横浜のタイヤショップアローバからの提案です


足下が、ホイールあたりが気になる方 ブレーキキャリパーの塗装でちょっとお洒落を!


       
キャリパー塗装などの作業工賃について
赤色は、塗料代込みで---32,400円/1台分
    (ポルシェやベンツなどの一部車種の
「ビッグキャリパー」車などは、6,000円~8,000円の      追加料金が加算されます。)

■ キャリパーの汚れや色落とし作業が必要な場合、---4,320円~8,640円別途必要

■ ステッカー(シール)の貼り付けなど
  ・ステッカー持ち込みでの貼り付け作業の場合は、「作業料金」だけです。
    貼り付け作業料金 4,320円~6,480円/1台分

当店でステッカー(シール)をご希望される方

  ■ ステッカー(シール)の製作・貼り付け費用

          ・製作費用 16,200円/1台分(事前に現車の採寸が必要となります。)
    製作日 
12週間ほど必要

    特殊ロゴに関しては要相談

          ・貼り付け作業料金 4,320円~6,480円/1台分




 会社と地図問い合わせ タイヤに関すること  四輪アライメントのこと  足回り・パーツなど ホイール修理・預かり



2019/2月;AlfaRomeo GTB、色あせ錆びたキャリパー、ここまでなると悲しい・・・ですよね


アルファロメオGTB、ごらんのとおりかっこいい車です。




年式や走行距離などが不明ですが、このキャリパーの状態はちょっとひどいものでした。

【前 輪】                                ・
                     
 
                      
車体の奇麗さと比べてこういう状態のキャリパーは珍しいですね。


【後 輪】                   
後輪は、ごく普通の汚れ、錆びでした。


さて、作業が終わりました。
先ほどの状態から見ると天地の開きがあります。
【前 輪】                               
                           

                                       




【後 輪】                                   
                        
 。
                           




今回の費用などは、・・・・・・

キャリパー塗装(赤)・・・・・・・32,400円
洗浄・塗料はがし作業・・・・・・6,480円
ステッカー製作(前輪)・・・・・12,960円
ステッカー貼り付け作業(前輪)・・・・2,160円

総計・・・54,000円



※当店でステッカーを製作する場合、

まず、寸法やロゴを決めるために、一度ご来店いただきます。
そこで、製作期間を約1~2週間ほど予定していただきます。

ステッカーの完成に合わせて、塗装作業の日程を決めていく、こんな段取りとなります。


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから





















2019/1月;MAZDA・RX-8、青色(ブルーメタリック)系のボディに赤いキャリパーは似合う?

車は、スポーツカーで人気を博してきた「RX-8」


車体の色がブルーメタリック



さて、このキャリパーの塗装ですが、さすがに年季の入った車ですから、キャリパーの状態はくすんだ色になっていました。
                        
 
                              

どうです?
キャリパーのくすんだ色は、ちょっと悲しい。


これを塗装すると・・・・・こうなりました。
                          
 ・ 
                                 

これで足元は気にしなくてよくなりました。

すっきりした、走りが変わりそうな気がしてきませんか?

今回の費用は、
塗装代(赤色)   32,400円



相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから

















2018/12月;Porsche Boxterもキャリパー塗装をしてみました!

今回は、ポルシェ・ボクスターのキャリパー塗装でした。



【前 輪】                                        ・
                      
こうして改めてみると、ポルシェにしては普通のというか、地味目のキャリパーですね。
                       
ポルシェならこうあって欲しい、そんな気がしますね。


【後 輪】                 
                      

                          
写真が今一つでしたが、良い出来栄えでした。


ホイールのスポークから垣間見えるキャリパーを比較してみました。
             
       

今回の費用は、
塗装代(赤色)   32,400円
ステッカー貼り付け  6,480円

総計  38,880円


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから


















2018/11月;スポーツカーのキャリパーは赤色!RX-7/FD3Sにはコレが一番!

RX-7/FD3S、
スポーツカーにはより攻撃的な赤色が似合う。

そう、今回の車はこれです。


キャリパー塗装の料金はいつもの通りです。
赤色塗装代は   32,400円
純正「MAZDA」ロゴ残し作業 4,320円
事前の錆落とし作業  6,480円

費用総計 43,200円


さて、仕上がりはこうなりました。
                           
       
                     


後輪は、
               

                         
相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから

















2018/11月;BMW・135、赤色の塗装と「BMW」ロゴのステッカーを貼りました

今回の車は、BMW・135です。



 

写真の出来栄えが今回ももう一つでした。
ザンネン!

  
今回の費用は、
塗装(赤色)代  36,720円/4輪
ステッカー貼り  6,480円/4輪

総計  43,200円


キャリパーに元々あった「BMW」というだけのロゴはさすがにちょっと寂しい。
そこで、「BMW Performance」にしてみました。
いかがでしょう?


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから
















2018/10月;トヨタ・エスティマ、メッキとブラックのスポークの間から赤色がチラリ!

エスティマ、
そのメッキとブラックのスポークの隙間から、チラッと除く赤いキャリパー、洒落ていません?





【前 輪】                                ・
                          
                           


【後 輪】                                       ・
                                     
                            

国産車の場合、よほど古い車でなければキャリパーの汚れはそれほどではありません。
ですから、事前のキャリパー磨きが少なくて済みます。


費用は、結局、、赤色塗装の費用は簡単に済みました。

今回の費用は、
塗装代は、32,400円、でした。

コレ、安いと思いませんか?


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから



















2018/9月;ヒドイ汚れのキャリパーは入念に事前の掃除が欠かせない! ベンツ・Sクラス/W221

今回のキャリパー塗装の車は、ベンツ・Sクラス(W221)

色は、今回も「赤色」




で、今回のポイントは、キャリパー塗装の前には、事前の準備としてキャリパーの掃除が必要、それも丁寧にやっておくことが大事、という話です。

車は新しいうちは簡単ですが、それなりの年数がたった車の場合は、汚れ、時には錆が出ている場合があるんです。

【前輪の状態】・・・・こんな感じです。汚れが結構ヒドイようです。                                        ・
                      
 ・

掃除をして、塗装したらこうなりました。




【後輪の状態】・・・・こんな感じです。
                                                                    ・
                    
 ・

掃除をして、塗装したらこうなりました。
                  

今回の費用は、
塗装代は、32,400円
事前の汚れ落とし料は、3,240円
ステッカー貼り付け料は、4,320円

合計金額は、39,960円


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから




















2018/9月;HONDA S660、「カーニバルイエロー」の車体に「赤色」キャリパー、目立ちます!

このボディー色、強烈な感じですね。



このスタイルを見ているととても「軽」とは見えません。

スポーツカー、カッコイイ!ですね~

さて、今回のキャリパー塗装は「赤色」です。
それに加えての工夫は、塗装後に貼るロゴ・ステッカーです。

【前 輪】はこんな感じです。                                         

お客様の要望で、貼る場所にちょっとした工夫、オリジナリティを演じました。

キャリパーの形状からして、普通の「HONDA」というロゴを貼ることができません。そこで、こんな「」のロゴです。


後 輪はこんな感じです。                                          


後のキャリパーの形状からして、普通に、貼れました。
ですが、厳密に言うと、このステッカーを貼りやすいように、キャリパーを少し研磨して場所の確保をしてあります。


カーニバルイエローと赤色、そして「HONDA」ロゴ、いかがです?



相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから


















2018/8月;BEMZ・C43 AMG、キャリパー塗装に加えて、「ステッカー」追加に、「ハット部」塗装など・・・


今回は、この車。

ベンツ C43 AMG




作業は、

①純正はシルバー色のキャリパーですが、それを「赤色」に塗装。

②塗装した上に、オリジナルの「AMGステッカー」を貼り付ける

③ブレーキローターの中心部「ベルハット部」を黒色に塗装する

④その塗装したところに「TPI製」スペーサーを装着、タイヤを面一にする

フロントの塗装前はこうでした、・・・・                                                       
                  

                              塗装後はこうなりました。
                            
「AMG」のステッカーも、ロゴをわずかに湾曲させ、純正に近いものにしてみました。

そして、ローターの中心部「ベルハット部」は黒色に塗装。

ベルハット部、この部分です。
ブレーキメーカーの「エンドレス」は青く塗ってある製品もあるようです。


そして、「tpi」製のスペーサーも取り付けました。

                

「tpi」、この製品には確かさがある。ちょとだけタイヤを面一にしたい、もっと外に出してカッコつけをしてみたいと思うならこれは試してみたい。

↓詳細はコチラをクリック。↓



今回は、前輪には「3mm」厚さの物を、後輪には「5mm」厚さの物を。


さて、後輪の塗装前は、こうでした。                                                         
                    


塗装後はこうなりました。                 
                      
コチラでも、「ベルハット部」の塗装とスペーサー取り付けなどの作業が行われています。


装着した後、ホイールのスポークの隙間から今回の工夫が、チラッとみえています。



今回の費用はこうなりました。

・レッド(赤色)キャリパー塗装 32,400円
・ハブ、ディスクローターブラック(黒色) 27,000円
・AMGロゴ制作、ステッカー 16,200円
・スペーサー 3㎜+5㎜ 12,636円
・ホイール取り付けボルト延長 13,824円
・ステッカー貼り付け料 4,320円
     合計金額 106,380円


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから



















2018/8月;LEXUS RC F、赤色塗装に、オリジナルの「F」ロゴステッカーを貼る


今回の車は、LEXUS RCF


元々、キャリパーには車名の「LEXUS」のロゴがついている。



そのキャリパーに赤色の塗装をすると、隠れてしまう。
普通なら、それを「復活」させて同じようなステッカーを作成して貼るのだが、・・・・



今回は、こんな特注のオリジナルステッカーを作ってもらいました。
そのベースはコレです。


こうなりました。




LEXUS RCF、全国に数ある車の中でも、キャリパーの塗装も少なければ、こんな「ロゴ・ステッカー」がついている車はコレ一台かもしれません。

街で見かけたら、あっ、あの車だ!って思っていいでしょう。


今回の費用、
キャリパー塗装代金 32,400円
「F」ステッカー製作費 12,600円
ステッカー貼り別途費用 4,320円

(※このようなステッカー作成ですが、事前にご相談ください)


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから















2018/6月;AUDI A5(新型)、赤色で塗装するが、・・・・どうしても限界が
「鋳物」という素材の性質上、キャリパーの仕上がりは、こうなってしまうのです!

新型のAUDI A5です。

車が新しく、ブレーキ周りはまだまだ奇麗。

そのキャリパー塗装でした。


費用は、いつもの通り、32,400円

                              
                

黄色の矢印は?
わかりますか?キャリパーの表面は「鋳物」で作るために、ざらついているのです。
ブレーキ本体は、ブレーキ時のピストンを作動させるときの大きな力を支えるために重くて、頑強で、高熱でも変化しない作りがされています。


最近では、高級車の一部、最高レベルのスポーツカーなどでは”軽量化”のために、アルミ合金で作られたものがありますが、それはほんの一部。


そこで、塗装をするのですが、どうしてもこうなってしまいます。
                
                             

鋳物のざらつきをできるだけ少なく見せるために、塗料をちょっと厚めに刷毛塗りをしていきます。
すると、ご覧の通りの、ちょっと”奇麗でない”表面になってしまうのです。


仮に、スプレー塗装をすると、下地のざらつきがそのままの状態で出てしまいます、表現されてしまいます。

・・・ということで仕上げの段階では、いくらかの限界が出るのです。
いくら新車、新型車とはいえ
材質が「鋳物」である限り、この問題は残るのです。


さて、ここで世界のトップメーカーのブレーキキャリパーのいくつかを紹介します。
どれもやはり、表面はざらついています。
(・・・と、いうかキャリパーの仕上げをこれ以上に求める要求などない、ということでしょうけど)


ドイツのメーカー「Ate」のものです。





左、これは世界第二位のシェアを誇るボッシュ製です。                     右は、わが日産製のキャリパーです。




シェア第三位、アメリカのTRWオートモーティブ社のものです。(左右とも)




これはアジアの某メーカーのモノです。



・・・・このようなブレーキキャリパーに塗装をする、仕上げにどうしても”限界”があることをご理解ください。


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから





















2018/6月;MercedesBenz C180(W205)、「赤色」+「AMGロゴステッカー貼り付け」



今回の特徴は、「AMGのロゴステッカー」を貼りたい、ということで、塗装前の下処理がポイントとなりました。



車が新しいこともあり、ブレーキキャリパーの汚れが少なかったのです。
それでも、キャリパーに書かれていた「Mercedes-Benz」の文字も消し、磨きました。

そして、以下の通りの塗装+ステッカー貼りとなりました。



リアも同じです。


そして塗装後、ステッカーを貼って、こうなりました。



キャリパー塗装の魅力、ここにアリ!
そうです、ホイールの隙間から顔を出す”赤”が何とも言えないのですよね。
他の車と、さりげない差も・・・・。






今回の費用は、赤色塗装・・・・・32,400円

ステッカー貼り料金・・・・前後で2,160円×2

作業時間・・・・2日間預かりました。



相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから
















2018/6月;JAGUAR F-PACE、「赤色」で塗装しました

車は、新車のJAGUAR F-PACE

塗装色は、赤色。
費用は、刷毛塗りで、32,400円

預かりは、1泊2日です。

こんな具合になりました。

【 前 輪 】


【 後 輪 】







ホイールの隙間がもっと広ければ、目立ったことでしょうね。


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから



















2018/6月;HONDA ステップワゴン、「赤色」で塗装しました

今回の車は、新車のHONDA ステップワゴンです。

キャリパーの塗装は、「赤色」を選択しました。

作業は、1泊2日の預かりです。
費用は、1台分 刷毛塗り塗装で32,400円




こんな具合になりました。

【 前 輪 】



【 後 輪 】




撮影技術の未熟さが露呈していますが、ご理解いただけたでしょうか?

ホイールの間からはこんな具合に見えます。



相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから





















2018/3月;AUDI A6、塗装後の「Audiステッカー」はリアにしか貼れない?

赤色に塗装ができました。

なかなかいい出来栄え。さて、お客様が持ってこられたアウディの「ステッカー」をいざ貼ろうとしたら、・・・・・・

前輪のキャリパーには貼る余地がないことが分かりました!
えっ?


そんな出来事でした。


入庫したA6、その足元は?暗くて・・・わかりません!

前輪のこれがこうなる。

ステッカーを貼れそうですが・・・
実際は、
キャリパーの構造上、貼る余地がありません。
こうなりました。
                                      


では、「後輪」は?
なんだかこれまた場所がなさそう。
でも、あるんです!
                           

さりげなく、といえばそうですが、くっきりと見えます。

汚れが多かったのですが、
             




今回の作業ですが、
塗装代(赤色)32,400円
今回は汚れがひどく、その汚れ落としに3,240円
後輪のステッカー貼り料に2,160円

総計37,800円(現金払い)でした。



相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから















2017/秋の作業、その一部;
LEXUS NX300、BMW 320d、AlfaRomeo Mito、BMW6

秋から年末にかけて、キャリパー塗装の依頼が多くなっていました。
が、少人数のアローバ、対応には限りがあり、十分にはお応えできなかったことを申し訳なく思う次第です。

その中の一部を紹介します。
塗装の色は、やはり「赤色」がほとんどでした。

LEXUS NX300  塗装費用32,400円(税込)+ステッカー貼り付け費用3,240円(税込)

 
 
 


 
BMW 320d (F31)  塗装費用32,400円(税込)+ディスクローター37,800円(税込)


作業前のキャリパーはブレーキダストなどで汚れています。
ディスクローターも汚れ、錆が出ています。

これが、奇麗になるんです。

















こちらも汚れと錆が目立ちます。
 
 
 
 
   
   


 
AlfaRomeo Mito  塗装費用32,400円(税込)+ステッカー貼り付け費用3,240円(税込)


ブレーキ周りのダスト掃除と磨き、この作業が一番大変。
これを丁寧にしておかなければ、あとの作業がうまく進まない。











 

 掃除・磨きの後は、マスキング作業。
これもけっこう面倒。
 
 
「Alfa Romeo」のロゴは格別だね~~


 
PORSCHE 911  塗装費用43,200円(税込) ホイール塗装料86,400円(税込)
 
 
 
   

 ホイールの塗装もバッチリできました。
純正のまま入庫してから、出庫するときは別物のような印象です。



BMW 6シリーズ  塗装費用32,400円(税込)
 
車全体の写真がないので雰囲気が今一つ伝わりませんね。

 

ステッカーが際立ちますね
 


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先
メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから













2016/10/7;赤色の塗装シリーズ・・・まとめて7台
アウディA3 スバルWRX ロータス・エランSE ボルボS40 日産フーガ クラウン・ロイヤル ヴェルファイア

アウディ A3 塗装費用32,400円(税込)
   

スバル WRX S4 塗装費用32,400円(税込) 
 

ロータス エランSE 塗装費用37,800円(税込) 
   

ボルボ S40 AWD 塗装費用32,400円(税込) 
 

日産 フーガ 塗装費用32,400円(税込) 
 

トヨタ クラウン・ロイヤル 塗装費用32,400円(税込) 
   

トヨタ ヴェルファイア 塗装費用32,400円(税込) 
   

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから






















2016/10/7;スバル・インプレッサ、汚れたというより”クモの巣”が張ったキャリパーには笑っちゃいました

 
半年ぶりの「更新」です。


が、作業は途切れることなく続いていたのですが、記録をとること、それをweb上にアップすること、そうです、頭がとぎれとぎれになっていたのでした。(笑)


今回のクルマは、インプレッサ。
インプレッサのキャリパー塗装 赤色に塗装しました


いつものように、見向きもされなかったキャリパーの掃除からです。
キャリパー塗装の前に掃除をします

丁寧に磨き、塗装の準備をし、そして塗装です。

フロントはこんな具合になりました。


で、リアは?
これがお笑いです。


見えます?下の方です。
クモの巣が見えますか?


走行中は、風が吹き抜け、熱をおびて熱くてしかたがなかったはずですが、・・・・
     あまり乗っていなかったのでしょうかね?




外から見るとこうなりました。

純正ホイールのその隙間から、チラッと見える”赤色”が刺激的ですね。

このさりげないこだわりが楽しいことです。

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから


















2015/8/23;スバル XV、タンジェリンオレンジ・パールボディに赤色をやってみた

車は「タンジェリンオレンジ・パール」色のボディの「XV」、

最近、街中でよくみる、目立つクルマです。


スバル XV ブレーキキャリパー塗装

いつものように、
スバル XV キャリパー塗装汚れたキャリパーの掃除から・・・

そして、塗装、でも・・・・
スバル XVのキャリパー塗装写真撮りがいま一つですね!


スバル XVのキャリパー塗装これはリアですが、これも・・・上手くなかった。


大胆なデザインのホイール、その間から・・

このチラッとみえる赤がなんともいえない。



こんな機会に、みなさんもいかが?

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから















2015/6/24;フェアレディZ、「NISSAN」のロゴを残して塗装した

 
車はフェアレディZ Z32、

ブレーキキャリパー塗装の際に、「NISSAN」のロゴを残したい、というお客様の希望にこたえてみました。




ちょっと汚れてしまっていますが、このロゴを大事にしたい、・・・わかりますね。

ホイールの隙間から見えるのです。
「NISSAN」 純正はこんな感じです。印象は、黒地に白抜きです。



まずは、いつの場合にも丁寧に汚れ落とし、磨き作業です。


マスキングをして、塗装開始。



「NISSAN」のロゴも一緒に塗ります。



塗装後時間をおいて、ロゴの上の塗装を(磨き)削り落としていきました。

ご覧のように、「NISSAN」を残すことが出来ました。
黒地の白抜きより目立ちますね。


車に装着すると、こんな感じになります。

                          

今回の作業時間・費用は、一泊二日のお預かり作業で「32,400円」となります。

自然に、視線が下に、ホイールの奥にいくのが不思議です。

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから













2015/2/13;ユーノスロードスター、走りが激しいためか?ディスクローターのサビがひどかった
 
スポーツカー的車は、その走りから仕方がないようだ。
それに、そういう車のホイールはスポーク系デザインのため、ディスクローターがよく見える!?


そこで見たものは、これです。
ブレーキディスクローターのサビをとる デスクローターの塗装このサビが嫌だ! 古臭い(>_<)、というお客さまの声

確かに、車歴と走行距離がそれなり、となればこうなるのは仕方がない。

ブレーキディスクローターのサビをとる デスクローターの塗装

ホイールをはずすとこんな感じです。
ブレーキディスクローターのサビをとる デスクローターの塗装                       
                                      



早速作業です。けっこう、時間がかかります。
この作業、人の性格が出て来ます?
じっくり、丁寧に・・・人それぞれ。でも、しっかり出来ますからご安心を!


サビ落としが終わりました。


そして、塗装です。
キャリパーは赤色、ディスクローターは黒色です。

これで、しばらくは気持ちよいでしょう。


ローターは温められる、と言う程度ではない。真っ赤に焼ける時もあるのですから、大変です。
とくに、この冬の時期は朝が冷え込みますから、温度差が激しくなります。
この塗装も耐熱とはなっていてもやはり限界はあります。

できるだけ長くもつといいですね。




相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから















2014/10/20;スカイラインに「赤色」、どこか似合いそう?

 
車は紺色の、いや濃いブルーの車体です。


結構大きめのキャリパーが装着されている日産スカイライン、
前後とも「NISSN」ロゴが入ってお気に入りのビッグキャリパーですが、年数と共にどうしても薄汚れて来るものです。

リアはフロントに比べると”普通”の大きさ。



気分一新で、「赤色」に、ブレーキキャリパーを塗ってみたい!というお客さまの声。

作業はいつもの通りで、こんな感じになりました。

(フロント)




(リア)





純正ビッグキャリパーの「NISSAN」ロゴは塗装で目立たなくなりました。
ま、これもひとつの趣向、気分転換には面白い判断ですね。

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから


















2014/9/19;キャリパーは「赤色」、ブレーキローターは「黒色」に・・・ニッサンフーガ

 
今回の車はニッサン・フーガ

ニッサン・フーガのキャリパー塗装 ブレーキローターのサビを取り、黒色に


ホイールを外すと、・・・・
キャリパー塗装 caliper painting ローターのさび取り後に塗装キャリパーの汚れと共にローターのサビも目立つ



キャリパーの汚れを落とし、そして、ローターのサビも落とし、塗装に入る。
が、今回はキャリパーの塗装だけでなく、ローターも塗装してみた。


先ずは、「赤色」に塗るために、キャリパー以外をマスキングでカバーする。
いつものようにキャリパー
の磨きは丁寧に・・・・

フロントのローターの縁部分も黒く塗る。


やはり時が経つとキャリパーのサビは目立つもの。
新品時はこうだったのだ・・・きみまろさんじゃないが、「ウン十年前は触れたくなる肌だったのだが・・・・」





これにホイールを付けると、



完成後はこんな感じです。



費用は、いつもの通り、「赤色」の塗装に、32,400円
今回はローターの「黒色」塗装に、12,960円
総計で、45,360円


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから
















2014/5/27;アルファロメオ147、汚れたキャリパーがカッコヨクなりました

 
ちょっと古くなった?
いやいや、あの頃の憧れのスタイルは今もなお新鮮!・・

今回はアルファロメオ147です。
アルファロメオ ブレーキキャリパーの塗装 汚れたキャリパーが一新されました

「147」といえば、このホイール、丸めの窓です。
そういやそれをマネしたホイールがたくさん出来ましたね、覚えていますか?


それなりの年数が経ってしまったのですから、当然ですがブレーキダストがこびりついています。
ブレーキダストの磨き
磨けばこんなにきれいになります。

リアもです。

リアなど新品はこうだったね、と思い出すことができます。


このあとマスキングと塗装です。



そしてホイールを取り付けるとこんな具合です。

五つ窓のホイール、フロントはキャリパーが大きいのでそれなりによく見えるのですが、
          リアはなんだかよく見えませんね。
でも、このチラッ、というのがいいのですかね。



ボディが赤ですから似合いますね。
これで、洗車後にも納得できることでしょう。

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから












 


2014/5/26;New ハリアーのキャリパー塗装ロングボルトアライメント調整

 
New ハリアーの塗装(赤色)・リアのハブボルト延長・アライメント調整
型式 DAA-AVU65W
 ニューハリアーのキャリパー塗装 ハブボルトの延長 アライメント調整 Newハリアー、ボチボチ走っているのを見かけますね。

純正ホイールからインチアップ、その結果、隙間がよ

く見える。

だから何とかしたい・・・


ラグザーニのホイール

やはり、20インチや22インチのホイールとなるとスポーク部の

隙間から中がモロ見え!
 
  純正はこんな具合です。

まだ新車から日が経っていないのでキャリパーはきれいでした。
リアは20mmのロングボルトに交換しました。もちろん、20mmのスペーサーを付けるため。
塗装前のマスキング作業。

これは面倒ですが、これが丁寧にされていると、

以後の作業が楽になります。
 
車の下に潜り込んでの塗装作業。目つきが違います。お客様からの差し入れです。
  新しく、汚れも少なかったこともあり、スムーズに、そしてきれいに塗装できました。
やはり純正と比べると違いますね~~ 
  
 
作業前と比べていかがですか?ちょっと差があるでしょう。

相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから













2014/3/19;ベンツクーペの白色ボディに赤色のキャリパー、似合うと思いませんか?

 
まだ、新しいベンツクーペ A207、
真っ白なボディの足下が変わります。

ベンツクーペ A207 キャリパー塗装 赤が似合う
コンバーチブル、少々寒くても上はオープンに、でも足下にはガンガンヒーターを効かせ寒さを悟らせない、粋というものでしょう。

キャリパーは汚れの少ない状態でした。


それでも良く磨くことが出発です。

ちょっとハデかな、と思ったのですが・・・・


「mercedes Benz」のプレートが目立ちます







相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから











 


2012/5/9;キャリパーの塗装で、BMW/MINIの足下が目立ちます!


以前から、ブレーキキャリパーを塗りたかったと言うお客様。
今回は、ブレーキパットを赤色にしたのをきっかけに、キャリパーも赤色に塗ることにした。

BMW MINI キャリパーの塗装 足下が変わる!

確かに、ブレーキのパッドが赤くなっているが・・・・
BMW MINI キャリパーの塗装 足下が変わる!

このままだと、赤があまりに慎ましくなっています。

作業は、まずはキャリパーの掃除から・・・・
BMW MINI キャリパーの塗装 足下が変わる!

どういうわけか、このMINI,キャリパーがキレイだった!

変化が分かりにくい。
リアは・・・・
BMW MINI キャリパーの塗装 足下が変わる!
これは、見事にキレイになりました。
このきれいさが塗料の乗りをよくする。


今回塗るのはコレ、「ブレーキキャリパーラッカー」(価格5,670円)、
近くでは
オートバックス SA246江田店で扱っているようです。

そして、こんな具合に新聞紙でマスキングして、塗装する。


磨いて、塗って乾かしてを繰り返すこと、今回は「4回」重ね塗りしました。


完成後がこれです。




汚れの目立つホワイトホイールも綺麗に洗って完成しました。

青色のボディ、真っ白のアルミホイール、そして、真っ赤なブレーキキャリパーとブレーキパッド、
足下がイメージチェンジしたときは車全が変わります。


今回の作業には、車を2日間預かりました。


相談ごとやお問い合わせ、メールのお問い合わせ先メールは、コチラから↓
arroba@poppy.ocn.ne.jp

045-942-8999電話は、コチラから↓
045-942-8999


アローバのはコチラから