じ)

「EP001S」は、ナニが優れている?
「ウエット性能」は確かに「a」、一番良い。

だが、メーカーの性能比較イメージ図をよく見ると、
転がり抵抗の「AAA」は、すでに出されている「PZ-X」や「PZ-XC」と変わらない。
赤丸をつけた”性能”の部分は、他のタイヤと比べて、同等かそれ以下!の性能でしかない。
「直進安定性」は、最下位、
「ドライ総合性能」も、最下位、
「静粛性」も、最下位、
「乗り心地」も、最下位、
「ライフ・耐摩耗性」も、・・・・・


総合的に見たら???疑問だらけのタイヤ、ということにんるのだが。

タイヤを選ぶ時、「ウエット性能」で選ぶ人には嬉しいかも知れない。
が、タイヤ選びの多様化、特に”価格”が重視される昨今、こういうタイヤがどこまで受け入れられるのか?
ちょっと疑問がでてくるのだが・・・


結論からすれば、
大騒ぎする、ものでもないかも。

最高レベルの「AAA-a」、もっと正確に言えば、ウエット性能が「a」だけのタイヤ、という気がするのですが、
みなさん、どう思います?

そもそも、ウエット性能が「b」、「c」、「d」でも安全性にはまったく問題がない!のだから。
「a」じゃなきゃダメなんですか?
「一番」じゃなきゃダメなんですか?



あんた、素直じゃないねぇ~
・・・かもしれないね(
失礼しました



店長 MASATO

アローバのはコチラから













6月20日<このタイヤはナニ用!? 見れば誰もが触れて見たくなる>

 
>アローバの店頭に、どっかりと腰を据えたタイヤ、

「BRIDGESTONE AIRPLANE」=「ブリヂストン 飛行機用」

遠くで見ている分にはそう感じないのですが、近づくとこんなに・・!
タイヤサイズ 47×20.0R22

中型機のタイヤだという。
ブリヂストンの航空機用タイヤについては、コチラから→
http://www.bridgestone.co.jp/business/tire/aircrafttire/technology.html


アローバに寄った際、飛行機用タイヤの中に入っての記念写真。
いかがですか・・・!
安全のため、ヘルメット着用を義務付けています・・・
お子様用のヘルメットも準備しています。




店長 MASATO

アローバのはコチラから










6月11日<ベンツAクラスを運転する女性との往復書簡=メールから>

 
まずは今回の一連の流れから紹介します。


近くのタイヤ専門店に来店したときの話し・・・
前輪タイヤのスリップサインが出ているから高速走行は危ないよ!

でも・・・当店では、輸入車のアライメント調整出来ないのでディーラーをお薦めします!
輸入車はディーラーに行った方が良いと思うけど!


そんな、どこかで聞いたような、聞かないような?
会話から始まった悩み・・・

「メルセデスベンツ Aクラス」

改めて、言われてみれば、高速走行中、何となく左へ流れていくのかな~?
前輪タイヤが危険な状態って、どの程度危険なの~?
結局、いったいいくら金額はかかるモノだろう?
考えれば考えるほど悩むばかり。

そうして、「インターネット検索」

今回の突然の悩み?トラブル?で改めて知ったクルマの知識。
ローテーションやアライメント、はたまた自分の車のタイヤサイズ!
考えて見たら様々な専門用語が飛び交う、複雑きわまりない世界(>_<)

???????????????????

今回、ご来店頂きましたお客様は「女性!」


普段、運転している愛車は「メルセデス・ベンツ Aクラス」 愛称「ひめちゃん」

ペーパードライバー歴が長く、運転にはあまり自信がない・・・
去年、中古車を購入してすぐに震災が起き、いろんな「不安や苦労」・「笑いと喜び」を共にしてきた
愛車「ひめちゃん」。今、すごく愛着を感じているところ(^_^)


でも・・・

近場のタイヤ専門店で言われたタイヤの異常な摩耗。そして、クルマの状態。
思い起こせば、左前タイヤ付近を段差に落とした事が2度ほどあった記憶が・・・


でも・・・


それほど、強い衝撃ではなかったと思うし、おかしい症状と言っても・・・・?
それを改善するためには 「誰に?」 「どこで?」 「どのように?」 「金額は?」
「?」続きの疑問ばかり。

そもそも「ホントに異常、問題があるの?」


そんなこんなで、見つけた「アローバ」
ココなら、もしかして相談に乗ってくれるかも・・・?
と不安いっぱいの中メールで相談。


相談すること数回・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、
アローバで作業が終了しました。

その後の感想を頂きました。
そして、ひやむぎにお菓子も頂戴しました!

ありがとうございます。

アローバ
ひろし様
まさと店長

こんにちは。昨日のお昼から、ひろしくんには長~い時間をかけて再作業していただきました。
申し訳ない気持ちでときどき窓から見ながら、本を読ませてもらっておりました。

試乗のとき、交差点を曲がれないとかおかしなことを言ってすみませんー。
「はい?(^_^;)」という感じでしたね…。


M市では、後ろに車がいなければ普通にやっていますが3車線に分かれていたら、右端の「右折」ラインじゃなくて、
真ん中の「直進」ラインから余裕をもって曲がれることが多いので、止まってハンドルを切り返す必要が完全にないんです。
そういう経験しかないので、昨日もS市から来て対向にお店があるので、「どうしよっ!渡れない!」と焦っていました。
隣にも後ろにも車がいるし、なんかそういう状態がプレッシャーです。

もし1回で回れなかったらクラクションを鳴らされるし、しょうがないので普通に右折して、車がない道に入って切り返して
戻ってくるといいう方法をとりました(^_^;)。
こういうのは、やってみて慣れていくしかないですかね。

昨日の夜に、また関越道を超えたので、報告します。
なんと、まっすぐに走行できました!(拍手)
110キロ、120キロと出しても大丈夫。
もう全然問題ないです。

がらがらの関越道を走るのが大好きなので
(止まる必要も曲がる必要もないし、オレンジのライトの中をまっすぐに走るのがすごく気持ちがいいです)

ストレスから解放されてうれしかったです。ローテーションも頭に入れて、ちゃんとやります。

突然始まった、悩み苦悩が解決出来たことは喜ばしい限りです。
まずは、走行状態が良くなりホットしました!

でも・・・
今回は、新たな課題、宿題を頂きました。
ここからが、本題です!

お客様から頂いたメール文の続き・・・

今回ふりかえるに、ローテーションのこともアライメントのことも、女性の友人はほとんど知りませんでした。
M市の友人もです。教えてくれたのは男性でした。
結果として女性には「発想が男性的だねー。女性は普通、やらないよねー。レーサーみたい!」と言われて…
ほんとうにみんなどうするの?って聞いたら、ディーラーに持っていくとか、だめだったら下取りか廃車で買い替える、

という感じでとってもシンプル!でした。

ですので、ホームページで女性向けにもいろいろ書いて啓発してほしいです>まさと店長

今後ともよろしくお願いいたします。
「A」


そうですよね~
愛車に愛着はあるけど、運転には自信がない・・・
愛着はあるけど、クルマのことはまったく知らない・・・
愛着はあるけど、クルマのトラブル?そんな事考えたこと無い・・・

コレが、一般的な女性ドライバーですね~

女性がクルマの運転は出来ても、クルマはまだまだ男のモノ?接客対応するのも男的な考え?
まったくクルマのことを知らない女性に耳を傾ける難しさ、改めて考えさせられた気がします。
女性を大事に出来るお店は男性にも優しい・・・のかもしれません!?

んぅ~難しい・・・女性・・・


店長 MASATO

アローバの
はコチラから










6月9日<やっぱり。カラスには勝てません!後片付けはしっかりするしかない・・・>

 
今さら、なんですが・・・・

とにかく、細心の注意を!キチッとした後片付けしか方法がない、ということでしょう・・・・ネ。
ア、   ァ、  あ~ぁ~

食い散らかされてしまいました!

先日の休みの日、わが家の小さな庭で、初めてのバーベキューBBQを楽しんだのです。
ご近所も一緒でした。
もちろん、その後は綺麗に後片付けをしました。


夜の9時頃に小雨が降り出し、BBQセットはそのままに・・・でも、食い残しやゴミなどは段ボールに、

ですが、朝起きてみると、このありさま!!!

段ボールに入れていたはずのゴミ、たぶん、ふたがキチッとしていなかったのでしょう、
その中の物をすべて外に引っ張り出し、そして、食い散らかしていきました。

それにしても見事!
きれいな砂利で敷き詰められた庭が台無しになりました~~あぁ~

みなさんもご用心、という話。



店長 MASATO

アローバのはコチラから










5月27日<話題のスカイツリー、見に行きましたか?こんな贅沢な見方もありました>


今、東京を賑わしている話題と言えば、
世界一の電波塔 「東京スカイツリー」でしょうか。
http://www.tokyo-skytree.jp/

オープン前から報道が過熱気味。
オープン当日の5月22日、22万人が訪れたようです。
残念ながら曇りで見晴らしは今ひとつだったようですが・・・

5月26日、27日の週末は好天気、東京一円が見渡せるくらいカラリと晴れました。
たくさんの人がナットク!でしょう。


7月までは予約制、仕方ないから、と遠くから見るだけ。

そんな時、高台にあるわが家からの一望は格別です。
(第三京浜の「港北IC」の近くが見えます)
スカイツリーと東京タワーが同時に見えるわが家です
左の奥に見えるのが333mの東京タワー、その右が634mの東京スカイツリーです。

本来近くに見えるべき東京タワーが遠くに見える、錯覚ですが、塔の高さが半分くらいですからこうなるのですね。


「東京タワー」と「東京スカイツリー」のコラボレーション、けっこう気に入っています。
仕事終わりの夜、眺める景色。なかなかのモノです。

今回は、ちょっと・・・かなりの自慢話しでした・・・


でも・・・・
それにしても高圧線と鉄塔の多さには驚き!
もし、こういう物がなくなれば、光景は激変、見事になるのでしょう。



店長 MASATO

アローバのはコチラから









5月24日<アローバのホームページが紹介されました、嬉しいことですね~>
 
今や、パソコンは家庭に一台・二台は当たり前、

・・・です?
そうでもないよ、と言われるかもしれませんけどね。


仕事・営業職・就活・アルバイト、はたまた料理レシピに子供の宿題とパソコンやスマホは、欠かせない存在。
いまや”普通の”家電製品のようです。


でも、よくよく考えて見て下さい・・・

我々アラサーやアラフォー時代のみならず、「パソコン」ごくごく最近の話し、
パソコンを使いこなす・・
メールやインターネットで情報収集やお買い物ならまだしも、
「Word」や「Excel」、「Photoshop」に「Adobe」何が何だか分からない・・アプリの山、これを理解できて、使いこなせるならいいのだけど。

コレらが使えて初めて、「パソコンを習得した!」と言えるような気がします。
そんな中・・・


「もし、パソコンが苦手な人が利益を出さなきゃいけない ホームページを作ることになったら」
jimbo ホームページ作成のアドバイス

こんな本が出版されたのです。

この見出しからして、
jimbo ホームページ作成のアドバイス
(キーボードの手が震えている!!冷や汗まで!  こんな経験ある?)

「上司命令、中堅社員の苦悩」だったり、「倒産寸前? 零細企業の苦悩」だったり・・・・
様々な、人生模様が想像出来ないですか・・・?

それにしてもこの「タイトル」、本のタイトルにしては長すぎないですか?
これ、流行でしょうか?


さて、この本の著者は河村卓司さん、
たまたま、アローバのお客様でした。

「いま、編集しているホームページに関する本に、アローバのHPをひとつの例として紹介、掲載させてもらえませんか?」
と問い合わせがあったのです。
もちろん、二つ返事でOK!


・・・ということでこの本にアローバの紹介ページができました!
これです。


さて、さて、この長いタイトルの本、内容は?
「知識ゼロでも大丈夫! ・・・知識がない、時間がない、お金がない。3ない。
それでも最短で利益を出すホームページを作らなきゃならないとき、どうしますか?
・・・利益を出す方法」
そのための、ホームページ作りのノウハウが書かれています。


が、ちょっと入り口が違う!
ホームページ作りのためのソフトは、普通は「ホームページビルダー」というのが普通。
アローバもこれで作成しています。

が、河村さんが提案しているのは、Googleの提唱する「Jimdo=ジンドゥ」というもの。
無料で始められる、
カンタンであること、
そして、クラウド型、つまり、PCに高価なソフトを購入する必要もなく、どこでも作成、編集できる、
そんな優れもののソフト、というわけです。


カンタン!とはいいつつも、やはり、そこは甘くない、ようです。
とにかく、ゼロからしがみついて、試行錯誤でやってみるしかない、・・ようですよ。

でも、個人的にはクラウド型、というのが魅力です。
このソフトにもちょっと挑戦してみようか、と思っているところです。

Jimdo=ジンドゥ、
初めて聞いた名前、ソフトでした。

せっかくなら、
「Jimdo=ジンドゥが使えるかい?」
「Jimdo知らずして、HPを語るな!」
「Jimdo、空を飛ぶ!」
・・・など、ちょっと不思議な気にさせるタイトルでも付けたら良かったですね。


”オイ、Jimdoって知っているかい?”
と話題になるくらい広がっていくといいね。



店長 MASATO

アローバのはコチラから








5月7日<処分される古いタイヤとホイールに「歴史」を感じたのです・・・・>

連休明けの5月8日、

「店長!タイヤとホイール処分してもらいたい物があるんですけど・・・今持っていてもいい?」
おなじみさんからの電話。
もちろん、OK! 即答です。


で、すぐに持ち込まれたタイヤとホイールがコレ!



いっぱいありますね~て、そのタイヤをのぞいてみると!

過去に乗っていたポルシェ用ホイールに組まれていた「ピレリー P6」
あった~!あった~!
この当時、ピレリー神話を築いた?とも言える「ピレリーP6」




ブリヂストンの過去のブランド「EAGAR・331」

 ん? 見たことないタイヤ。
タイヤ製造年月をみると「106」おそらく1986年製造品。
アローバがオープンしたのが1990年だから・・・その前と言うことは・・・

私が16歳の時に作られていたタイヤ!?
そんなタイヤがあったとは知らなかった????


続いては、見つけたのは「GRAND PRIX」

「グランプリ」と言えば、ヨコハマタイヤの一時代を制したブランド!
でも、このパターンは見たことがないな~

これは分かる、知っている!
「GRAND PRIX M3」

ゼロヨン、ドリフトなどいわゆる、走り屋の時代を代表するようなヨコハマの「M3」
レーサー・土屋圭一氏とタッグを組んで売り出した商品は、さすがのブリヂストンでもその人気には勝てなかった!


今度はホイール

「スーパーボルク」
かれこれ20年以上前から、アルミホイール業界の先頭を行く「レイズ社」のもの。
随所に、当時の先進的なデザインと工夫が行われている。

エアーバルブをこういう処に作る、というのもめずらしいものだった。


そして、極めつけは・・

スポークが空洞となっており、軽量化を考えたデザイン!凄いとしか言いようがない!
やはり、今の時代にも生き残っているのには、キチンとした理由があるのかもしれません。

タイヤの偏平が「70」や「80」がメインだった時代。
まだ、「65」という半端な扁平率のタイヤが出ていなかった。
「205/60R15」はスポーツタイヤ!コーナリングがよかったタイヤだった!

タイヤの形ってほとんど変わっていない・・・? 
それでも進化している・・・?  はず・・・

「歴史」の勉強をしました。



店長 MASATO

アローバのはコチラから










5月1日<5月と6月は、勝手にブリヂストン月間、ということにしてみました>

5月といえば・・・やはり。新緑が目にまぶしい!

6月といえば・・・やはり、梅雨の季節!

だから・・
ブリヂストンの月間にふさわしいのです。

エッ?

イメージですよ、イメージ。

新緑=明るいグリーン、これは低燃費タイヤ=エコタイヤの”色”なんです。
例えば、・・・

ecopia PZX エコピア低燃費タイヤ 燃費が良くなる
ecopia PZXC  エコピア低燃費タイヤ 燃費が良くなる
ecopia PRV  エコピア低燃費タイヤ 燃費が良くなる
新緑の季節にふさわしい色です。

こじつければ、5月はブリヂストンカラーの季節かも?

そして、6月の梅雨、雨の多い季節ですが・・雨になれば交通事故が急増します。
そこで、雨の日にも安心できるタイヤが欲しい、
・・となれば、やはり、ブリヂストンでしょう!

例えば・・・


ブリヂストンの「ecopia=エコピア」シリーズは、ウエット性能を大事にしています!

雨に強いタイヤこそ、この時期のニーズでしょう。

・・・というわけで「5月・6月はブリヂストン月間」にふさわしい?ということです。

そこで、ブリヂストンキャンペーンを始めました。

詳しくは↑をクリック


”タイヤ交換するならブリヂストン・エコピア”
お薦めです。



店長 MASATO

アローバのはコチラから






 


4月25日<タイヤに関するニュース、こうして”解説”されると面白くなる??>

タイヤに関するニュース、

これは、わが国にあるたくさんある”業界”=タイヤ業界はその一つに過ぎないのだが・・・、の
それもそこで働く多くの人々=ひょっとすると関連業界の人間をいれると百万人になるかも・・・の中の、
ごくごく一部の人間にしか興味のない”話題”

日々、世間のたくさんの話題の中、こんなことなど”ニュース”でもない、知らなきゃ知らないですむ話題、ですが・・・

和食のコースには”箸休め”なる口直しのための小さな料理・惣菜がある。
気分転換にもなる?

そう、そのニュースの中の”箸休め”みたいなものですが、こうして”解説”すると面白いですよ、という話。


先日、ブリヂストンのホームページで、この様な記事を見つけましたので、まずはお読み下さい!

2012年4月13日、<ブリヂストン アメリカス・インク>(BSのアメリカ子会社)の発表。

4月11日、オハイオ州アクロンに建設していた「技術センター新社屋」の開所式が行われた、という。
建設費用約1億USドルをかけて作られた450名の技術者を要する新技術センターは、
「新たな研究環境を活用することで、革新的かつ先進的なタイヤ技術の開発を更に進める」という・・・

「アクロンは、1世紀以上にわたり当社研究の中心地であり、・・・歴史を誇りにしつつ、未来を見据えた
われわれの次のステージは、この新しい技術センターで始まっていく・・・」


これがどうしたの?
・・・ですよ、ねっ
?


何だか難しくもあり、わかったような?いやわからない・・・ような・・・?

こんなニュース、BSの社内でも「あっ、そう・・」で片付けられる、ことになっているかもしれない。。

でも、アローバは物好きです。

このニュースに??がわいてきたのです。

先ずは、「アクロン」などというまったく耳にしたことがない地名でした。

そして、重大なニュースらしいのに、あまりに”短いニュース”というのも不思議。

そこで、アローバ流の”解説”を、勝手にやってみました!
まっ、ご覧あれ!
http://arroba-tire.com/newpage2-sintyakujyoho-2012.html#2012-4-17-ohio-akron


知らなきゃ知らないですむ。
でも知れば面白くなる、BS「社長」の心内がすこしはのぞけたような気になる?

自己満足な”解説”も、生きて行く上での”箸休め”かもね。



店長 MASATO

アローバのはコチラから









4月16日<自信があるから、というミシュランのキャンペーン、刺激的です。が、・・・>

タイヤ業界では初の試みです。

大胆な、誰もがエッ!と驚く提案、キャンペーンです。

ミシュラン 満足保証キャンペーン


こんな大胆な、ホントにいいの?という提案です。

要するに、
以下の2種類のタイヤを買って、気に入らなければ”返金”してくれるのです。



いくら自信があるから、とはいえホントにいいの?と思い、
買ったお客様が喜ぶよね~、と感嘆し、
で、どうやってそれをやるの?

・・・などなど驚き、疑問がありながらも、これは面白い提案だと思ったのです。

が、結構、手続きは面倒そう。
先ずは、申し込みをしなければいけない。
60日間に結論を出さなければいけない。
そして、返金を受けるにはアンケートに答えなければいけない。

そして、そして、返金を受けるためには別のメーカーのタイヤを選び、お金を出して買わなければいけない。
つまり、2台分のタイヤ代をとりあえず支払わなければいけない・・・

なんだかんだ、面倒な決まりがあるようです。


お客様の実際の反応は?
本当に、素晴らしい思いつきなのか、それとも机上の空論か?

ミシュランを買われた数人のお客様に提案をしてみました。
きっと喜ぶだろう、と。


が、皆、「いいです、必要ないです!」と素っ気ない。
エッツ?

理由はカンタン!


 
アローバでミシュランを買われる方は、皆、ミシュランの良さを理解し、それを履いてみたいから”買う”のであって、
キャンペーンにつられてその場で”衝動買い”をする人はいなかった、というのが実際。


ご来店後、どのメーカーのタイヤにしようか?
BSがいいか?ダンロップ、いやヨコハマかな?   それともピレリにしようか・・・
こんな迷い、みなさんあまりしないようでした。

もちろん、予算があるから松にするか竹にするか、はたまた梅で行くか、などの迷いはありますが・・・

だから、納得できなければ返金します・・・ということ、あまり効果がない、そんな気がするのです。

ミシュランを選ぶ人は、それなりに”事前の下調べ”をして買う、という傾向がありました。
つまり、こんなキャンペーンでミシュランに引きつけよう、という手段は意味がなさそう、という感じです。

今回のキャンペーン空回りに終わるかも。
なかなかいい提案だ、と思いましたが、実際はそうでもない、という感じです。
まだ、始まって半月ばかり、9月末までは長いですから、どうかわるかわかりません。

それよりも、ミシュランの誇りに傷が付く結果にもなりかねない?
売り上げ低迷を打開する苦肉の策?と受け取られかねないのでは・・・

みなさん、どう思います?



店長 MASATO

アローバのはコチラから










4月6日<あざみ野”長野屋”の80円コロッケ、良心的価格、納得の味>


ほっとけば、皿まで食いちぎってしまいそうな勢い、
わが末娘です・・・・
長野屋のコロッケの話
よほどお腹がすいていた?
かぶりつきたくなる美味しいコロッケ、の話。

もう一枚、

のんびり屋の次男、よそ見しているうちちに妹はこんな具合。

コロッケがメインのわが家の夕食。
この献立は昼間、店でのなにげない話で決定したのです。


・・・と、いうのも、この日タイヤ交換に来店したY君。
6、7年前までアローバで働いていたのですが、その彼は親の仕事「町の肉屋さん」の跡継ぎになって頑張っていた。

タイヤ交換後の雑談の中で、出てきた話。

「肉屋は肉だけでなくコロッケを作って売る、というのが定番のようだが、Y君ところもかい?」

「そうです、肉屋はコロッケなどを作らないとやっていけないんですよ」

「ドウシテ?」

「肉屋は用途に応じていろんな切り方をし、肉を売るが、枝肉やスジ、肉の切れっ端がたくさん出る。
脂身も出てくる。そいうものを捨てず、有効に活かしてようやく商売が続けていけるんです。
それがコロッケやメンチカツなどの加工されて・・・云々」

「ナルホド・・・、ナットク!」

「そうか、そうなのか、ところで、Y君ところのコロッケ、美味いのかい?」

「自慢じゃないが、うちで作っているコロッケ、たぶん、あのあたりでは一番美味いんじゃないかな~」

・・・という話をしているうちに、どうしようもなくコロッケが食べたくなった!
ガマンできない!


よし、あとで買いに行こう、出来たてを食べてみたい、・・・ということで夕食にはコロッケ、となったのです。

そこで、彼の店、「長野屋」に買いに行ったのでした。

あざみ野の長野屋 肉やコロッケはおまかせ
「肉の長野屋」
横浜市青葉区あざみ野 2-32-17
TEL 045-902-1363

←地図はコチラ


場所は、あざみ野駅から徒歩10分、閑静な住宅地の中にありました。
「長野屋」・・この屋号、お父さんが長野出身、ということで付けたという。

行くと、Y君とお父さんが店で待っていてくれた。

「うちで扱う牛肉は、A-5級の肉ばかり、つまり、けっこう良い和牛を使っている」

なるほど、陳列ケースに並んだ肉、なんだか彩りが良い。
オススメの肉は牛肉なら、豚肉なら、鶏肉なら・・・商売上手に話が弾んでいく。

で、肝心のコロッケは?
ここでした。


こんな総菜をみていると、ついつい他の物も買ってしまうもの、買ってしまいました!
夕方だからどうしても目が飢えてくるんですよね。

1個80円
良心的な値段でした。


衣はパリッとしている、というかカリカリとちょっと硬めなくらい。
中身はしっかりとして食感たっぷり、
ミンチとジャガイモと混ぜあわされた味は、あっさり味。

出来たてを食べた店のHIROSHI君、東急のコロッケはよく食べるが、それと比べると家庭的な味で、へんなクセがない、という感想。
年寄りの専務達には薄味が嬉しい、という。

あざみ野という土地柄か、こういう味が好まれるのだろう、と勝手に推測。

それにしてもカレーライスとコロッケは話題にのぼると無性に食べたくなる、
その結果、急遽、わが家の夕食はコロッケ。



店長 MASATO

アローバのはコチラから










4月2日<コレ、本物のBLIZZAK=スタッドレスタイヤ?>

タイヤの世界も世界化?している

冬タイヤから夏タイヤへの履き替えの時期です。
冬の道を走ってきたスタッドレスタイヤ、その評価などが聞けて面白い季節ですが、忙しく疲れる時期でもあるのです・・

そういう中、こんなものがありました。


見たことがないパターン、どこのスタッドレスかな?

拡大すると・・・
溝に方向性があり、なんか効きそう!

アジアンタイヤかな?と思って見てみると・・・



BRIDGESTONE製!
名前も「BLIZZAK=ブリザック」なんです、そして「WS70」という名前。


えっ?見たことないぞ!
20年、ブリヂストンタイヤショップをやってきたが、初めて見た。


どこ製? いつの製造?


調べてみました。

日本で作られた”スタッドレスタイヤ”で、アメリカやヨーロッパ向けに輸出されているものでした。
それが円高で安く手に入るようになり、一部、売られ始めている、というわけだ。
ニセモノではない、正真正銘の正規物、でした。

世は、まさに世界化!

で、このタイヤの説明にBRIDGESTONEメーカーが「
YouTube」で紹介しているのです。

以下の動画、ごらんください。

←クリックしてみてください

いかがです?

日本では取り組まれていないのですが、分かりやすいですよね?

こんな動画、「You Tube」日本でもタイヤ説明に取り入れればいいのに!
どうしてやらないのだろうか?
ま、ここのテーマではないのですが、メーカーさん、考えてみて。


ところで、この時期、週末は特に忙しくなります。
早めに電話などで混み具合をご確認ください。



店長 MASATO

アローバのはコチラから








3月25日<それでも私は修理したいのだ!>

 修理がしたいのだっ!

店長とインパクトレンチ

今年の春は、未だ肌寒い日が続く陽気となっていますね。

この時期のタイヤ屋さんと言えば、・・

スタッドレスタイヤから夏タイヤ(普通のタイヤ)への入れ替え作業が忙しい時期でもあります。
ネコの手も借りたい、イヤ、お相撲さんの手が借りたい時期です。


そんな中・・・
久々のぽかぽか陽気の25日(日曜日)。

ここのところ、エアー漏れ気味の「インパクトレンチ」修理をしました。



出来る限り、自分で修理する」がモットーの私。


形ある物、長年使い続けると、あちらこちらガタが来る物です。
また修理すればするほど愛着が自然とわく・・・!?


今の時代、修理するより買った方が安いと言う時代。

でも・・・

私は、修理したいな~

「Made in Japan」だからできることですが・・・



店長 MASATO

アローバのはコチラから








3月11日<未曾有の大震災。何度も、何度も見せつけらrました、あの惨事!今もなお・・>

3月11日、午後2時46分

忘れることはできません。

死者・行方不明者19,009人。

1年後の今でも、復興の途上・・・
その歩みはのろく、悲しみはイヤされること少なく、苦しみが続く。
でも、どんな形でも立ち直るしかない・・・・・

他方で、福島第一原子力発電所の事故(人災)は今も放射能汚染をため、放出し続けている。
30年とも40年ともいわれる解体処理、昔のような姿には2度と戻らない。
人の命とともに、失われた自然は戻らない。

この横浜にいてもあの日のことは昨日のように覚えている。
店は停電、周辺は次第に真っ暗に・・・
通信網は切れたまま、信号機は働かず、道は車で大渋滞・・・
翌日からはGSではガソリンを求めて長い、長い車の列、スーパーでは水が品切れ、米もなくなり・・・・・

この横浜ですらこんな混乱、まして、宮城では、岩手では、福島では・・・想像を絶する出来事が起こっていた。

忘れることはできない。

子供達の命を守るため、目に見えない放射能の脅威との戦い(?)、その不安の日々は1年後の今でも続く・・・・

いつかはきっと立ち直る、その信念だけは失うまい。

遅れに、遅れていた春の到来も少しずつだが目の前で確かめることができた。

梅の開花です。
清々しい香りが漂う。
懐かしさは例年以上だ。



満開の梅は、まだ、アローバ周辺ではありません。
近づいてみたつぼみは確かに膨らんでいました。
明日には、明後日には、間違いなくうちにためたエネルギーを破裂させるだろう。

去年の春のように、
人々に勇気を与えるように・・・・



店長 MASATO

アローバのはコチラから








 


3月8日<アライメントの相談を受けながら・・・一緒に悩む??>
 
最近、感じる・・

言葉の「表現の違い」や難しい「表現方法」・・・・ナンカ難しいテーマ??
ではないんですが・・・


最近、ホント、アライメントの相談が多くなっています。
車種も様々、
悩みも様々、
来られる地域も様々、

・・・で、わたしたちの悩むことのひとつ、それが”理解し合う”ことの難しさです。


悩みになやみ、あっちこっちに相談し、いろいろやってみるが、どうしてもうまくいかない。
すこしは良くなったのだが・・・

いくら説明してもどうしても自分の不満が理解してもらえない・・・



なかなか理解し合えない現実が、ある!
人の感覚の違いからなのか、
売る側・修理する側の立場が強すぎるせいか。



来店されたお客様、一生懸命”説明”される。

「私の車は、真っ直ぐに走るとは思うのですが・・・何かが違う・・・?」

「ハンドルを真っ直ぐにすると、右に流れていく、左に流れていく・・・?」

「ほらっ、ハンドルから手を離すと左へ流れていくでしょう・・・?」

「どう、伝えれば良いのか分からないですが、分かりますか・・・?」

「この走りって、普通かどうかが分からない・・・?」

「アンダーが・・・オーバーが・・・コーナーリングに・・・キュキュッと・・・う゛ぁっと・・・?」

「アライメントかどうか分からないが、いったい金額は・・・?」



どれもこれも、実際の!体感を説明されている。
それなりの数を経験してきたわたしたち、少なからずそれらが理解できる(理解できてきた)と思っています。
でも、・・・でも、本当にそうなのか?と改めて問われると・・・やっぱり、不安があります。

ホントウに、理解できているのか?フマンを共有できているのか?
そして、カイケツできたのか?

これは悩みです。
いつでも、努力しなければならないテーマのように思います。
エイエンの?課題!(おおげさだな~)

形のない感覚を伝えること、です。


”走る”ということを表す

”走る”を伝える、

”走る”をわかってもらう、

・・・カンタンそう、だが、ムズカシイ!

ムズカシイから”悩み”、”面白く””楽しい”・・

これが走り・・・・(^_^;)



店長 MASATO

アローバのはコチラから










3月4日<巨大タイヤに圧倒された!タイヤの世界は広いね~>
 
なにが、どうしてこうなったのか、

店頭にこんなタイヤがデ~ンと居座るようになりました。
ブリヂストン航空機用タイヤ 巨大なタイヤ
店の前に1本あるだけでその大きさが並外れているのがご想像できるでしょう。

もっと近づくと、





左のタイヤが普通のサイズ、真ん中の人物は身長178cm、そして右が航空機用タイヤです。

重さ?
不明!
もちろん、持ち上げることは不可能、転がすのがやっとの重さです。


ブリヂストンの資料によると、
例えば、ボーイング777の場合、機体の重量は340トン、着陸時のスピードは250km/h、離陸時には350km/hを超える

こんな負担に耐えることができるタイヤ、その実力は想像を超える。

世界シェア40%!というブリヂストン、HPで詳しく知ることができる。


↓をクリック


ボーイング787に供給

エアバスA380に供給

ボーイング777には100%供給

ボーイング747に供給

世界の空を飛ぶ飛行機、そこにもブリヂストンが貢献していた。

そんな仕事をしてきたタイヤが、1本、アローバに舞い降りてきた。
説明より一目見て頂ければ、その迫力に圧倒されますよ!



店長 MASATO

アローバのはコチラから











2月29日<閏年に大雪の異変?子供喜び、大人は骨休め・・・?>
 
”うるう年”
言われれば、思い出したように巡ってくる。

オリンピックの年、つまり4年に1度ですからその年が”うるう年”と覚えておけばいい。

閏年とは?
成り立ちは?
どうして、1日長いのか?
そもそも、”うるう”とはどういう意味?・・・
ネットでみると普通に思いつく疑問はみな説明されています。


そうです、ネットというのは便利。
でも、なんでも分かってしまうのも、なんだかつまらない。

神秘な部分が残っていて欲しい、と贅沢を言うのはIT時代のアマノジャク?


ところで、・・・2012年のうるう年の今日、
横浜は雪!雪!雪!(^_^)

本日の予定はすべて、日程変更に・・
アルファードのタイヤ交換、
シボレー・K1500のアライメント、
ダッジ・RAMバンのアライメント、
そして、ボルボのブレーキパッド交換も。

朝9時開店と同時に「日程変更の電話」を頂きました。
ありがとうございます。

天候に左右される仕事ならではの一日となりました。
ちょっと骨休めとなりました
(^_^;)


幼稚園に通っている4歳の娘も今日は、突然の休みとなり、朝から念願の雪遊び。

”パパのクルマ、窓ふきをしてあげる”

”ちょっと悩んで、ナニ作ろう???”          ”そうだ、みんなの雪だるまだっ!”

毎日、何気なく過ごしている合間にこんな突然贈り物は、心の安らぎをもらった気がします

ここでアローバの雪景色のいくつかを!




店長 MASATO

アローバのはコチラから








2月20日<TEIN、その製品の裏には熱い心が渦巻いているようだ・・・>

 
車高調キット、といえばTEIN、
テインの車高調 特価セール
TEINと言えば”車高調キット”の代名詞?

ちょっと高級そうなイメージの製品ですが、その製品の
”特価セール”が始まりました。
2月20日~5月31日の限られた期間です。


ちょっと驚くような価格設定、この機会を逃す手はない!

気になる方、コチラ
のキャンペーンをご覧下さい。

車種別・車高調キットの検索はコチラから→


車高調キットのテイン、その味を改めて思い直してみた。
そして、TEINのHPを開くと、社長の冒頭の挨拶に会社の雰囲気を見ることができました。


”当社は、自動車を愛してやまない多くのユーザーの皆様を対象に、運転することの歓びが感じられる製品を
開発、製造することからスタートしました。
・・・・「安全性」「リーズナブルな価格」「高品質」の3つのキーワードを軸としてさらに深化を極め、一層のご支持が頂ける製品開発”


その話の中で、「
ドライビングプレジャーを創造する総合サスペンションメーカー」というのがありました。
ドライビングプレジャー、いい言葉ですね。
ドライブを楽しむ、走ることを喜ぶ、走りがすき、・・・
最近、どうも失われつつ感情のような気がします。

TEINという会社、その主製品の開発にこんな心が取り込まれている、そんな気がしました。

車高調キットを入れて、かっこつける、
他の車と差を付ける、
運転をし易くする、
どれもそれぞれの思いですが、その根底に”楽しむ”ことがあって欲しい。
TEINとはそういう”楽しむ”人のための製品のように感じました。

みなさん、一緒に車を楽しみませんか?
走りに喜びを感じませんか?

車を、場所を移動させる箱、というのだけでは物足りない気がするのですが・・・・

最後になりましたが、「TEIN」という会社名にちゃんとした?いわれがあったのです。
初めて知りました。

社名の由来 株式会社テイン
私たちは常に最新の技術で最高の製品をリリースしていくという創業当時のポリシーから、
「TE」 CHNICAL 「IN」 NOVATION(テクニカル・イノベーション/技術革新)の最初の2文字を
組み合わせて、『 TEIN 』と命名いたしました。



店長 MASATO

アローバのはコチラから









2月13日<バレンタイン・デーに出来上がったクッキー、誰がたべるの?>

小学五年生にの、長女が今年初めての「バレンタイン・デー」に向けてケーキ作りの練習をしていました。
一ヶ月ほど前から「あ~でもない?」「こ~でもない?」と構想を練ってようやく出来上がった

「第一作目のケーキ」がこちら。


初めてにしては、なかなか雰囲気良く出来上がったような・・・!

で、問題はこのケーキはいったい誰の口に行くのか・・・?

それは、”友チョコ”?だって!

今は、「本命」「義理チョコ」のほかに「友チョコ」と言うモノがあるらしく、
仲の良い「女子」同士で手づくりの持ち合いお菓子作りに奮闘している様だ。

それに、振り回される母親はもちろん・・・「怒り心頭!」の中に、「親心」の葛藤があるようだ?


店長 MASATO

アローバのはコチラから








2月10日<立春も過ぎたのに、この寒さ、この雪はナニ?>

 2月3日の「節分」も終わり、
2月4日の「立春」も過ぎた、

ところが、この寒さはなんだろう?


ラニーニャ現象の結果だ、といわれるものの、理解できないこの冬の寒さ。

そして日本海側は、5年前の一八豪雪(いっぱちごうせつ H18冬の大雪)とならぶ大雪で、住民達のその負担は想像以上のようです。
ヨコハマ7は、乾燥注意報が続く日々、ニュースでみる”大雪情報”もピント来ない。

そんな時、わがアローバの専務が温泉に入りたくて、秋田県の乳頭温泉に行った。
その時に撮った写真がニュースをよ分かりやすくしてくれました。

大雪、ニュースにはでてこない地域でもこんな感じです。


乳頭温泉のひとつ「大釜温泉」は雪にうもれそうでした。温泉はとてもいい!

歩いて3分先の一番人気の「妙乃湯」も雪の中でかすんでいた。

休暇村前のバス停。時々突風で雪が舞う。バスが待ち遠しい

武家屋敷の角館。黒壁と雪に赤色のジャケット女性が似合う

JR角館駅。雪に埋もれた線路、これでも列車は走っている

雪との格闘に明け暮れる地域の人たちに同情しつつも、、観光客は喜んでいた・・・・

これも現実ですかね。

なんだかんだ言っているうちに、春も足音が聞こえそうです。


店長 MASATO

アローバのはコチラから








1月13日<ブリヂストンのNewモデル、ecopia三シリーズのサイズ表>

1月11日に発表されたNew「ecopiaシリーズ」には驚かされた。

まだか、まだか、とメーカーに何度も問い合わせたのですが、”ウワサ”の範囲を越えるものではない話ばかり。

トーヨーも、ダンロップも、ヨコハマも2月から新製品を出す、その発表がされていた。
が、ブリヂストンはただ、ただ、無言のまま。

何をやっているだ?!

疑問を越えて少々落胆、そして苛立ちすら感じていたこの頃でした。

が、1月11日にブリヂストンが発表したものをみて”さすが、ブリヂストン”!
ホッとする気分と、その内容に驚き、食い入るように内容を見ました。

いつの間にか、ちょっと前の苛立ちは消えていました。

95サイズをいっぺんに発表!
これって珍しいのではないかな?

それも転がり抵抗の低減という最大関心事で、
ナント最高レベルの「AAA」が1/3もある!のです。
これほど大規模な、レベルの高いタイヤ発表も珍しい。

そして、残りの62サイズもほとんどが「AA」、これまたびっくり!

詳しい内容は
「新着情報」でとくとご覧頂き、ここでは発表されたサイズ一覧を紹介します。


セダンやクーペの方には
①「ecopia PZ-X」
(43サイズ)


サ イ ズ 転がり抵抗
レベル
ウエット性能
レベル
- 245/40R19 98W XL AA c
- 225/40R19 89W - AA c
- 245/45R19 98W - AAA c
225/45R19 92W - AA c
- 265/35R18 97W XL AA c
- 245/40R18 97W XL AA c
- 235/40R18 95W XL AA c
- 245/45R18 96W - AA c
- 235/45R18 94W - AA c
- 225/45R18 91W - AA c
-- 215/45R18 89W - AA c
235/50R18 97W - AA c
225/50R18 95W - AA c
- 225/55R18 98V -- AAA c
- 255/40R17 98W XL AA c
- 245/45R17 95W - AA c
-- 225/45R17 91W - AA c
-- 215/45R17 87W - AA c
235/50R17 96V - AA c
- 225/50R17 94V - AA c
- 215/50R17 91V - AA c
- 205/50R17 89V - AA c
- 225/55R17 97W - AAA c
- 215/55R17 94V - AA c
- 205/50R16 87V - AA c
- 195/50R16 84V - AA c
225/55R16 95V - AA c
- 215/55R16 93V - AA c
- 205/55R16 91V - AA c
- 195/55R16 87V - AA c
- 225/60R16 98H - AAA c
- 215/60R16 95H - AAA c
- 205/60R16 92H - AAA c
- 195/60R16 89H - AAA c
- 205/65R16 95H - AAA c
- 195/55R15 85V - AA c
-- 195/60R15 88H - AA c
215/65R15 96H -- AAA c
- 205/65R15 94H -- AAA c
- 195/65R15 91H -- AAA c
◇⑦ 195/65R14 89H -- AAA c
- 185/65R14 86H - AA c
- 185/70R14 88H - AA c



軽自動車・コンパクトカーの方に>
②「ecopia PZ-XC」

(26サイズ)
サ イ ズ 転がり抵抗
レベル
ウエット性能
レベル
165/50R16 75V A c
- 185/55R16 83V AA c
185/60R16 86H AA c
- 175/60R16 82H AA c
- 165/50R15 73V A c
- 185/55R15 82V AA c
- 175/55R15 77V AA c
- 165/55R15 75V AA c
- 185/60R15 84H AA c
- 175/60R15 81H AA c
◇③ 185/65R15 88H AAA c
- 175/65R15 84S AA c
165/65R15 81S AA c
- 145/65R15 72S AA c
- 165/55R14 72V AA c
- 155/55R14 69V AA c
175/60R14 79H AA c
165/60R14 75H AA c
175/65R14 82S AA c
165/65R14 79S AA c
◇-- 155/65R14 75S AA c
- 175/70R14 84S AA c
- 165/70R14 81S AA c
- 155/65R13 73S AA c
- 155/80R13 79S AA c
- 145/80R13 75S AA c



RV・ミニバン方に
③「ecopia PRV」

(26サイズ)


サ イ ズ 転がり抵抗
レベル
ウエット性能
レベル
- 225/50R18 95W AA c
- 235/55R18 100V AAA c
225/55R18 98V AAA c
- 215/55R18 95V AAA c
235/60R18 103V AAA c
225/55R17 97W AAA c
215/55R17 94V AA c
205/55R17 91V AA c
225/60R17 99H AAA c
- 215/60R17 96H AAA c
- 205/55R16 91V AA c
- 215/60R16 95H AAA c
205/60R16 92H AAA c
- 195/60R16 89H AAA c
- 215/65R16 98H AAA c
- 205/65R16 95H AAA c
- 195/60R15 88H AA c
215/65R15 96H AAA c
- 205/65R15 94H AAA c
- 195/65R15 91H AAA c
◇⑨ 185/65R15 88H AAA c
- 215/70R15 98H AAA c
- 205/70R15 96H AAA c
- 195/70R15 92H AAA c
◇③ 195/65R14 89H AAA c
- 185/65R14 86H AA c
※③・⑦・⑧・⑨印サイズは、それぞれ3月・7月・8月・9月に発売予定です。
※◇印サイズのラベリングは予定です
>


・・・・以上です。


ところで、価格はどうなるの?
もっともな質問ですね。

近日中に発表します!
お楽しみに!・・・?

お楽しみといえば、Newタイヤの感触です。
われわれ、タイヤ屋は新しいタイヤが発表されると必ず触りたくなる、感触を確かめたくなるのです。
固さ、粘り、肌へのしっとり感???

頬ずりはさすがにしませんが・・・


店長 MASATO

アローバの
はコチラから







1月9日<日産がベンツのエンジンを生産!世界の自動車業界の大変動>
 2012年の1月9日、
まだ、正月ボケが抜けきらない朝、こんなニュースが飛び込んできた。

なんだ?このニュースは!
と、驚いて新聞を読んでみた。

・・・すると、驚くニュースだが、そうか、自動車業界の世界的な大変動がここまで進んできたのか、と納得。

でも、そのスケールの大きさや変化の早さには目を見張る思いだ。

中身を簡単に要約すると・・・・・
米国のテネシー州デカードにある日産の工場で、ベンツCクラス用4気筒エンジンを生産する、同時に、自身の「インフィニティー」などのエンジンとしても利用する。
その生産規模は年間25万基(工場の生産能力は95万基あるという)・・・「基」とはエンジンなどを数えるときの呼び名。

ダイムラーとしては、14年に米国アラバマ州でベンツCクラス用の工場建設を計画。
ベンツ最量産車のCクラスで米国市場への大規模な進出を図る上で、そのエンジン供給に日産との提携をはかったという。

日産にとっても工場の稼働率を高め、同時に4気筒エンジンをインフィニティ用に作ることができる、選択肢が広がる、というメリットがあるようだ。インフィニティ用には6、8気筒エンジンが使われていたが、それが4気筒に拡大でき、他の小型車にも併用できるという。

今回のニュースの前段として・・・・・
2010年の春、ゴーンさん代表の日産・ルノー連合は、ダイムラーと資本・業務提携されており、次世代の環境技術や部品・車台の共通化が進んでいた。その流れがさらに加速された、ということだろう。

背景は、世界の自動車業界の地図が塗り替えられつつある、競争の激化がある。

具体的には、・・・・
世界の自動車販売競争の激化だ。
2009年段階では、世界のトップは、独フォルクスワーゲングループと日本のスズキの連合が、860万台。
第二位が、日本のトヨタ自動車グループが、781万台。
第三位が、日産・ルノー連合+ダイムラーグループが、748万台。
第四位が、米ゼネラル・モーターズ(GM)が、続く・・・


自動車業界は、世界的な経済危機と新興国での新たな自動車供給・需要の変化、さらには、地球環境面からのEV・HVエンジンの開発、・・・
それらの環境変化の中で、急激な”改編”が進んでいる。

今や、一国内での競争から世界規模の、それも相互の連携と対立、複雑な組み合わせが進んでいく時代のようだ。
視野を広げて、流れを見なければ判断ができない時代。

国産車、輸入車の区別に意味がなくなる時代、
アメ車とか欧州車などの分類も近いうちになくなるかも・・・・

そんな時代の幕開けを感じた。

タイヤ業界もこの流れ、渦に巻き込まれている。
時代というブラックホールに巻き込まれ消え失せるのか、それとも、もがきあえぎしながらも顔を水面に出せるのか。

ブリヂストンはどうする?
ダンロップは?
ヨコハマは?
そして、弱小とはいえトーヨータイヤは?

日本はどうする?
どうなる?・・・


店長 MASATO

アローバの
はコチラから







1月6日<2012年、新年から嬉しい差し入れ>

2012年 あけましておめでとうございます

突然ですが、ダイコンです。
2012年幕開け アローバの営業開始

長年お付き合いのあるお客様からの差し入れ・・・
「青々としたダイコンの葉」「土の着いたダイコン」
いかにも、今畑から抜いてきました!と言わんばかりの新鮮なダイコンを頂きました!


見事な張り、逞しい足、じゃない胴、寒風の中で鍛えられて甘みの増したダイコン、
嬉しいですね~~


ダイコンに続いて、次はこんな物も・・・・
ディズニーの2012年カレンダー

アローバの来店は初めて、東京は豊島区から、ベンツのアライメント調整でお越しいただきました御夫婦、
その奥様がナント「東京・ディズニーランド」で働いているとのことで「2012年版・ディズニーカレンダー!」を頂きました。

とても貴重なものを頂きました。

ありがとうございます!

嬉しい2012年の幕開けとなりました。

さあ、今年もがんばるぞ!


店長 MASATO

アローバの
はコチラから



 <2011年の記録はコチラ>

<2010年の記録はコチラ>

<2009年の記録はコチラ>

<2008年の記録はコチラ>

<2007年の記録はコチラ>


   <2003年>-----------------------------------

7月8日<この欄を設けて・・・ちょと緊張気味に>

      ホームページのリニューアルを機会に、こんなコーナー「店長のつぶやき」をもうけました。

        「つぶやき」・・・・これには、その日の、あるいは近頃の生活・仕事の中で気になったこと、
メモしてとっておこうと思ったこと、
止まることのないタイヤや車関係の技術の進歩の中できづかされたこと、
などを書き留めておこうというものです。
             
ま、時にはグチも出るでしょう。
それも愛嬌?

そんなことを書き留めているうちに、何かが残り、新しい発見があったり、
それらが財産になったり、などになればと思うところです。
みなさん、よろしく!



店長 MASATO