横浜・港北ニュータウンのタイヤ専門店 アローバ とは・・・・・

会社・スタッフ&問い合わせ
会 社   
有限会社 アローバ

所在地 〒224-0066 神奈川県横浜市都筑区
          見花山14−7
TEL 045−942−8999
FAX 045−942−9896
取締役代表 兼城 昌弘
店長 兼城 昌人
e-mail
URL
arroba@poppy.ocn.ne.jp
http://arroba-tire.com/
営業時間 平  日 ; 9:00am〜7:30pm
日/祝日 ; 9:00am〜6:30pm
休業日 ; 年中無休(お盆と年始は休業)
営業内容 タイヤ(国産・輸入)販売、ホイール販売・修理 
車検・保険
四輪アライメント、ナビ・オーディオ、オイル交換、
サス・ショック交換
パンク修理、ETC取り付け・セットアップ、板金・修理・相談
中古タイヤ販売(古物商取引認証店
会社沿革 1990年7月;ブリヂストン特約店として発足
         ミシュラン特約店として発展
港北ニュータウン唯一のタイヤ専門店として出発
社員募集 2012年6月現在募集はしていませんが、
コチラを参考にしてください。→
  
代表取締役
    兼城 昌弘


愛車;BMW、余程好きなのか、これまで何台乗り換えてきたのか・・・
趣味;ゴルフ、話が止まりません

店長  兼城 昌人

(”MASATO店長”)

愛車;リーガルワゴン、とにかく古い物が好きなようです
趣味;?子供3人抱えそれどころではない。

スタッフ   末次 宏

(”HIROSHI君”、これが一番馴染みの呼び名です)
愛車;ゲンチャリ
趣味;スポーツ・音楽・映画なんでもござれ・・
スタッフ   小島 茂

(ベテランが”新人”で
加わってくれました。シ
ゲさん、呼びやすいで
すね)
愛車;モビリオ
趣味;ゴルフ一筋、社
長と同じです。

アローバ、こんなところに、こんなもの

そもそも、「アローバ」(Arroba)とはどんな意味?
・・・よく聞かれます。
そういや、そうだ、説明なしには誰も意味が分からない。ヒントはスペイン語!です。

ただ、社長の発想、思いつきの産物です。

今からさかのぼること20年ほど前。アローバが開店する頃の話です。
当時、タイヤ屋の数あれど多くは「○○商会」「○○タイヤ」「○○タイヤ販売店」・・
が普通でした。
が、わが社長、ちょっと”普通”ではなかったのでしょう、「アローバ」と命名したのです。

その「記念碑」みたいなものが下の写真にあるように、店の基礎に埋め込んであります。



アローバ、こんなことを心掛けています
      一、なにはさておき、お客様のご要望をお聞きします
      二、お困り事にできるだけご相談に応じます。人生相談には・・・・?
      三、パンクした、来てくれ!の声に、ご近所であれば駆けつけます
      四、「情熱」「心」「技術」・・・店長の好きな言葉、これを追求します
      五、横浜の、港北ニュータウンの”地元のタイヤ屋さん”をめざします



TEL 045−942−8999

ま、なにかありましたらお気軽にお電話ください。
友達感覚でお電話ください、そのようにお応えします。